知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:趣味 > 健康・美容・ダイエット


      ビール週1~2杯まで?  カナダの新指針が波紋 「少量でも健康に害」
       【ニューヨーク時事】「少しの酒は体に良い」。  この説を真っ向から否定する新たなガイドライン(指針)がカナダで発表され、波紋を呼んでいる。「少量で…
      (出典:時事通信)


      【ニューヨーク時事】
      「少しの酒は体に良い」。 
      この説を真っ向から否定する新たなガイドライン(指針)がカナダで発表され、波紋を呼んでいる。
      「少量であってもアルコールは健康を害する」と警告し、飲酒の機会が避けられない場合でも、ビールやワインなど週1~2杯程度に抑えるよう訴えている。

      ◇リスク4分類 カナダ薬物使用・依存症センター(CCSA)は今月、アルコール摂取に関する指針を12年ぶりに改定した。
      近年の研究で「年齢、性別、民族、アルコール耐性、生活習慣に関係なく、飲酒は全ての人にダメージを与える」と分かったためといい、「もし飲酒するなら、量を減らすのが好ましい」と呼び掛けた。 
      新指針では、飲酒によるリスクを、1週間当たりの消費量別に▽0杯▽1~2杯▽3~6杯▽7杯以上の4段階に分類。0杯は「リスクなし」で、妊娠中では「唯一の安全な選択肢」だという。
       1~2杯は「低リスク」で、「アルコールの影響を避けられそうだ」と指摘。「中リスク」の3~6杯は乳がんや結腸がんなどを発症する危険性が高まるという。7杯以上は「高リスク」で、心疾患や脳卒中の恐れが1杯多く飲むごとに高まると警鐘を鳴らしている。 
      CCSAは1杯を、ビール(アルコール度数5%)で341ミリリットル、ワイン(同12%)で142ミリリットル、蒸留酒(同40%)で43ミリリットルと定義。カナダ保健省に対し、販売される酒の容器に何杯分のアルコールが入っているかを明示する規制を導入するよう勧告した。 

      ◇低アルコール開発も CCSAによると、カナダに住む15歳以上を対象にした調査では、回答者の40%が週7杯以上飲酒していると答えた。今回の改定について、トロント近郊で公共放送CBCの取材に応じた通行人のウェイン・ホワイトさんは「97歳の祖父母は毎日ワインを飲んでいる。(指針には)同意しない」と反発した。 
      一方、CBCによれば、健康志向の高まりを受け、低アルコール飲料の開発も活発化している。父親とビール醸造所を営むギャビン・アンダーソンさんは、ノンアルコールビールなどの新商品を増やしているという。「目標は、ビールは好きだけど(アルコール)摂取量を減らしたい人向けのビールを造ることだ」と語った。



      【ビール週1~2杯まで? カナダの新指針が波紋 「少量でも健康に害」】の続きを読む


      ベストな睡眠時間は何時間?日本人の平均的な睡眠時間、良い睡眠の条件を専門家が解説
      …8時間寝なきゃダメ?50代女性はどのくらい寝てる?睡眠時間はどんな人にも欠かすことができない重要なもの。しかし、50代女性は更年期などの影響により、…
      (出典:ハルメク365)


      🤔ベストな睡眠時間は何時間?
      日本人の平均的な睡眠時間、良い睡眠の条件は?

      人は人生の1/3を寝て過ごすので、睡眠時間や睡眠の質は日々の生活に大きな影響が出ます。
      人によれば7~8時間の睡眠を長いと感じる人や短いと感じる人もいるわけで、例えば5時間の睡眠であっても日中に眠気を感じることなく問題なく活動することが出来るのなら、理想的な睡眠時間だと言えます。

      【ベストな睡眠時間は何時間?日本人の平均的な睡眠時間、良い睡眠の条件を専門家が解説】の続きを読む


      イースト・ロンドン大学の臨床運動生理学者ジャック・マクナマラ氏の解説によると、後ろ歩きは、普通に歩くよりもちょっと高めの負荷を脳と体に与え、よりいっそう健康になることができる、とても優れた運動なのだそうだ。


      【後ろ歩きは驚くほど健康にいい理由。脳と体に負荷がかかり普通にあるくより健康効果が上がる】の続きを読む


        👉重い布団で寝る

      睡眠ホルモンの分泌量が増えるという研究結果! 

      もし寝つきが悪いなら、少し重みのあるお布団を使うと良いかもしれない。
      新たに行われた研究によると、重い布団で寝ると、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌量が増えることがわかったという。 
      ただし現時点では、なぜ重たい布団で寝るとメラトニンの分泌量が増えるのか、その正確な理由はわかっていないという。

      この疑問に答えるため、被験者(20代の女性11人と男性15人)に軽い毛布か重い毛布のどちらかで眠ってもらい、それが眠りに与える影響が探られた。

      実験の参加者は、まず夕食を食べてから明るい光で照らされた部屋で2時間過ごした。それから照明の光は薄暗く落とされ、午後11時の消灯まで座って過ごした。

      また消灯の1時間前に、軽い毛布か重い毛布にくるまってもらい、その間20分ごとに唾液のメラトニン濃度がチェックされた。

      その結果、重い毛布を使ったグループのメラトニンは、軽い毛布グループより約32%多いことが判明した。

      【 重い布団で寝ると睡眠ホルモンの分泌量が増えるという研究結果】の続きを読む


      すでに市場には数多くのサロン向けヘアカラーがあり、ハイレベルな競争が繰り広げられる中、新規ブランドがサロンで採用される障壁は高い。
      そんな中、美容師が商材を選ぶ一番のポイントは、ユーザーの最大の望みでもある“発色”と“ダメージ”の少なさだ。 中でも、グレージュ系やアッシュ系といった、いわゆる“外国人風カラー”の人気は根強い。
      しかし、これらの色味は日本人の赤褐色のメラニン色素が多い髪質では色出しが難しく、髪に赤みやオレンジみが残ってしまうことや、それらをしっかり打ち消すことがダメージに繋がることがあった。
      そこでアルティストは、ベースにニュートラルグレーをひくことで、赤みやオレンジみを補正。さらに、独自のテクノロジーで効率よくアンダートーンをコントロールすることで、よりダメージを抑えた透明感溢れる発色を実現した。

      日本人の髪質では難しいとされてきた透明感のある“トレンドカラー”をアルティストが実現できた理由!

      【どうしても赤みが出てしまう… 日本人の髪質では難しいとされてきた透明感のある“トレンドカラー”をアルティストが実現できた理由】の続きを読む

      このページのトップヘ