知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ:ニュース > 医療


    イベルメクチン (カテゴリ 駆虫)
    “MSD日本法人、コロナ治療の最終治験開始”. 化学工業日報 (2021年4月22日). 2021年8月13日閲覧。 ^ a b c “イベルメクチン 興和、コロナ治験実施へ”. 化学工業日報 (2021年7月2日). 2021年8月13日閲覧。 ^ “コロナ飲、年内にも実用化 軽症者治療の切り札に メルクやファイザー、治験最終段階”
    66キロバイト (8,336 語) - 2021年9月28日 (火) 07:01


    田村憲久、元厚生労働相が先月27日、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が申請した新型コロナウイルス治療薬「ソトロビマブ」を、緊急時に審査を簡略化できる「特例承認」に基づいて正式に薬事承認している。
    同日に厚労省が薬事・食品衛生審議会の専門部会を開き、承認を了承した。政府が購入し、医療機関に供給する。
    ❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

    岸田新政権でもコロナ対策が最重要課題になるのは間違いない。
    実際、第5波は収まりつつあるが、病床確保、ワクチンのブースター接種、地方との連携など課題は山積している。
    ほとんど無名の「後藤茂之氏」(65)が厚労相に初入閣したが、コロナ禍の重責を担えるのか?!

    厚労省はコロナ対応から年金まで扱う巨大組織だ。
    菅前首相も「厚労省分割は不可避」と口にしたほど仕事量が多い。
    しかも、厚労官僚は動きが鈍く、ミスばかりしている。本来、厚労相は派閥の領袖クラスの大物でなければ務まらないポストだ。

    ワクチン接種が米国を追い抜くまで進み、治療薬も登場しつつある。
    新規感染者数も大幅に減少している。
    岸田首相が、これまでコロナ対応に当たってきた西村、田村両大臣を留任させず、無名の後藤氏を厚労相に就けたのは、コロナは一件落着したと捉えている表れだろうか?

    しかし、現在のような感染収束期は、次の感染拡大に備える大事な時期だ。侮るとあっという間にウイルスは市中に蔓延してしまう。
    また、ワクチンが効きにくい新たな変異株の流入も懸念され、水際強化も必要だ。
    ここは、あまりコロナ軽視をするべきでは?
    しわ寄せは第6波で跳ね返ってくる。
    いずれにせよ、新厚生労働大臣からの【安心】【安全】【期待】【希望】を国民にわかりやすく示して貰いたい!

    【コロナ『飲む薬』と『打つ薬』どっち選ぶ?】の続きを読む


    ファイザーワクチン3回目接種の承認申請の話しが浮上して来たが、塩野義製薬からの経口薬の承認はいつなのか、また、選択肢はあるのか慎重に考えたくなる!

    【迷う!3回目ワクチンが先か、経口薬か?】の続きを読む


    塩野義製薬株式会社(しおのぎせいやく、英語: SHIONOGI & CO., LTD.)は、大阪府大阪市中央区道修町に本社を置く、日本国内の大手製薬企業であり、処方箋医薬品と医薬品を主とする製薬企業である。公式の社名略称としてシオノギ製薬、あるいはシオノギも用いられている。
    58キロバイト (8,441 語) - 2021年10月1日 (金) 22:43


    ロボット産業ー日本
    匠の技ー日本
    マンガ王国ー日本
    メイドインジャパン
    そんな、おもてなしとサービスの国
    コロナ新薬開発〜経口薬を全世界へ!

    【『塩野義製薬・経口薬』で世界へのおもてなしを!】の続きを読む



    ひよっとして、この方かなりのツワモノ!

    以前、アメリカの人気番組「セサミストリート」に出てらしゃったのでは!?

    失礼、アレって人形だったかしら?

    サァ〜ニィーディ!🎶

    【『河野氏・国民の心に安泰ワクチン打てるか?!3回目接種は後!2回目が先』】の続きを読む


    カクテル療法カクテルりょうほう)とは、複数の薬を各人の症状・体質に合わせて組み合わせて投与し、症状を抑える治療法。別名多剤併用療法とも呼ばれている。後天性免疫不全症候群(AIDS)の治療などで知られている。2021年には、2019新型コロナウイルス感染症に対する治療薬として2種類のモノクローナル抗
    2キロバイト (247 語) - 2021年9月10日 (金) 03:54


    ⬛自宅往診時の抗体カクテル療法「必ず実現」

    ▶大阪知事 2021/9/16 21:42 ライフ からだ 政治 地方自治 地方 近畿 大阪 産経WEST ライフ 反応 記者団の取材に応じる大阪府の吉村洋文知事。

    ▶16日午後、大阪府庁 大阪府の吉村洋文知事は16日、新型コロナウイルスの重症化を防ぐ抗体カクテル療法を自宅療養者への往診で使えるよう政府が検討していることについて「まさに目指すべき方向性で、菅義偉(すが・よしひで)首相の方針には大賛成。スキームの構築は大阪で必ず実現する」と述べた。

    ▶府庁で記者団に語った。 府は府医師会などと連携し、自宅療養者の往診体制を強化しているほか、外来診療の自宅療養者に抗体カクテル療法を投与するなど早期治療のための枠組みを整備している。
    ◆抗体カクテル療法 抗体とは?
    ▶体外から侵入した異物を攻撃する「免疫系」が作り出すたんぱく質。これを利用した医薬品が、がんや関節リウマチなどの治療薬として実用化されている。
    ▶がん治療薬の場合、がん細胞の増殖に関わる信号を止める働きなどをする。狙った細胞だけに結合するため、副作用を抑えて高い治療効果が得られるとされる。
    ♦因みに、中外製薬の抗体カクテル療法は、「カシリビマブ」「イムデビマブ」と呼ぶ2種類の抗体を1回点滴する。
    2つの抗体を混ぜて投与することから「カクテル」と呼ばれる。 
    新型コロナウイルス表面に結合して増殖を抑える効果が期待されている。臨床試験(治験)では入院や死亡のリスクが7割減ったことが報告されている。

    【【吉村知事】『抗体カクテル療法実施』】の続きを読む

    このページのトップヘ