知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      ◆番組概要

      私たちが目にするいつもの風景。いつか見た日本の原風景。

      時計の針をちょっとだけ戻してみると…。

      そこには知られざる物語がありました。

      風景に残された足跡を辿ります。

      今回の物語は、京都市下京区にある「丸福樓」。

      昭和5年に、任天堂旧本社の社屋が完成。昭和34年に本社が移転し、以降は倉庫として使用され…そして2022年、ゲームの歴史と原点を感じられるホテルに生まれ変わった。

      その秘密とは…?

      私たちの近くにありながら、いつも何気なく通り過ぎている風景。
      どこかで出合ったかのような、ふと懐かしさを覚える風景。
      時代を超え、今も大切に引き継がれている古き良き日本の原風景。
      そんな風景たちの時計の針をちょっとだけ戻してみると…。
      そこには知られざる物語がありました。

      女優・上白石萌音が「心を込めて」、テレ東「風景の足跡」でナレーション担当!
      👉5/20 (金) 22:54 ~ 23:00 (6分)テレビ東京(Ch.7)

      【『上白石萌音』風景の足跡【京都市下京区 丸福樓篇】】の続きを読む


      乃木坂46、グループ最大動員数の10周年ライブを開催した。
      ♦因みに、同じ日に日本武道館で開催された『ももいろクローバーZ』のライブは、運営側からの『コール禁止』『タオルなどを振り回す行為禁止』などの注意事項を、演者や観客らがキッチリ守ったライブだったとか。


      【『乃木坂46』が神奈川・日産スタジアムで10周年記念バースデーライブの最終公演を行った。】の続きを読む


      旅を愛する作家や芸術家などによって結成された「日本旅のペンクラブ」(旅ペン)が1988年(昭和63年)に制定。

      1689年(元禄2年)5月16日(旧暦3月27日)、俳人・松尾芭蕉が江戸を立ち、『おくのほそ道』(奥の細道)の旅へ旅立った。

      隅田川から日光街道を北へ進み、下野・陸奥・出羽・越後・加賀・越前など、彼にとって未知の国々を巡る旅は、全行程約600里(約2400km)に及ぶ徒歩の旅であった。

      芭蕉は体が弱かったため困難も多かったが、2年後の1691年(元禄4年)に江戸に帰った。

      『奥の細道』とも表記されるが、1702年(元禄15年)に刊行された原題名の『おくのほそ道』が正式とされ、中学校国語の検定済み教科書ではすべて『おくのほそ道』と表記されている。

      記念日は、せわしない現代生活の中で忘れがちな「旅の心」を大切にし、そして「旅人」とは何かという思索をあらためて問いかけることが目的。

      「日本旅のペンクラブ」では、「旅の日」川柳の募集と大賞選定などの活動を行っている。

      関連する記念日として、芭蕉の忌日に由来して、10月12日は「芭蕉忌(ばしょうき)」となっている。

      【今日5月16日は『旅の日』】の続きを読む

      このページのトップヘ