知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:ニュース > 医療


      塩野義の飲み薬は、細胞内に入ったウイルスの増殖を抑える働きがある。
      厚生労働省に製造販売の条件付き早期承認申請を行っており、現在、審査中となっている。
      👉2月に申請して4月も終わりに近づいてきた。
      日本での承認が遅れていて、アメリカで治験を始めて承認をすすめているらしい!
      アメリカで承認されたら、日本の厚労省、メンツ丸つぶれですね😥
      厚労省は塩野義製薬に対して、最大で約62億円の緊急追加支援をすると発表したらしいから、とにかく早く承認がおりて欲しい!



      【『塩野義製薬』飲み薬、諸症状改善!】の続きを読む

      👉セルロースとは、分子式 ₙ で表される炭水化物である。

      植物細胞の細胞壁および植物繊維の主成分で、天然の植物質の1/3を占め、地球上で最も多く存在する炭水化物である。  

      繊維素とも呼ばれる。自然状態においてはヘミセルロースやリグニンと結合して存在するが、綿はそのほとんどがセルロースである。
       
      2017年にアメリカのウースター工科大学(WPI)において、人間の心臓における衝撃の研究結果が発表された。それが人間の心臓は野菜から作り出せるというもの。

      今後の心臓治療に向けて実際に行われた研究で、その野菜とは「ほうれん草」である。

      ほうれん草の葉脈が人間の血管にかなり近い。その葉脈だけを残して他の部分を取り除く。

      すると植物の細胞を構成する食物繊維の一種セルロースだけが残る。

      このセルロースは人体との親和性が高く、体に馴染みやすい。そこに心臓の細胞を移植すると増殖して機能し始めた。

      実際に血液を流してみたところ、5日後から脈を打ち始め、最長2週間動き続けた。

      人間の心臓をほうれん草から作り出す時代が来るかもしれない。事故や病気で心臓に異常が生じた時、心臓の再生は医療的にかなり困難とされている。

      中でも心臓の血管を人工的に作ることは不可能に近いとまで言われてきた。しかし、意外なところにヒントがあった。

      ある研究者がランチを食べている時、ほうれん草を見てその葉脈の形が心臓の血管に似ているという発想からこの研究を思い付いた。

      植物に養分や水分を送る管であるほうれん草の葉っぱの葉脈を、体内の各部に血液を送る管である心臓の血管に代用できないかという発想が大発見に繋がった。
      🥬🥬🥬🥬🥬🥬🥬🥬🥬🥬🥬

      簡単に説明すると、セルロースは食物繊維の一種です。
      その中でも特に水に溶けない不溶性食物繊維として分類されており、食品で言うと大豆やごぼう、穀類などに多く含まれています。
      そして一説によると、日本人が摂取する食物繊維の大半はセルロースだと言われています。
      具体的には、日本人が摂取する食物繊維の約8割は不溶性食物繊維であり、さらにその内のほとんどがセルロースだと言われているのです。
      セルロースは日常的に私達人間の体に取り込まれている成分なのです。


      【人間の心臓は野菜から作り出せる!】の続きを読む


      子供の口腔アレルギーに注意!

      子どもが特定の果物を突然嫌いになったら、アレルギーの可能性がある」という説があります。ある日突然、特定の果物で喉がかゆくなるような不快感が現れ始め、今まで普通に食べていたものを受け付けなくなるそうです。「花粉症と関係がある」との声もあります。実際のところを、内科医の市原由美江さんに聞きました。

      無理に食べさせるのは危険

      Q.ある日突然、子どもが特定の果物を食べなくなることがあるそうです。なぜでしょうか。

      市原さん「それまで普通に食べていた果物を、そのときの機嫌などによって、たまたま食べないことも考えられます。しかし、アレルギーが関係して食べなくなることもあります。これは食物アレルギーの一種で、『口腔(こうくう)アレルギー症候群』といいます」

      Q.どの果物で、アレルギー症状が出る可能性があるのですか。

      市原さん「リンゴやナシ、モモ、キウイサクランボメロンスイカバナナオレンジなどです。食べなくなる果物は、それぞれの子どもがどのアレルギーに反応するかで異なります」

      Q.どのような症状が出るのですか。

      市原さん「生の果物を食べた後、唇や舌、口の中、喉が腫れたり、かゆみやイガイガを感じたりします」

      Q.花粉症との関連はあるのですか。

      市原さん「花粉にアレルギーのある子どもは、口腔アレルギー症候群を起こしやすいといわれています」

      Q.子どもが果物を急に食べなくなると、親は心配になり、無理にでも食べさせてしまいそうです。無理に食べさせると、子どもの体調に変化が起きますか。

      市原さん「アレルギーの場合、無理に食べさせることは危険です。腫れやかゆみなどの症状のほか、『アナフィラキシーショック』という、呼吸困難や血圧低下などを伴う症状に陥る可能性もあります。命に関わる恐れもあります」

      Q.子どもが特定の果物を食べなくなったとき、親はどのように対応したらよいですか。

      市原さん「子どもは成長に伴って好き嫌いが出たり、特定の果物に嫌な印象を抱いたりするなど、食べなくなる原因はアレルギーだけではありません。特定の果物を食べなくなったからといって、必ずアレルギーがあるとは限りませんが、子どもの様子をよく観察し、アレルギーの可能性があるようなら、アレルギー専門医に相談しましょう」

      Q.親は、子どもにどのような様子が現れたら「口腔アレルギー症候群」と判断すべきなのでしょうか。

      市原さん「ある程度、話せる年齢の子どもならば、口や喉の違和感を言葉やしぐさで訴えてくれる可能性はあります。しかし、そうでなければ、拒否したり泣いたりするだけになると思います。そんなときは、子どもの様子をよく観察し、口腔アレルギー症候群の可能性を疑ってみましょう」

      Q.成長すると、発症の可能性は低くなるのですか。

      市原さん「普通の食物アレルギーでは、成長とともに、アレルギーが出ていた食べ物も食べられるようになる可能性が高いことが分かっています。しかし、口腔アレルギー症候群は、加齢とともに症状が出なくなることは少ないです。一方で、花粉症を治すことで口腔アレルギー症候群が起こりにくくなるという報告もあるので、アレルギー専門医に相談してみてください」

      オトナンサー編集部

      突然、子どもが果物を食べなくなったらアレルギー?


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【ヤバイ!子供が突然、果物を食べなくなったら、アレルギー? 花粉症と関連? 】の続きを読む



      🤔4回目のワクチンの事より、この飲み薬がいつ承認されるのかが知りたい!と。



      【【速報】塩野義製薬の新型コロナの飲み薬、ついに承認か?!】の続きを読む



      梅毒って、なに? - HIV検査・相談マップ
      https://www.hivkensa.com/syphilis/


      👉婦人科の先生が数年前から梅毒がすごく増えていると話していました。

      💋キスで感染することがあるらしく、これって怖いことですよね。

      ✨万が一感染していたとしても、今はペニシリンというお薬があるので完治します。

      🧐梅毒を調べるには?
      ♢保健所
      ♢婦人科・泌尿器科
      ♢自宅

      😅身に覚えがあるのに放置するのは危険で知らずに大切な人に感染させてしまう可能性もあります。

      妊婦さんに梅毒を感染させると最悪赤ちゃんが
      👇

      🔸後遺症
      🔸亡くなる
      🔸流産

      があるので軽く考えないで下さい。



      【知ってた?『梅毒感染者の拡大中!』】の続きを読む

      このページのトップヘ