知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      道重 さゆみ(みちしげ さゆみ、1989年(平成元年)7月13日 -

      日本の歌手、ファッションモデル、タレントであり、女性アイドルグループ・モーニング娘の元メンバー(6期)で、8代目リーダーおよびハロー!プロジェクトの4代目リーダーを務めた。愛称はさゆ、さゆみん、ちゃゆなど。

      「さゆみ」という名前は、道重の父親が当時NHKのアナウンサーだった『堀江さゆみ』の名前から採って名付けた。

      道重 さゆみ(みちしげ さゆみ、1989年(平成元年)7月13日 - )は、日本の歌手、ファッションモデル、タレントであり、女性アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバー(6期)で、8代目リーダーおよびハロー!プロジェクトの4代目リーダーを務めた。愛称はさゆさゆみん、ちゃゆなど。イメージカラーはピンク。
      83キロバイト (10,515 語) - 2022年6月17日 (金) 03:18


      👉道重 さゆみ

      出生日
      1989年7月13日(32歳)

      血液型
      A型

      身長
      160.4cm

      出生・出身地
      山口県宇部市

      ジャンル
      J-POP

      職業
      歌手

      活動期間
      2003年 - 2014年
      2017年-

      レーベル
      zetima
      (2003年 - 2014年)
      UP-FRONT WORKS
      (2017年 - )
      UP-FRONT INDIES[4]
      (2019年 - )

      事務所
      アップフロントプロモーション

      グループ/
      ユニット等
      モーニング娘。

      ◆趣味

      好きな色はピンク。

      デビュー前は後藤真希、高橋愛に憧れていた。

      モーニング娘。としてデビューした後も、自分の部屋にモーニング娘や小倉優子のポスターを貼っていた。小倉優子は最も尊敬するアイドルであると公言している。

      Berryz工房、Perfume、スマイレージ(現・アンジュルム)(特に元メンバーだった前田憂佳)などもお気に入りで、度々自身のラジオ番組などで話題があがる。

      同じハロー!プロジェクトのBerryz工房はもとより、Perfumeに関してもライブに招待され東京ドーム公演を観賞した。

      Berryz工房メンバーの中でも、菅谷梨沙子とはメールのやり取りをするほどの親交がある。

      また、嗣永桃子とも仲が良い[要出典]。
      ネットアイドルのベッキー・クルーエルと、2010年2月、雑誌『FLASH』の対談で共演を果たす。

      ベッキーについて道重は、見た目はもちろん内面的な部分も「可愛いにもほどがある」と絶賛した。

      ベッキーもモーニング娘の振り真似をネット上に公開するほどのファンであり、道重と共演した様子を自身のブログに掲載している。

      ◇シール集めが趣味。

      色々なものにシールを貼って楽しむ。収集したシールを整理することもある。

      ハヤシライスは本人の得意な料理の一つとして挙げている。
      好きな漫画は『僕等がいた』、『シュガシュガルーン』、『Paradise Kiss』、『名探偵コナン』など。

      ♢美容院が苦手である。

      本人の発言によると美容院の持つ都会的な雰囲気や美容師との世間話が苦手なことがその理由である。

      ミステリー小説など読書が趣味。特に、山田悠介の作品が好きで、『メモリーを消すまで』、『リアル鬼ごっこ』、『キリン』を読了したことを自身のブログで告げた。
      教科では算数が好き。

      サンリオが大好きで、特にハローキティやシナモロール等の人気キャラクターを愛好している。

      「セーラ」という姉の飼い猫を溺愛し、たびたび自身のブログに写真を載せている。

      好きなファッションブランドは、BURBERRY BLUE LABELやMILKであり、ブログやパーソナルブック『Sayu』でコーディネートを披露している。

      【【画像】魅惑の『道重さゆみ』ドット・コム】の続きを読む


      サインポールは、理容所を示す細長い円柱形の看板。赤・白・青の三色の縞模様(レジメンタル・ストライプ)が回転する。 語句そのものは和製英語であり、英語では barber's pole または barber pole と呼ばれる。 理容所であることを示すもので、3色のサインポール
      5キロバイト (710 語) - 2022年5月9日 (月) 08:12


