『インドのアチャール』の画像いろいろ

は少なく、粘り気を抑えた炊飯法が好まれる。北インドほど油脂を使わないため、料理は比較的あっさりしている。正餐(ミールス)は、バナナ葉を皿がわりにし、飯、サンバール、ラッサム、ヨーグルト、アチャールチャトゥニー等を盛りつけ、手で混ぜて食べる。 東インドのベンガル地方およびバングラデシュで食べられて
34キロバイト (4,487 語) - 2021年9月25日 (土) 02:13


◆アチャール・色々な野菜で作れる。
 味付けはお好みで!