知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:ニュース > 医療

      ◆塩野義、28日から本格供給開始 新型コロナ飲み薬、100万人分

      国産初のコロナ飲み薬「ゾコーバ」 実際に服用した患者の”その後”は?
      …塩野義製薬が開発した国産初の新型コロナウイルスの飲み薬「ゾコーバ」。埼玉県内の病院では処方が始まりましたが、服用した患者に”効果”はあったのでしょう…
      (出典:TBS NEWS DIG Powered by JNN)


      ■国産初のコロナ飲み薬「ゾコーバ」

      塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役会長兼社長 CEO:手代木 功、以下「塩野義製薬」または「当社」)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬として開発中の抗SARS-CoV-2剤「ゾコーバⓇ錠125mg」(一般名:エンシトレルビル フマル酸、開発番号:S-217622)について、2022年11月22日付で厚生労働省より「SARS-CoV-2による感染症」の適応で、緊急承認制度(医薬品医療機器等法第14条の2の2)に基づく製造販売承認を取得しましたのでお知らせいたします。
      また、本年3月に厚生労働省との間で締結した本剤の国内供給に関する基本合意書1に基づき、日本政府が100万人分を購入する売買契約を別途締結しておりますことを併せてお知らせいたします。

      塩野義製薬が開発した国産初の新型コロナウイルスの飲み薬「ゾコーバ」。
      埼玉県内の病院では処方が始まりましたが、服用した患者に”効果”はあったのでしょうか?


      【国産初のコロナ飲み薬「ゾコーバ」 実際に服用した患者の”その後”は?】の続きを読む


      厚生労働省は14日、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルスの治療薬「ゾコーバ」について、22日に緊急承認の可否を再審議する方針を発表した。
      7月に有効性などのデータが十分でないとして承認を見送られ、継続審議となっていた。
      承認されれば、重症化リスクのない人を対象とした国内では初めての治療薬となる。
      初の国産の軽症・中等症向け飲み薬ともなり、安定供給に期待がかかる。
      塩野義は9月下旬に重症化リスクやワクチン接種の有無にかかわらず、オミクロン型に特徴的な症状が消えるまでの時間の短縮を示すデータが得られたと発表していた。
      厚労省や審査を担う医薬品医療機器総合機構(PMDA)にデータを提出し、再審議に向けた準備を進めてきた。

      22日に緊急承認を再審議 厚労省部会
      新型コロナ

      【塩野義コロナ薬、22日に緊急承認を再審議 厚労省部会 新型コロナ】の続きを読む



      声で新型コロナの感染が判定できるアプリ登場!
      この新しいアプリは、コンサートやスポーツイベントなど、大きなイベントの前に感染者を判定することができる。
      さらに、PCR検査が高額で購入しにくく、流通が難しい貧しい国々でも導入することができる。
      新型コロナを判定するアプリ開発に必要な音声サンプルを収集するため、ケンブリッジ大学が音声収集のアプリをローンチ。
      収集したサンプルには、4352人の参加者からの893の音声サンプルが含まれており、そのうち308人が陽性と判定された。
      研究の参加者はこのアプリを携帯電話にダウンロードし、そこに自身の基礎データや病歴、喫煙状況などを入力。
      その後、咳を3回、深い口呼吸を3〜5回、画面上の短い文章を3回読むなどの呼吸音を録音した。
      オランダの研究者たちは、そのデータをアプリ開発に利用した。

      【遂に、声で新型コロナの感染が判定できるアプリが登場!】の続きを読む


      》》ミノキシジル?効果あるの?《《

      ミノキシジルってホントに効果ある?副作用は?
      ミノキシジルってホントに効果ある?副作用は?

      ミノキシジルってどのような成分のことかご存知ですか?

      ミノキシジルとは

      ミノキシジルはもともと薄毛を治す薬として使われていたわけではなく、血管拡張作用を与える医療成分として用いられていたものです。

      今では厚生労働省からも認可が下りて、育毛剤として使用することも認められています。

      血管拡張作用があるので、高血圧症の治療薬として使用されるケースが多かったのですが、実際にミノキシジルを使用した人の薄毛が改善されたということがきっかけで、今では育毛剤の主成分として人気を集めています。

      副作用がある?

