魯山人と一致しており、孫弟子という設定をっている。 雄山の経営する会員制料亭「美食倶楽部」は、魯山人が最初に創業した料亭同名である。 主人公行きつけの料理屋が「岡星」、魯山人の創業した料亭が「星岡茶寮」である。 「魯山人風すき焼き」「魯山人のご飯」「魯山人のお茶漬け」など魯山人
152キロバイト (17,293 語) - 2021年11月27日 (土) 08:31


魯山人と美味しんぼ唯我独尊を貫いた毒舌家&芸術家
魯山人は明治、大正、昭和の三代を生きた人物で、1883(明治16)年に京都で生まれ、1959(昭和34)年に横浜で亡くなりました。

自らの美的欲求の赴くままに、料理、陶工、書、茶を究めんとし、42歳の時に東京・永田町でオープンした会員制の高級料亭「星岡茶寮」を舞台に、料理をとりまく総合的な美を築き上げたことで有名です。

性格は無遠慮で気難しく偏屈、口を開けば他人の悪口ばかりの毒舌家であったため、敵も多かったといわれています。
マンガ『美味しんぼ』のラスボス・海原雄山のモデルとして知られているため、私たちも何となくイメージがしやすいのではないでしょうか。

激烈な個性は非常に複雑な家庭環境などが影響しているとされますが、星岡の成功後も、星岡の解雇、戦争と困窮、人間国宝の辞退、没後に起きた一大贋作事件とエピソードには事欠かない壮絶な人生を歩んでいます。

ナタ
@nata_L5

美味しんぼの魯山人風すき焼きアレンジ「シャ*キー」の再現動画と興味が湧いて見たものの、字面のレシピだけを見て根幹の再現が出来てないのが残念だったな

2022-01-10 22:47:49

(出典 @nata_L5)

みったそ
@mittaso

とは思うけど1990年の作品にそれ言ってもしゃあないし、むしろその辺の常識を転がしたパイオニアだからな、美味しんぼは。本当に果たした役割が魯山人っぽい作品である。その間抜けな顛末も含めて。

2022-01-09 22:21:45

(出典 @mittaso)

yuyuyu45
@yukiy4506

@dogu_fm 魯山人も出てくるしで、これだけ堂々と美味しんぼのパク(✕)いやオマージュを商業誌でやんのはすげぇ度胸だと思った。

2022-01-08 22:33:25

(出典 @yukiy4506)

めいりん
@lavieenrose69

@udakosan 分かります〜!美味しんぼといえば魯山人…!

2022-01-06 13:50:19

(出典 @lavieenrose69)