新観光列車は特急「はまかぜ」にも使用されるキハ189系の車両を改造したもので、デザインは「WEST EXPRESS 銀河」を担当したイチバンセンの川西康之さんが担当します。
車体カラーは紋付き染めでは最高級とされる檳榔子染め(びんろうじぞめ)の色をベースとし、どこを走っても沿線や駅舎に映えるデザインにするということです。

デビューは2024年秋、「北陸デスティネーションキャンペーン」にあわせて運行を開始します。
第1弾では、敦賀から若狭・京都府北部を通り、城崎温泉までを結ぶ旅を提供。
小浜線、舞鶴線、京都丹後鉄道線、山陰本線を走る計画です。
第2弾以降も「季節ごとに西日本各地のとっておきに出会う旅を提供する」とのことで、発表が楽しみです。