食べ物は任せろ!自販機登場!

羽田空港自販機

かつて、飲み物やスナック菓子が売られていた自動販売機。最近は、刺し身から薬の自販機までありとあらゆるものが買えるようになり、文明の進化を感じる。

この度、羽田空港には、飛行機に乗らなくても「観光」できる優れものが爆誕して…。

【写真】羽田の自販機で買った「衝撃的すぎる」中身


画像をもっと見る

■羽田空港らしい自販機

羽田空港といえば、3月に熱々のラーメンが買えるラーメン自販機ができたことが記憶に新しい。この度、爆誕したのは空港らしさを感じさせるものだ。

羽田空港自販機

6月3日羽田空港第2ターミナル1階に「世界の機内食」が買える冷凍自動販売機が登場。羽田空港オンラインショップ HANEDA Shoppingで好評な「世界の機内食シリーズ」から、特に人気の高い5種のメニューを選べるようになっている。

一時期に比べるとコロナが落ち着き、国内旅行に行く人も増えているが、海外旅行はちょっと…という人も多いかもしれない。旅行や帰省で国内の便を使った帰り道に立ち寄って異国の料理を買ってみる使い方もできそうだ。


関連記事:羽田空港発のラーメン自販機、今度は東京駅に設置 実際にラーメンを食べてみると…

■充実したラインナップ

6月中旬、コロナ禍になって以来、旅行に行けず鬱憤が溜まっている記者も、この自販機で「観光」することにした。メニューを見ると、ラインナップの広さに驚く。

羽田空港自販機

鶏肉を赤ワインで煮込んだフランス料理「コック・オー・ヴァン」、人気スペイン料理「パエリア」、柚子胡椒とドリアという日本とアメリカの合体料理「エビの柚子胡椒クリームソース」、タイ料理の「ガパオライス」と「マッサマンカレー」と充実している。値段はいずれも980円で、いずれも保冷剤・保冷バッグ付き。

機内食

どれも魅力的で迷ったが、エスニック好きのため「ガパオライス」とフランスの「コック・オー・ヴァン」をチョイスした。

■本格的なガパオライス

帰宅後、早速食べてみることに。調理方法は電子レンジで解凍2分、500wであたため5分とシンプル。数品を一気に食べたい場合は、前日のうちに冷蔵庫に移して解凍しておくのがいいかもしれない。

ガパオライス

まずはガパオライスを食べることに。ご飯の上にナンプラーで炒めたひき肉パプリカ目玉焼きが乗っている。口に運んでみたところ、ピリッと辛めで、お米もパラパラした食感で本格的。

目玉焼き

驚いたのが目玉焼きがしっかり半熟になっていること。冷凍でこの再現度はスゴい…。


■チキンもパスタも絶品

鶏肉の赤ワイン煮込み

続いて、「コック・オー・ヴァン」をいただく。鶏肉と濃厚なデミグラスソースの相性が抜群だ。

チキン

チキンは大きめでゴロッとしていて、非常にジューシー。付け合せにはいんげんにんじん、麺が平らなパスタフィットチーネ」が入っている。

パスタ

このパスタが、単に「お弁当の下に敷かれてる」レベルではなく、もちもちした食感でソースともよく絡んで絶品。ワインをグビッと飲みたくなる気持ちを抑えるのに苦労した…。

どちらの料理も冷凍のクオリティーを超えており、レストランで出てきても違和感がないほど。これらがいつでも買えるのであれば、フランスアメリカ、タイ、スペインの世界4ヶ国を1日で「制覇」することも可能かもしれない。

この夏は、「機内食自販機」で旅行気分に浸るのもありかも。

・合わせて読みたい→刺身が買える”レア”すぎる自販機が登場 食べてみると驚きのクオリティだった…

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

羽田空港にひっそりできた自販機 1日で世界4ヶ国を「制覇」できる代物だった


(出典 news.nicovideo.jp)