凶暴な生物と言えばサメが挙げられる。時には人を食い殺す危険生物だが、近年発表された世界の危険生物ランキングでは意外と下位の第23位である。

■世界の危険生物ランキング順位

生物名    年間殺人数
1蚊           100万人
2人間             50万人
3ヘビ         50,000人
4犬          25,000人
5巻貝(淡水)10,000人
5ツェツェバエ10,000人
5サシガメ        10,000人
8サソリ        3,520人
9回虫         2,500人
10サナダムシ    2,000人
11クロコダイル1,000人
12カバ             500人
12ゾウ             500人
14ライオン           250人
15アフリカ水牛   200人
16シカ             130人
17ハチ               53人
18クラゲ              40人
19アリ               30人
20ヒョウ              29人
21ウマ               20人
22オオカミ             10人
23サメ                  5人

👉第1位の蚊は色々なウイルスや病原菌を媒介して、犠牲になって亡くなる人の数は世界中で年間100万人にも上る。

蚊による主な死因はマラリアとデング熱である。近年日本でも話題になったデング熱はネッタイシマカやヒトスジシマカにより感染する。その他、蚊は黄熱病や日本脳炎など様々な病気の媒介となっている。

日本人は世界中を旅行するようになり、マラリアなどに感染するリスクが高まっている。

どうしても感染リスクが高い場所に行く場合には予防内服薬というものもあり、積極的に飲む事が勧められている。