知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。


      迷子犬だった 》》ワッフル 》幸せ!

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       アメリカ・バージニア州にある動物保護施設に去年救助された犬は、なかなか養子縁組が決まらず施設最長居住記録を更新していた。

       犬は、孤独を癒すかのように、ぬいぐるみに愛情を注いだ。どこに行くにも連れて行き、寝る時はベッドに招き入れ一緒に眠る。

       トイレで用を足す時さえ連れていく、そんな日々を3か月間毎日続けていたのだが、ようやく永遠の家が見つかった。

       しかも大親友であるぬいぐるみたちも一緒に引き取ってくれるという。犬は仲間たちと一緒に施設を去った。

      【画像】 仲間の犬が次々にいなくなり、ぬいぐるみに愛情を注ぐようになった犬

       バージニア州リッチモンドにある動物保護施設『Richmond Animal Care and Control (RACC)』に、ピットブルのワッフル(メス)がやって来たのは、去年11月のことだ。

       迷子犬として保護されたワッフルは、今年1月までずっと施設で暮らしてきた。

      ・合わせて読みたい→280日後のハッピーエンド。保護施設で9か月以上里親を待ち続けていた犬がついにあたたかい家族のもとへ(アメリカ)

       仲良くなった他の犬は次々と永遠の家が見つかり施設を去って行く。でも、ワッフルにはなかなか新しい飼い主が見つからなかった。

       施設で最長の居住者となったワッフルに、スタッフはたくさんの愛情とやさしさを与えていたが、それでも心の隙間は埋まらなかったようだ。

       ワッフルはいつしかぬいぐるみに愛情を注ぎ、孤独を慰めてくれる友達として、片時も離さずぬいぐるみと一緒に過ごすようになったという。

       ぬいぐるみは他の犬とは違い、ワッフルの元を去ることはない。安心してずっと一緒にいることができる仲間なのだ。

      dog adn softy3_e

      どこにいくにもお気に入りのぬいぐるみを持ち歩く

       RACCディレクタークリスティン・ピーターズさんはこのように話している。

      [もっと知りたい!→]保護施設で2381日過ごした犬。ついに家族に巡り合える(アメリカ)

      ワッフルが最初にぬいぐるみに出会ったのは、私の事務所に連れてこられた時でした。

      カエルと鳥のぬいぐるみを見つけると、廊下を歩いて別の事務所に行き、さらに別のぬいぐるみを集めました。

      ワッフルはすぐに、お気に入りのぬいぐるみをどこにでも持ち歩くようになりました。

      眠る時も、仲間のぬいぐるみベッドに運んで一緒に眠り、ベッドを離れる時はいつでも、少なくとも1つをくわえて持ってきます。

      トイレに行く時でさえ、ぬいぐるみベッドから持ち出して一緒にいくのです。

      ワッフルは、出会ったすべてのぬいぐるみが大好きでしたが、なかでも特にお気に入りのものは、赤い骨型のぬいぐるみです。2番目はカエルで3番目は鳥のぬいぐるみでした。
      dog and softy2_e

       ピーターズさんによると、ワッフルぬいぐるみ以外に興味をしめさなかったという。スタッフが別のおもちゃで遊ぼうとしたり、ヒモで綱引きゲームをしようと誘っても、あまり乗り気じゃなかったという。

       その代わり、お気に入りのぬいぐるみたちを嬉々としてスタッフに紹介するのが大好きだったという。

      ワッフルは、ケージの中にいる他の犬のそばを通るときにも必ずぬいぐるみを持って歩いていました。

      まるで自分の仲間であるぬいぐるみを、他の犬に見せびらかしているような感じでした(笑)

      自分とずっと一緒にいるぬいぐるみを紹介して、それを褒めてほしいという気持ちがあったのでしょうね。

      私たちは、もちろんそうしていましたが、ワッフルにとってぬいぐるみだけは自分のもとから離れることのない、心を癒してくれる唯一の存在だったのではないでしょうか。
      dog and softy_e

      ワッフルについに永遠の家が見つかる

       ワッフルが施設で暮らして3か月が過ぎた今年1月、ついにワッフルを引き取りたいという人物が現れた。

       最近、愛犬を亡くしたばかりの女性が、RACCシェアしたSNSアカウントを見て、ぬいぐるみをいつも持ち歩くワッフルかわいい姿に一目ぼれしたのだ。

       数日後、ワッフルは正式に養子縁組をして施設を出ることになった。

       幸いなことに、ワッフルが大切にしていたお気に入りのぬいぐるみたちもすべて新しい飼い主が引き取ってくれるという。

       ワッフルと愉快な仲間たちは全員、新たな家族の元で共に過ごすことができるのだ。

       今、RACCスタッフは、ぬいぐるみをいつもくわえながらうろちょろと施設を歩いていたワッフルの姿が見られなくなったことを少し寂しく思っている。

       だけど、施設にいた時と同じように、ぬいぐるみを飼い主に見せた、常にそばに置きながら、愛情のある家で新しい生活を楽しんでいることを、なにより嬉しく思っている。

       最後にピーターズさんは、このように締めくくっている。

      ワッフルは、最も愛らしい犬でした。スタッフみんな、ワッフルのことが大好きでした。永遠の家で、ぜひとも幸せになってほしいです。

      References:Shelter’s Longest Resident Refuses To Leave Her Plush Toy Collection Behind/ written by Scarlet / edited by parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      トイレに行くときも一緒。ぬいぐるみが親友の保護犬に、ようやく永遠の家が見つかる


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【トイレに行くときも一緒。ぬいぐるみが親友の保護犬に、ようやく永遠の家が見つかる 】の続きを読む


      「笑いの時代は終わりました…」ギャグ漫画家が手掛けた“あまりにもシリアスな漫画”3選
       個性的なキャラクターや意表を突いた展開で、読者の笑いを誘う「ギャグ漫画」。人々を笑わせる痛快、愉快な作品を手掛ける一方で、他作品とあまりにもギャッ…
      (出典:ふたまん+)


      「笑いの時代は終わりました…」
      『ろくでなしぶる~ちゅ』や『奇面組』も…可愛かった懐かしい少年漫画の“SD(スーパーデフォルメ)キャラ”3選とは?


      【「笑いの時代は終わりました?」ギャグ漫画家が手掛けた“あまりにもシリアスな漫画”】の続きを読む


      <来週の舞いあがれ!>第18週「親子の心」 お祝いの席で、悠人の様子がおかしい?
       福原遥さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)。1月30日から第18週「親子の心」に入る。
      (出典:MANTANWEB)


         🛩舞いあがれ!
      NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)。
      1月30日から第18週「親子の心」に入る。

      菱崎重工の荒金(鶴見辰吾さん)から依頼された航空機用ボルトの試作品の品質試験に挑む舞(福原さん)。
      試験結果を待つ一方、「うめづ」では貴司(赤楚衛二さん)が短歌賞を受賞したことを祝う会が開かれる。貴司は勝(山口智充さん)、雪乃(くわばたりえさん)に対し感謝の言葉を述べる。
      さらに、久留美(山下美月さん)が婚約したことを報告し、うめづのお祝いムードはさらに高まる。 
      そんな中、めぐみ(永作博美さん)は店に居合わせた悠人(横山裕さん)の様子が気になる。


      【第18週『舞いあがれ!』お祝いの席で、悠人(横山裕)の様子が変?】の続きを読む

      このページのトップヘ