✨フクロウは、西洋では森の賢者として大切にされ、日本でも「福籠」「不苦労」などの字が当てられることから、幸運を呼ぶ鳥として親しまれています。

フクロウ(梟、鴞、Strix uralensis)は、鳥綱フクロウフクロウフクロウ属に分類される鳥類である。別名ウラルフクロウ。 夜行性であるため、人目に触れる直接の機会は多くないが、その知名度は高く、「森の物知り博士」、「森の哲学者」などとして人間に親しまれている。木の枝で待ち伏せて音もなく
48キロバイト (5,757 語) - 2021年11月10日 (水) 02:54

✨日本で、フクロウが縁起のよい鳥とされる理由のひとつが、「見通しの良さ」を連想させるからです。

✨フクロウは人間の8〜10倍の視力を持つと言われ、動体視力にも優れています。

✨東京タワーの上からでもネズミを見つけられるというエピソードも。


✨フクロウは、顔面が大きな集音器のような役割を果たしています。

✨また左右の耳の高さが違うので(右が上で左が下)、音源の位置をより正確に把握することができます。

♦フクロウと一緒に暮らせるの?

◆フクロウの愛くるしい見た目に癒やされる

フクロウは、愛くるしい見た目をしています。
ふっくら丸みのある2頭身のシルエットに大きい瞳。多くの人気キャラクターと特徴が一致していることから、人間はフクロウをパッと見ただけでかわいいと感じる傾向にあるようです。

◆フクロウのツンデレな性格がたまらない

フクロウは犬のように飼い主と遊びたい動物ではないので、かまわれるのは苦手です。そんなフクロウですが、ときおり飼い主のそばにいたい素振りを見せることもあり、ツンデレな性格にキュンときます。

フクロウが手に届きそうな距離で眠そうにしているから触っていいかと思いきや、触ろうとすると小さく抵抗をしてきます。それでも飼い主からは離れていきません。

また、来客時には警戒して身体をシュッと細くするのに、飼い主のそばでは安心して眠る姿はとてもかわいく感じます。
近くで幸せそうに眠るフクロウを見守れる日々。のんびりとしたペットライフを送りたい方におすすめです。

◆フクロウ雑学を知ると楽しい

ペットとしてマイナーなフクロウは、飼っているだけで友人から多くの質問を受けます。静かに飛べる理由は? フクロウとミミズクの違いは? など疑問は尽きないようで、テレビにも取り上げられるほど。フクロウを飼っていると話題に困りません。

★フクロウの鳴き声はうるさくない?

小さい声で鳴くことはありますが、家の外に響くような鳴き方をしないフクロウが多いです。
フクロウは「ホーホー」と鳴くと思われがちですが、種類によって鳴き声はさまざまです。犬のような鳴き声を出すフクロウもいるようです。

★フクロウのにおいは大丈夫?

個人的な感想ですが、においが気になることはありません。
1日に1回程度、排泄する盲腸便という茶色の便はにおいがキツく感じますが、すぐに片付ければ気になるほどではありません。

★フクロウは夜行性だけど、夜は大丈夫?

夜は昼より少しだけ活発になりますが、大抵は夜も寝ています。
ペットとして飼育されているフクロウは、野生動物として過ごしたことが一度もありません。エサも満足な量を与えられるため、暗闇に紛れて狩りをする必要もないので、静かに過ごしています。

★フクロウの寿命はどれくらい?

フクロウは身体が大きいほど、長寿命といわれています。健康なフクロウの場合、小型種で10~15年、中型種で20年~30年、大型種は30年以上といわれています。
生き物を飼う以上、自分のライフスタイルを長期的な視点で考え、よく検討したいですね。

★フクロウの購入費用はどのくらい?

フクロウの生体価格は、種類によって幅が大きいです。安い種類で20万円、高い種類では100万円以上することも。
フクロウカフェやショップでよく見かける飼育者数の多い種類は、40万円前後の価格帯です。生体価格に加えて、フクロウの飼育用品である止まり木やグローブなどをそろえるのに約5万円かかりました。
ニセメンフクロウなどの珍しい種類でなければ、ざっくりとした初期費用は50万円程度でお迎えすることができます。