      ただし、多くの含有量は副作用の危険性が指摘されているため、ミノキシジルは5%配合の育毛剤が主流となっています。

      海外では15%ものミノキシジルを含有したものが登場していますが、日本ではそのようなものは販売されていません。

      血管拡張作用があるため薄毛の症状を治すだけではなく、不整脈や動悸、皮膚の紅潮などの副作用も起こる可能性があるため、全ての方に安全性があるとは言い切れない部分があります。

      ただ、副作用が発症してしまう確率はごくわずかなため、特に内服するわけではなく、育毛剤として使用する分には大きな問題はないと言われています。

      ミノキシジルで薄毛を改善する方法とは

      海外ではミノキシジルを使った内服薬も販売されています。

      ミノキシジルタブレットとして処方されていますが、過去には動物実験を行った結果、臓器が破裂したというレポートもあるため、日本ではミノキシジルを含有した内服薬としての使用は認められていません。

      ただし、育毛剤としての処方は行われていて、AGA専門のクリニック、病院、皮膚科、その他、ドラッグストアなどでミノキシジル配合の育毛剤が販売されています。

      ミノキシジルを使った育毛剤を頭皮に塗布することで、頭頂部や生え際、前頭部の薄毛が改善するといわれています。

      成人男性がミノキシジルを塗布する場合、1日朝晩使用することで半年ほどすると半分程度の方が、「中等度改善」以上の効果がもたらされたという検証結果もあります。

      ちなみに、中等度改善というのは、薄くなった部分が人の目で分かるほど密度が濃くなった状態を表します。

      ミノキシジル配合の育毛剤は、2人に1人の割合で継続的に使うことで、薄毛改善の効果があるということです。

      なかなか効果が出なくても一喜一憂せず、半年は覚悟を決めて継続し続ける必要があるでしょう。

      薄毛治療は内服薬などのリスクがある方法もありますが、やはり有効成分を配合したミノキシジル配合の育毛剤のほうがリスクも少なく、一番無難な薄毛改善方法なので、気になる方は一度お試し下さい。

      AGAの原因って?治療って何するの?効果に個人差が出るのはなぜ?


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【ミノキシジルってホントに効果ある?副作用は? 】の続きを読む


      ナタココ(スペイン語: nata de coco)とは、ココナッツ果汁を発酵させてゲル化した、フィリピン発祥の伝統食品である。 18世紀に誕生したパイナップルを原料とするナタ・ピニャ(英語版)の代用品として1949年に発明された。発明者はバタンガス州リパ出身の女性化学者Teódula Kalaw
      6キロバイト (737 語) - 2022年6月15日 (水) 05:39


      ナタ・デ・ココは、ココナッツの汁を発酵させたゲル状のもので、フィリピン発祥の伝統食品である。  

      酢酸菌の一種で「ナタ菌」と呼ばれる細菌を加え、発酵させて作られる。ナタ・デ・ココは、スペイン語で「nata de coco」と書く。スペイン語で「ナタ」とは「(液体表面上の)皮膜」の意味であり、「ナタ・デ・ココ」は「ココナッツの上澄み皮膜」を意味する

      本題に入ると、ナタ・デ・ココは約99%が水分で、残りの約1%がセルロース(食物繊維)である。このセルロースはきれいな網目状の構造をしており、その網目を利用すると医学の分野で役立つ。

      この網目の穴を通る物質と通らない物質で血液検査をすると、穴を通らないガン遺伝子を発見する事ができる。つまり、ナタ・デ・ココの繊維の構造がフィルターの役割を果たし、ガン診断ができるというわけである。

      従来の血液検査では結果が出るまで2~3週間かかるが、繊維が細かいナタ・デ・ココを使うと、採血したその日のうちに結果を出す事が可能になる。さらにナタ・デ・ココ1粒で1万人分もの検査が可能とされ、医療費を大幅に抑える事ができると考えられている。

      まだ実用化はされていないが、近い将来、ナタ・デ・ココが人類を救う救世主になるかもしれない。




      【『ナタ・デ・ココ』でガンを発見できる?】の続きを読む

      このページのトップヘ