⬛電子音にすることで終了音が多様化
――「ピーピー」などの電子音になったのはなぜ?

時代の経過や技術の進歩で制御方法を電子化し、終了音を電気で音を鳴らせる「ブザー」を採用し、徐々に電子音に切り替わっていきました。
電子レンジも進化したことで「チン」から「ピーピー」という音に切り替えていきました。
電子音にすることで、音の長さ、音の周波数(音の高さ)など、音の種類を選ぶことができるようになりました。