知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ: 昭和レトロシリーズ


    『永井豪のハレンチ学園』画像&動画


    ハレンチ学園』(ハレンチがくえん)は、永井豪による日本のギャグ漫画作品、及びこの作品を原作とするテレビドラマや映画。1968年11号から1972年41号まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された。 当時の少年漫画としては過激な表現で物議を醸し社会現象になった、永井豪
    56キロバイト (8,419 語) - 2021年9月3日 (金) 14:50



    【昭和レトロシリーズ その35『ハレンチ学園』】の続きを読む


    ノスタルジア (昭和レトロからのリダイレクト)
    識」に基づいたものとして高く評価し、失われた過去ヘ戻りたいというホームシックの念に基づいた『ALWAYS 三丁目の夕日』に代表される「昭和30年代ブーム」や「レトロブーム」とは対極にあると位置づけた。 作品の制作プロセス・内容は主に以下が挙げられる。一つは、第三者が「ノスタルジア」を想起し、その第
    56キロバイト (7,038 語) - 2021年9月11日 (土) 05:43


    昭和レトロシリーズ今回は👾ミニチュアの色々
    あの懐かしい○○が〜🎰
    🎨今・よみがえる!!!
    なんと、その答えは🎴
    📻セリア=100均だった❣

    【『昭和レトロシリーズ その34( ミニチュア)』】の続きを読む


    『昭和の映画絵看板』岡田秀則監修、貴田奈津子企画』について画像をまとめてみた


    ■映画がスターという地上の星たちのもので、スクリーンが銀の幕だったころ、
    絵看板は空に浮かぶ巨大な予告編だった。

    ▶通常の絵看板のほかにも、絵の一部を切り抜いて大きく際立たせた「切り出し看板」、さらに一部を立体に組み替えた「立体看板」、絵の一部が動く「動く看板」、車で移動する「街頭宣伝車」についても言及。



    【昭和レトロシリーズ その33(映画絵看板)】の続きを読む


    ピース・クラシック」が数量限定で販売された。 2019年10月1日からは増税のため値上がりした。 ピースのオリジナルとなる、フィルターが無い両切りたばこである。両者ともたばこ自体は同じで、紙箱入りピース(10)、缶入りピース(50本入)である。後述のピース(20本入)の「ロングピース
    22キロバイト (2,543 語) - 2021年7月27日 (火) 22:07


    ♦缶ピースが登場する作品 編集をまとめてみた!
    ▶JITTERIN'JINN
    『くわえたばこのブルース』 - シングル「夏祭り」のカップリング曲。「♪おいらのロングピースが好き…」「♪ロングピースをふかしながら…」等のフレーズが歌詞に登場する。
    ▶つボイノリオ 
    『本願寺ぶるーす』 - 「♪しけもく銜えて考えた 世界に平和が必要で 俺にはピースが必要さ…」のフレーズあり。ベストアルバム『あっ超ー』などに収録されている。
    ▶ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 
    『スモーキン・ブギ』 - 男子中高生と思しき未成年がこっそりとたばこを嗜む情景を歌った曲だが、初のたばこがショートピースであることが冒頭で歌われている。
    ▶南佳孝 
    『Peace』- アルバム『冒険王』に収録。「ピースはほろ苦い味がしたけど」のフレーズがある。
    ▶DMBQ - アルバム『DMBQ』の収録曲「CAN PEACE」にて、「♪CAN PEACE CAN PEACE ほんのちょっとの金で 50本ピース」と、サイケデリックなサウンドにのせて歌詞に登場する。
    ▶原尞 
    ハードボイルド探偵小説「私立探偵 沢崎」シリーズにて、主人公、沢崎が愛飲する。「ピース」の語感がいかにも探偵らしからぬミスマッチだから、と作者が語っている。
    ▶Lass - 11eyes
    「罪と罰と贖いの少女」で、主人公らが通学する養護教諭の赤嶺彩子が愛飲している。
    ▶サザンオールスターズ『ピースとハイライト』 - サザン54枚目のシングル。2013年(平成25年)8月7日に発売した。

    【昭和レトロシリーズ その32(タバコ)】の続きを読む


    なめ猫なめねこ)とは、1980年代初頭の名古屋で生まれ、日本で数年にわたって流行した、暴走族風の身なりをしたのキャラクター企画である。本物の仔に衣装を着せて座らせ、正面から撮ることで直立して見えるように写真撮影したものを最初に、数々の商品が作られた。プロデューサーは津田覚。
    15キロバイト (1,987 語) - 2021年4月26日 (月) 01:44


    なめ猫(なめねこ)とは、1980年代初頭の名古屋で生まれ、日本で数年にわたって流行した、暴走族風の身なりをした猫のキャラクター企画である。

    本物の仔猫に衣装を着せて座らせ、正面から撮ることで直立して見えるように写真撮影したものを最初に、数々の商品が作られた。プロデューサーは津田覚。 
    ♦主なキャラクター 編集
    ♠又吉(またきち)
    主役の猫。学ランを着ている為オスに見えるが実際の性別はメス。ブーム後4匹の子供を産んで16歳でその生涯を終える。
    ♥ミケ子
    又吉の恋人役とされている三毛猫。ブーム後スタッフに引き取られ、その後の様子がフジテレビで1999年9月28日に放送された「20世紀探検隊」で紹介された。 

    ▶2015年にはソフトバンクが展開する「Y!mobile」の学割応援団のキャラクターとして使用され、なめ猫免許証が作れるサイトも開設された。 
    2016年にも再びCMキャラクターに起用され、その声を哀川翔が担当している。

    今も人気がありラインスタンプなどに登場している!

    【昭和レトロシリーズ その31『なめ猫』】の続きを読む

    このページのトップヘ