知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ: 面白い看板・映像・写真・ユニーク


    犬の顔に見えたのに、正体は?

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     屋根の上からちょこんと顔を出している動物を発見。遠くから見ると犬の顔に見える。ラブラドールのような顔つきだ。

     じゃあ犬かな?と思うかもしれないがこれが犬じゃなかっただなー。驚きの展開はこの後すぐ!

    【画像】 ベランダで犬が顔を出している?

    Apparent Dog Turns Out to be Something Else

     ブラジルリオデジャネイロ州 シャペウ・ド・ソル市で、ある家の屋根にちょこんと顔を乗せた動物を目撃したのは、女性とその母親と、女性の家を訪れていたボーイフレンドだ。

     女性は自分の母親に「屋根の上にいるのは犬?」とたずねたところ、母親は「ちがう」と答えた。だがどう見ても犬の顔に見える。

    no title

    >

     その後すぐ、その正体が明らかとなる。母親は「ヒスヒスヒス」と、ポルトガル語で動物を呼ぶときの声を発したところ、動物が動いた。

    ・合わせて読みたい→人によってはゾンビ犬に見える!?目の錯覚でホラーとなる、ネットを震撼させた犬の写真

     これは犬の顔ではなく、猫のお尻部分だったのだ。その柄が遠くから見ると、犬の顔そっくりだったのだ。

    4

     いやー錯視っていたるところにあるもんだね。動かなかったらずっと犬の顔だと思い込むところだったよ。

     こんな場所に犬の顔が乗っかっていること自体不自然なんだけど、人間の脳って簡単にだまされがちだよね。いろいろ気を引き締めていこうっと。

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    犬があらわれた!えっ、違う?こいつはいったい?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【屋根の上に犬が出現?えっ、犬ちゃうわ!】の続きを読む




    猫が犬にパンチ - YouTube

    (出典 Youtube)


    ねこか犬たたき!犬さん、ばた〜ん!コレ犬役者。

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     犬は尻尾を振りながら猫へと近づき顔を舐め始めた。猫はそういう気分じゃなかったようですごく軽めの猫パンチを繰り出した。肉球がちょっとかすった程度だ。

     にもかかわらず犬は、まるでライオンに強打を食らって脳しんとうを起こしたかのように床に倒れていったのだ。

     かなりの演技力である。人間社会でいうところの当たり屋である。猫もあきれた顔で犬の姿をみているし。

    【画像】 肉球ひとつでダウンですか。そうですか。

    Pup Rolls Over After Smack From Kitty

     ブラジル、カノアス市での出来事。黒い犬は尻尾を振りながら猫の方へと近づいて行った。猫の顔を舐め始めたのだが、猫は軽く前脚で猫パンチを繰り出した。

    1

     猫パンチは顔面にヒットしたものの、倒れるほどの威力ではないのは誰の目にも明らかだ。にもかかわらず犬はゆっくりと床に倒れていったのだ。

    2

     猫は「やれやれ」といった表情で犬を見ていたが、犬は何事もなかったように起き上がり、飼い主らの元へと戻っていった。

     かなりの演技力である。これが犬界の当たり屋なのだろうか?だとしたら何目的なのだろう?

     人間の当たり屋の場合には損害賠償金が目的だが、犬の場合には、猫や飼い主の愛情目的?だとしたらかわいい当たり屋だけど、猫にしてみれば重い罪を犯したかのように見られちゃうのはせつないよな。

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    犬の当たり屋か?自ら猫に迫り、軽く触れられただけで大げさに倒れる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【(笑)ねこパンチに犬バターン!ところが、犬さん実は役者だった!】の続きを読む


    【映像】こんな野菜に会いたかった!


    【笑ってビックリ!『面白い野菜映像』】の続きを読む


    犬が猫を救う、微笑ましいお話・画像

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     庭には大雪が降り積もり、あたり一面が真っ白の銀世界となった。そこにいたのは1匹の猫。自ら雪をかき分けてそこまでやってきたようだ。

     だが力尽きたのか、枯れた木の付近でじっとしている。それに気が付いた犬が咄嗟にとった行動がジェントルワン

     雪を掘り進め、猫が安全に進める為の道を作ってあげたのだ。

    【画像】 猫のために雪を掘り、通り道を作る犬

    Wait, I open a path for you

     同じ家で飼われているのか、ご近所の猫なのか、両者の関係はわからない。わかっていることは犬が猫を助けようとしていることだ。

     猫は途中まで雪を掘り進めて進んでいたようだが、庭の植木のある地点で動けなくなっていた。犬は一心不乱に雪を掘り進め、猫の場所まで近づいて行った。

    2

     ようやく猫のいる場所までたどり着き、雪を踏み固めた1本の道ができた。この道を通れば移動は前より楽になる。

    ・合わせて読みたい→猫さん行くよ!雪上を走る犬ぞり、運ぶのは箱に入れた猫

     合流を果たした犬と猫。猫は犬の作った道にジャンプし、その後は先陣を切ってその道を歩いて行った。その後に犬が続く。

    3

     この動画に対する海外の反応は、

    ・何が起きてもあなたは生き続けて。私があなたを見つけるから。どんなに時間がかかっても、どんなに遠くても、私は必ずあなたを見つけだす

    ・犬のやさしさがしみる

    ・どうやって猫は外にでたんだろう?

    ・猫の守護神としての犬

    ・猫の下僕としての犬

    ・銀世界の中に広がるやさしい世界

    ・相当寒いだろうに。飼い主は見てないで助けてあげて。

    ・凄く深い雪。凄く深い友情

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    深雪の中で動けなくなった猫の為、犬が雪をかき分けて通り道を作る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ジェントルわん】犬かきで雪中から猫を救い出す】の続きを読む



    ペンギン・シャボン玉突き!はい、次

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     人間の子供と同じように、ペンギンシャボン玉が大好きだ。とはいえふくらますことはできない。彼らは、飛んできたくちばしで叩き割るという遊び方だ。

     ロックオンされたら最後、シャボン玉は粉砕されていく。だが、好奇心旺盛なペンギンたちがシャボン玉をヨチヨチ歩きで追いかける姿はとてもかわいい

    Playful Penguins Pop Bubbles

     アメリカ、オレゴン動物園で飼育されているフンボルトペンギンたちはシャボン玉遊びが大好きだ。その遊び方は飛んでいるシャボン玉をくちばしで、割るがごとし、割るがごとし、割るがごとしだ。

     飛べないペンギンは飛んでいるものに敵意を燃やしているとでもいうのだろうか?んなこたぁない。

     ただ単純に、ふわふわと飛び、ちょっとした刺激で割れてしまうシャボン玉が大好きなのだ。

    2

     シャボン玉の液はもちろん、口に入れても無害なものを使用している。好奇心旺盛なペンギンたちは、シャボン玉がある限り遊び倒す。

    3

     おっと撮影しているカメラまで突き始めたぞ。

    4

     主に南米チリやペルーに生息するケープペンギン属のフンボルトペンギンは、ペンギン界きってのダイバーだ。

     翼をフリッパーのように使い、網目のある足で操縦するため、速く泳ぐことができるし方向転換も自由自在。魚をとらえるために15メートル以上も潜る。最深潜水記録は54メートルだというから驚きだ。

     潜水中はシースルーの二重まぶたがゴーグルのようになり、目を保護する役割をもっているそうだ。

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    ペンギンのシャボン玉遊びはクチバシで割ることからはじまる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ペンギンの大好物は、何とシャボン玉!】の続きを読む

    このページのトップヘ