知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。


      タウン情報誌(タウンじょうほうし)は、ひとつ都市、あるいは隣接する複数都市からなる地域に重点を置いて、その地域に根ざした情報を扱う情報誌である。タウン誌(タウンし)、また新聞・フリーペーパー形態ものはタウン紙(タウンし)とも呼ばれる。地方中小出版社が発行することが多い。 地方中小出版社が発行する刊行物型タウン誌は「タウン情報…
      26キロバイト (2,989 語) - 2022年12月24日 (土) 02:55


      タウン情報 全国ネットワーク」(TJN)が制定。
       1973年(昭和48年)1月29日、日本初のタウン情報誌(地域情報誌)『ながの情報』が発行された。
      現在では、『ながの情報NEXT』として無料配布しているフリーペーパーとWEBサイトにて長野の情報を発信している。
      ■ タウン情報誌について 
      タウン情報誌は、都市、あるいは隣接する複数の都市からなる地域に重点を置いて、その地域に根ざした情報を扱う情報誌である。 
      地方の中小出版社が発行する刊行物型のタウン情報誌は、「タウン情報 全国ネットワーク」に加盟しているところが多い。 
      他に、角川書店の都市情報雑誌『ウォーカー(Walker)』シリーズや、リクルートの旅の情報誌『じゃらん』シリーズなどがある。
      また、ここ数年の間に、無料配布されるフリーペーパー型のタウン情報誌の進出が目立つようになった。



      【今日1月29日は『タウン情報の日』】の続きを読む


      香里奈、仕事に生きた20代を経て…「いつかは結婚も家庭も」
      …俳優やモデルなどとして活躍中の香里奈さんは、1月13日に全国公開された映画「そして僕は途方に暮れる」などに出演する一方、SDGsの推進活動も手掛けて…
      (出典:telling,)


      ◆能勢香里奈(かりな)
      ◇プロフィール
       1984年、名古屋市生まれ。
      2000年に雑誌「Ray」の専属モデルになり、01年にドラマ「カバチタレ!」(フジ系)で俳優デビュー。
      04年の映画初主演作「深呼吸の必要」で日本映画批評家大賞新人賞。
      現在はモデルや俳優のほかにSDGsの啓発活動なども行う。


      【『香里奈』仕事に生きた20代を経て…「いつかは結婚も家庭も」】の続きを読む


      ビール週1~2杯まで?  カナダの新指針が波紋 「少量でも健康に害」
       【ニューヨーク時事】「少しの酒は体に良い」。  この説を真っ向から否定する新たなガイドライン(指針)がカナダで発表され、波紋を呼んでいる。「少量で…
      (出典:時事通信)


      【ニューヨーク時事】
      「少しの酒は体に良い」。 
      この説を真っ向から否定する新たなガイドライン(指針)がカナダで発表され、波紋を呼んでいる。
      「少量であってもアルコールは健康を害する」と警告し、飲酒の機会が避けられない場合でも、ビールやワインなど週1~2杯程度に抑えるよう訴えている。

      ◇リスク4分類 カナダ薬物使用・依存症センター(CCSA)は今月、アルコール摂取に関する指針を12年ぶりに改定した。
      近年の研究で「年齢、性別、民族、アルコール耐性、生活習慣に関係なく、飲酒は全ての人にダメージを与える」と分かったためといい、「もし飲酒するなら、量を減らすのが好ましい」と呼び掛けた。 
      新指針では、飲酒によるリスクを、1週間当たりの消費量別に▽0杯▽1~2杯▽3~6杯▽7杯以上の4段階に分類。0杯は「リスクなし」で、妊娠中では「唯一の安全な選択肢」だという。
       1~2杯は「低リスク」で、「アルコールの影響を避けられそうだ」と指摘。「中リスク」の3~6杯は乳がんや結腸がんなどを発症する危険性が高まるという。7杯以上は「高リスク」で、心疾患や脳卒中の恐れが1杯多く飲むごとに高まると警鐘を鳴らしている。 
      CCSAは1杯を、ビール(アルコール度数5%)で341ミリリットル、ワイン(同12%)で142ミリリットル、蒸留酒(同40%)で43ミリリットルと定義。カナダ保健省に対し、販売される酒の容器に何杯分のアルコールが入っているかを明示する規制を導入するよう勧告した。 

      ◇低アルコール開発も CCSAによると、カナダに住む15歳以上を対象にした調査では、回答者の40%が週7杯以上飲酒していると答えた。今回の改定について、トロント近郊で公共放送CBCの取材に応じた通行人のウェイン・ホワイトさんは「97歳の祖父母は毎日ワインを飲んでいる。(指針には)同意しない」と反発した。 
      一方、CBCによれば、健康志向の高まりを受け、低アルコール飲料の開発も活発化している。父親とビール醸造所を営むギャビン・アンダーソンさんは、ノンアルコールビールなどの新商品を増やしているという。「目標は、ビールは好きだけど(アルコール)摂取量を減らしたい人向けのビールを造ることだ」と語った。



      【ビール週1~2杯まで? カナダの新指針が波紋 「少量でも健康に害」】の続きを読む

      このページのトップヘ