      ◆サインポールは、理容所を示す細長い円柱形の看板。
      赤・白・青の三色の縞模様(レジメンタル・ストライプ)が回転する。
      語句そのものは和製英語であり、英語では barber's pole または barber pole と呼ばれる。
      理容所であることを示すもので、3色のサインポールは世界共通のマークであるといわれる。
      営業中を表すためにサインポールを回す。中に蛍光灯などの照明が入っているものもあり、閉店後は消灯する場合と、回転させずに明かりのみつけている場合がある。
      また、営業中でも予約客でいっぱいという場合には回転を止めることもある。

      日本のサインポールの模様は、右側に行くにしたがって上がる、いわゆる「Z巻き」が圧倒的に多い。

      ひねりを加えた形が、安土桃山時代にポルトガルから伝来した砂糖菓子の有平糖とよく似ていたことから有平棒(あるへいぼう)(またはアルヘイ棒)とも呼ばれる。

      👉サインポールの由来には諸説あり、かつ明文化された記録が存在しないため、由来の調査は困難である。
      よって、内容が異なる説があったとしても一概に違うとは言いきれない場合も存在する。

      ◇12世紀から近代のヨーロッパでは、理美容師が外科医を兼ねていた理髪外科医の看板として、赤は動脈、青は静脈、そして白は包帯を表した棒を使用した説。
      しかし、血管に動脈と静脈の2種類があることが発見されたのは17世紀の血液循環説からのもので、12世紀に血管を赤と青で分けて表示したということは、歴史上考えられないという指摘がある。

      ◇2005年7月20日に放送されたバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』内のコーナー「ガセビアの沼」では、「サインポールは元々中世のイギリスで、当時の理容師が外科医も兼ねていたことから血液を表す赤と包帯を表す白の2色で生まれた」「理容師と外科医を別けるため理容所は赤白に青を加える動きもあったが定着せず」「その後アメリカで建国100周年を機に愛国心を反映して同国の国旗(星条旗)のカントンの色である青が加えられたものである」という説を紹介、全国理容衛生同業組合連合会の意見を根拠に、「赤が動脈、青が静脈を表している、というのはガセ」と結論付けた。

      ◇瀉血の際に使用した棒(患者の手に握らせる杖)が原型とする説。

      ◇1815年のワーテルローの戦いで、フランス国旗を巻き付けた棒が野戦病院に立てられたのが起源とする説。


      【名前知ってた?理髪店の前にあるアレ!】の続きを読む

      》》》カワウソの知能指数は高い!

      ♦因みに

       チンパンジー : 4歳児程度の知能
       イルカ : 3歳~6歳児程度の知能
                 カワウソも同じ位!
           決してウソではない様だ!




      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       カワウソはとても賢い生き物だ。社会生活を営み、人間のように仲間同士でスキルを教え合うだけでなく、単独で問題を解決する能力もある。

       イギリスの研究者が行った新たな研究によると、カワウソは単独でパズルのような仕掛けの中にある、馴染みのない食べ物を取り出すことができる。その方法を仲間に伝えることもできる。

       更にはその食べ物が安全に食べられるものかどうかを、お互いに情報交換し、一致団結して慎重に調べるという。

      【画像】 カワウソの社会学習を調査

       イギリスエクセター大学の研究者が、ニューキー動物園とテイマー・オッター&ワイルドライフセンターにいる20匹のコツメカワウソを使って、彼らがどのようにお互い学び合いながら、仕掛けのついた箱の中に隠された、食べたことのないエサを探し当てるかを観察した。

