スタミナラーメンは、埼玉県さいたま市の北浦和駅近くに所在する中華料理店「娘々」(にゃんにゃん)、大宮駅近くの「漫々亭」(まんまんてい)や、その姉妹店で出されるラーメンの一品。

1970年代半ば、大宮市にある矢島商事が経営する、今はなき大宮駅西口前の「漫々亭」で誕生したメニュー。

ベースは一般的な細麺の醤油ラーメン。具に、豚の挽肉とニラ、玉ねぎなどを炒め、にんにく・生姜を効かせ、醤油と豆板醤で味付け、片栗粉でとろみをつけた辛味のあんかけをのせたラーメンとなっている。
あんかけは豆腐抜きの麻婆豆腐に似る。

元々は麻婆麺(マーボメン)から試行錯誤の末にできた一品である。

元々浦和市の娘々(1980年前)には、焼きそば・タンメンなどしかなかった。

しかし完成したスタミナラーメンの人気がテレビの紹介によって広まると、一気に看板メニューとなった。

その頃は浦和駅近くの中心街にあったほぼ常に行列ができる店と、北浦和駅東口の目抜き道路に面する店が、道路の拡幅工事などで移転、ここで働いていた従業員が暖簾分けをする形で、さいたま市内各地に新しい店が次々と誕生している。

比較的値段が安いため地域の中学生や高校生に人気があり、特に、北浦和駅にある二店(一店は平成20年7月31日で閉店)は県立浦和高校の通学路に位置し値段も安めとなっているため、同校生徒の利用は多い。

スタミナラーメン(通称:スタミナ)から派生したメニューに、同じあんかけがライスにのったスタカレー(スタミナカレーの略称が正式名となる)がある。

また、その進化形であんかけチャーハンなる裏メニューもある。店舗によっては、汁なしのスタミナラーメンを冷しスタミナと称して、メニューに加えている。

さいたま市観光国際協会が、さいたま市のソウルフード、B級グルメとして宣伝している。



🍜のり丸🍜
@norimaru_KOUTEI

さいたま市桜区 くるまやラーメン味噌バターコーンラーメンこの暑さでバテ気味ですが何とかスタミナ回復せねばって事で。くるまやではオーダー時に「ニンニク多め」と言うとスープの中では無くニンニクがON‼️#ramen_cp… https://t.co/sL2wO7rNDg

2022-06-30 15:03:36

(出典 @norimaru_KOUTEI)