知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ: スポーツ


      ■アスレチックス ー エンゼルス(日本時間15日・オークランド)
      👉エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、メジャー通算100号本塁打に到達した。
      敵地で行われたアスレチックスとのダブルヘッダー第2試合に「3番・指名打者」で先発出場し、2打席凡退で迎えた5回の第3打席で5試合ぶりの7号本塁打。
      メジャー5年目、通算459試合目の到達は日本人最速だ。



      【【大谷翔平】通算HR100号到達!】の続きを読む


      野球において試合の開始前には「始球式(しきゅうしき)」と呼ばれる来賓が投手役として投球を行うセレモニーが実施される。

      その始球式では打者はどんなボール球や絶好球が来ても空振りをするのが慣例となっている。 

      これは日本で最初に始球式を実施した際に、投球を行った政治家・教育者の大隈重信(おおくま しげのぶ、1838~1922年)が偉すぎて、打者が空振りをするしかなかったという逸話に由来する説がある。

      記録に残っている最古の始球式は、1892年(明治25年)にアメリカで実施されたウェスタンリーグの開幕試合だったとされる。

      この時、当時のオハイオ州知事で後の第25代アメリカ大統領のウィリアム・マッキンリー(William McKinley、1843~1901年)は客席からグラウンドにボールを投げ入れた。

      当時のアメリカでの始球式は現在の日本での始球式とはスタイルが異なり、客席からグラウンドに向かってボールを投げ入れるかたちで、打者もいなかった。

      始球式での空振りは日本で生まれたとされ、それが早稲田大学の創設者でもある大隈重信が行った始球式である。

      1901年(明治34年)に創部された早稲田大学野球部はアメリカ遠征の中で「始球式」というものを知り、日本でも行われた。

      1908年(明治41年)11月22日、来日したアメリカの大リーグ選抜チームと早稲田大学野球部が対戦する際に、記念として日本初の始球式を実施することになった。

      その始球式でマウンドから投球を行った大隈重信の球はストライクゾーンを大きく外れてしまった。

      その際、早稲田大学の1番打者・山脇正治(やまわき まさはる、1885~1959年)が大隈大先生の球をボールにしてはいけないと考え、わざと空振りをしてストライクにした。これ以降、始球式において打者は投手役に敬意を表すために、どんな球でも空振りをするようになったと言われている。

      【なぜ、野球の始球式で空振りするの?】の続きを読む


      東京優駿 (日本ダービーからのリダイレクト)
      東京優駿(とうきょうゆうしゅん、日本ダービー)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞 (騎手賞)。 1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービー
      60キロバイト (5,710 語) - 2022年4月12日 (火) 06:06


      1932年(昭和7年)4月24日、東京・目黒競馬場で日本初のダービー(第1回 東京優駿大競走)が開催された。

      1923年(大正12年)に旧競馬法が施行されて9年後のことであった。

      この「ダービー」は、イギリスの競馬の競走である「ダービーステイクス」(Derby Stakes)に倣って企画されたものだった。

      当日の天候はあいにくの雨で馬場は不良。レースは19頭の出走馬。

      優勝したのは1番人気のワカタカで、第4コーナーでアサハギと並んだものの、4馬身の差をつけて逃げ切った。

      馬券は1枚20円で払戻金は単勝39円。1レース1人1枚のみ。当時の月給は普通60~70円なので、かなり高価な馬券であった。

      「ダービー」(Derby)とは元々、第12代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーが1780年に創設した、ロンドン郊外で開催されるサラブレット3歳馬ナンバーワンを決めるレースのことで、イギリス競馬界最高の行事だった。

      後に、日本を始め世界各国でそれに倣った「ダービー」という名前を付けたレースが開催されるようになった。

      【今日4月24日は『日本ダービー記念日』】の続きを読む


      大谷翔平さすがジェントルマン!
      相手打者の折れたバットの残骸への対応も、ほほえましい🤗



      【【大谷翔平】相手打者のバット破壊にジェントルマン!】の続きを読む


      ◇ア・リーグ エンゼルス6―0アストロズ(2022年4月20日 ヒューストン)

       エンゼルスの大谷翔平投手(27)は20日(日本時間21日)、敵地ミニッツメイド・パークでのアストロズ戦に今季3度目の「1番・投手」で投打同時出場。
      6回途中までパーフェクト投球を見せるなど6回1安打無失点で今季初勝利を挙げた。
      打っては2点二塁打を放つなど4打数2安打2打点で今季3度目のマルチ安打をマーク。
      エ軍は6―0で勝ち2連勝、今季最多の貯金3として地区首位をキープした。
      ⚾オオタニさ〜ん!ホットなニュースのはじまり ❢



      【【大谷翔平】自己最多タイ12Kで今季初勝利】の続きを読む

      このページのトップヘ