       タブやフラップを引っ張って開けるようになっている5種類の容器の中に、彼らにとって馴染みのある食べ物であるミートボールが隠されている。

       対照実験のために、ニジマス、カニ、ムール貝などの自然の獲物が入った容器も用意する。

      カワウソがエサを抜き取るために学習する能力に関する多くの研究は、人工的に作ったエサの仕掛けに焦点を当てています」エクセター大学の首席研究者アレックス・サリヴェロス氏は言う。

      今回の研究では、カワウソにとってあまりなじみのない自然のエサだけでなく、人工的なエサの仕掛けとの関連においても、その能力が発揮されるのかどうかに興味をもちました

      単体で仕掛けを解いて、仲間と情報交換しながら安全性を確認

       実験の結果、カワウソたちはそれぞれに知恵を使って、仕掛けから食べ物を抜き取ることに成功した。できない個体は仲間の行動を見てやり方を学んでいく。

       更には、その食べ物が安全か、食べるのに適しているのかを知るために、互いに情報交換をしていることがわかった。勇気ある毒見役が食べるのをじっと待っている個体もいた。

      コツメカワウソのこのグループは、結束力のある集団で、ほとんどの時間を一緒に過ごし、集団で食事をします」オーストアライラ、アデレード動物園マット・ゴレビオスキー氏は言う。

      初めてのエサの仕掛けや、新たな環境エンリッチメント(飼育環境に変化を与えること)を与えると、彼らはみんなで団結して、そのアイテムを調べるために慎重に行動するのです

       20匹中11匹が、3種類の自然の獲物すべてを取り出すことができたという。

      「飼育されているカワウソは、最初は自然の獲物に苦労していたようですが、最終的にはエサを抜き取る方法を学習することができたことがわかりました」サリヴェロス氏は言う。

      otter-400367_640

      photo by Pixabay

      年長者ほど賢い

       カウウソがこうしたパズルを解く速度は、その年齢も関係しているのかもしれない。

      カワウソは本当に頭のいい動物ですが、若い個体は、経験豊富な年長者に比べて、問題を解決するのに時間がかかることがわかりました

      でも、何度も挑戦しているうちに、徐々に覚えて早く解くことができるようになります。

      簡単な問題なら数分で解くことができ、餌箱の中にある凍った食べ物など、より難しい問題には15分ほどかかることがあります
      otter-4455023_1280_e

      photo by Pixabay

      カワウソは生涯にわたって仲間と親密な関係を保つ

       20匹のカワウソ同士の社会的相互関係を追ってみたところ、一頭につき一頭が関連していたことがわかった。

       これは、社会学習が個体間の親密度によって測ることができるかどうかを調べるためで、ここではカワウソは家族の行動を見ることで、より早く学習ことができている。

       アデレード動物園カワウソは、オーストラリア全体で行われている繁殖プログラムの一環で、プログラムが始まって以来、少なくとも70匹が繁殖している。

       「カワウソは、社会的な動物で、生涯にわたって仲間との緊密な関係を保ちます」ゴレビオスキーは言う。

      カワウソの家族は、親と何世代かにわたる子どもたちで構成され、年長の子どもが次の子どもを育てる手伝いをします

      独立する年齢になると、家族を離れて自分の群れを作り始めますが、危険が迫ると、個々で対処するのではなく、互いに目を配り守り合う傾向があります

       コツメカワウソは通常、4~12匹の群れを作るが、野生では20匹の大家族が確認されることもある。

      野生のコツメカワウソの数は減少しつつあります。彼らの行動を理解することは、保護や再導入プログラム開発の助けになります。

      今回の発見は、一匹のカワウソを放す前にあらかじめ訓練しておけば、情報の一部を仲間に伝えることができることを示唆しています

       この研究は『Royal Society Open Science』に発表された。

      References:Research news - Puzzled otters learn from each other - University of Exeter / Otters are social learners – but solo puzzle solvers / written by konohazuku / edited by / parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      カワウソは賢い。仲間と協力して問題を解決することもできる


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【カワウソは賢い!仲間に経験伝授出来る】の続きを読む

      このページのトップヘ