知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ: 面白い看板・映像・写真・ユニーク

      👉奇抜な発想!AIが描いた東京タワー

       AIによって描かれた、「そうはならんやろ」と言いたくなるような日本の景色がTwitterで注目を浴びています。

      【Twitter上の反応】なぜ富士山に建てる 他の人がAIで生成した「東京タワー」

       samisuke3 2.0(@samisuke3)さんが投稿したのは、AIを使って生成した日本の風景画像です。しかしその様相は、富士山らしき山の頂上から東京タワーを思わせる巨大な塔がそびえ、さらに山のふもとには広大なビル街が広がっているというなんとも異様なものに。確かに日本の特徴を押さえてはいるものの、現実とは似て非なるSFチックな光景に頭がくらくらしてきます。

       この投稿には、「すっげえディストピア感」「ハリウッドB級映画の日本やんけ!」「絶対東京タワーラスボスいるでしょ」などのコメントが集まっていました。

      圧倒的な存在感


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【AIが描いた「東京タワー」が「すっげえディストピア感」】の続きを読む


      👉レゴ(プラスチック製の組み立てブロック玩具)でマグロの解体ショー!

       レゴで作られたマグロをさばいて刺身にする様子を、ストップモーションアニメで表現した動画が話題です。本物のような迫力と、所々で挟みこまれるファンタジー要素で、実際のマグロ解体ショーとはひと味違う楽しさを体験できそう。

      【動画を見る】

       YouTubeチャンネル「I like home」さんによるレゴブロックで表現したマグロの解体ショー。氷を詰め込んだ発泡スチロールからマグロを取り出すところから始まる、本格的な作り込み具合です。

       本物の包丁でマグロの頭部を切り落とし、うろこを取り、身を切り分けていきます。尾を切り離し、骨を一気に引き抜きます。実際のマグロではうろこを落とす場面はあまり見かけず、尾と一緒に骨を引き抜く技術も実在するのか不明ですが、どこか現実味を感じる迫力です。

       解体が済むと、食べやすい大きさに切り身を分けて、お皿に盛り付けていきます。わさびや醤油もブロックで表現された表現の徹底ぶり。見た目はレゴブロックらしく角張っていますが、箸でつまんで醤油をつける動きを見ていると、なぜだかおいしそうにも見えてきます。

       包丁を入れる際の音や、切り身を醤油につけるときの音もそれらしく再現され、思わずマグロを食べたくなってしまう動画に仕上がっています。

      本物の包丁やまな板を使って解体していきます


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【レゴでマグロ解体ショーを再現!マグロが刺身になるまでのコマ撮り動画が本物みたいな見応え 】の続きを読む

      👉フレンチノットステッチ(french knots stitch)とは、結び目を作る刺繍の方法です。「knot」は結ぶを意味します。

      手縫いで行う「玉止め」と似ていますが、やり方は若干異なり、形も玉止めよりもまんまるに仕上がります。

      動物や人物を刺繍するときの目玉や、小さなお花を表現するときに使用します。

      またフレンチノットで面を埋めれば、もこもことした立体的な刺繍をすることができます。

      👉話題となっているのは、刺繍画家として活動するipnot(@ipnot)さんによる2022年8月9日のツイートだ。
      投稿文で「早起きしたのでピザ刺繍の振り子時計を作ってみました」と伝え、動画で実物を披露した。
      時計は布を張った刺繍枠を文字盤とし、赤色の刺繍で数字を表している。
      下部には小さくも精巧に描かれたピザ・マルゲリータの立体的な刺繍が添えられ、振り子の上にカットされた1ピースが。
      揺れに合わせてピザの間に渡された糸がチーズのように伸び縮みする。



      【(笑)精巧なピザ刺繍時計・振り子部分なんとチーズがのびる!】の続きを読む


      精霊馬が、バルタン星人に😁

       毎年恒例、独特な趣向を凝らしたユニーク精霊馬が、今年も続々とTwitteに集結。ご先祖様を楽しくお迎えできそうです。

      【画像】「カオナシ」や「ウマ娘」などの精霊馬を見る

       精霊馬とは、お盆に家に帰ってくるご先祖さまを送迎するため、キュウリとナスで作った使者の飾り物。キュウリで作った馬はご先祖さまが早く家に来られるように、ナスで作った牛はお供え物を持ってゆっくり帰れるようにとの願いが込められています。Twitterでは毎年8月ごろになると、さまざまな工夫の凝らされた型破りな精霊馬の数々が投稿されます。

       たもさん(@tamo_main)が投稿したのは、約5億年前のカンブリア紀に存在していた“ハルキゲニア”と“アノマロカリス”の精霊馬。製作したのはたもさんの弟だそうで、毎年戦車やスナイパーなどを模した風変わりな精霊馬を作っているのだとか。今年は趣向を変え、キュウリハルキゲニアを、ナスでアノマロカリスを作成しました。人間よりはるか古代に生きていた大先輩の送迎に、ご先祖さまたちも思わずびっくりしてしまうかもしれませんね。

       この他にも「千と千尋の神隠し」のカオナシ精霊馬や、産卵をする精霊馬、かわいらしい人形のような精霊ウマ娘など、Twitterでは唯一無二の精霊馬がたくさん投稿されています。気になった人は「#精霊馬2022」で検索すると、特殊な精霊馬たちを見ることができます。

      左がハルキゲニア、右がアノマロカリス(画像提供:たもさん)


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【お盆、恒例の精霊馬が今年もTwitterに集結!】の続きを読む


      👉バックナンバー
      「18才と81才の違い」について書かれた貼り紙に爆笑 元ネタは「笑点」の大喜利コーナー?!

      【(笑)ご存知『18才と81才の違い』】の続きを読む

      このページのトップヘ