》》》》》》岩 or 宇宙船?

オーストラリアの海岸で、衝突したUFOの探索が始まっている。天体物理学者のアヴィ・ロエブ氏は、2014年に着水した太陽系の外からの隕石が、地球外文明によるテクノロジーだと信じているという。

太平洋の底にあるとされるUFOの探索に、約3.2億円の資金提供を受けたロエブ氏はこう語る。

「星間の隕石の発見は、新たな最先端研究を予言しています。根本的な質問は、星間の隕石に、明らかに人工的なものが含まれているかどうかです」
「さらに、その技術的な要素が衝撃を耐えた可能性もあります」

一方NASAは未確認の隕石が、時速10万マイル(約16万キロ)以上で空を舞ったのち、パプアニューギニアのマヌス島の近くに落ちたと報告している。

ロエブ氏はこう続けた。

「その素材は鉄より硬いものです。珍しい岩なのか宇宙船なのかが大事なことです」


(出典 news.nicovideo.jp)