知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:スポーツ > 陸上・マラソン


      女性限定マラソン大会として女子タートルフルマラソン全国大会が東京都東大和市で開催された。 1979年別府大分毎日マラソンでは試験的に女子にも門戸を開放。同年秋にIAAFが公認する史上初女性限定マラソン大会として東京国際女子マラソンが開催された。 オリンピックで女子マラソン
      90キロバイト (5,596 語) - 2022年4月14日 (木) 13:01


      1978年(昭和53年)4月16日、東京・多摩湖畔で日本初の女子フルマラソンの大会「第1回女子タートルマラソン全国大会」が開かれた。

      多摩湖畔を3周するコースで、参加者は最高齢71歳を含めわずか49人だったが、初めての女子マラソンということで、沿道には10万人を超える大観衆が集まった。

      優勝者は横浜の主婦・外園イチ子さん(37歳)で、タイムは3時間10分48秒だった。

      主催者は、中高齢者の健康保持増進を目的として1973年(昭和48年)に設立された公益社団法人 日本タートル協会。

      団体名に長生きの象徴である亀(タートル)が付いているように、大会も「スピードを競わない(亀のようにゆっくりでよい)」が大きなコンセプトであった。

      「タートルマラソン(turtle marathon)」は和製英語で、健康維持や体力づくりを目的として、ゆっくりと走るマラソンを意味する。

      「第1回女子タートルマラソン全国大会」のコースとなった多摩湖の周遊道路の約13.6kmのほとんどの部分を東大和市が占めていたこともあり、日本初の女子フルマラソン大会の開催地として歴史を後世に伝えるため、2013年(平成25年)度に東大和市は記念碑「水の精」像を建立し、また記念事業を実施した。

      【今日4月16日は『女子マラソンの日』】の続きを読む


      駅伝に置く傾向が強く、更に、箱根駅伝は全日本大学駅伝や、出雲駅伝に比べて、区間数や、1区間あたりの距離の平均が非常に大きい上、他の学生駅伝には無い「山登り」「山下り」の区間も存在する(学生駅伝の中では最も過酷である)ため、全国大会で本来最も権威の高いはずの出雲駅伝と全日本大学駅伝を、単なる箱根駅伝
      243キロバイト (32,461 語) - 2022年1月26日 (水) 15:15


      数人が長距離をリレー形式で走る「駅伝競走(駅伝)」は、日本最大の引越しがきっかけで誕生した。

      その引越しは明治時代に行われたもので、日本の歴史上で最も豪華な引越しだった。

      日本で最初に行われた「駅伝」は1917年(大正6年)のことであり、京都から東京までの約508kmという長い距離だった。現在の箱根駅伝は往路・復路の合計で10区間約217kmであり、その2倍以上の距離を1チーム延べ23人でたすきをつなぐという過酷なものだった。

      そんな過酷な駅伝が誕生したきっかけは、明治天皇のお引越しであった。明治維新により1868年(明治元年)に日本の首都は京都から東京に移され、この時に明治天皇のお住まいも京都御所から江戸城に移った。

      これを「東京奠都(とうきょうてんと)」といい、数千人と共に京都から東京まで向かい、沿道の民衆に金品を配るなど華々しく行われた。

      そんな東京奠都の50周年を記念して行われたのが、日本初の駅伝とされる「東海道駅伝徒歩競走」であった。この駅伝は関東組と関西組の2チームに分かれ、1917年(大正6年)4月27日に京都・三条大橋をスタートした。昼夜を問わず東海道を走り続け、最終ランナーが東京・上野不忍池のゴールに到着したのは2日後のことだった。

      この時、先着の関東組のアンカーとしてゴールしたのは金栗四三(かなくり しそう、1891~1983年)だった。

      金栗は「日本マラソンの父」とも称され、この駅伝の3年後の1920年(大正9年)に開催された第1回「東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」の大会開催に尽力した人物である。

      このように「駅伝」が誕生したきっかけは明治天皇のお引越しであった。ちなみに、初めての駅伝におけるスタート地点の三条大橋とゴール地点の不忍池のほとりには、それぞれ「駅伝発祥の地」の碑が建てられている。

      また、駅伝が開催された日付に由来して4月27日は「駅伝誕生の日」という記念日になっている。


      【なんと!「駅伝」始まりのきっかけは引越し】の続きを読む


      【日テレ】第98回東京箱根間往復大学駅伝競走
      ★SAPPORO新春スポーツスペシャル第98回東京箱根間往復大学駅伝競走往路

      大正・昭和・平成・令和とつながれてきた「箱根駅伝」98回目の継走。今年は大混戦&超高速レース必至か!?東海道箱根路を21本のタスキが駆け抜ける▽往路Vの行方は?

      1/2(日) 07:50〜14:05

      【【日テレ】第98回東京箱根間往復大学駅伝競走 - TV実況中継】の続きを読む


      東京国際大学(とうきょうこくさいだいがく、英語: Tokyo International University)は、東京都新宿区高田馬場4-23-23に本部を置く日本の私立大学である。1965年に設置された。大学の略称はTIU、国際、東国、東国大。 東京国際大学は、1965年に国際商科大学
      32キロバイト (4,283 語) - 2021年7月21日 (水) 01:57


      【東京国際大学】
      東京都新宿区高田馬場4-23-23に本部を置く日本の私立大学である。
      1965年に設置された。大学の略称はTIU、国際、東国、東国大。 
      キャンパス:  
      第1(埼玉県川越市)
      第2(埼玉県川越市)
       坂戸(埼玉県坂戸市) 
      高田馬場(東京都新宿区) 
      オレゴン洲(アメリカ合衆国)
      在籍者数: 6,165 (2014年5月1日)
      学部学生の授業料、費用: 172万円 (2010年 – 11年)
      設立: 1965年
      色: ホワイト、 青、 赤
      大統領: ツギオ・タジリ
      因みに学校設立時は、東武東上線の霞ヶ関駅が最寄りの位置にあった。その名は国際商科大学であった。
      また、アメリカオレゴン州セーラム市には姉妹校のウイラメット大学が存在している。
      大学として駅伝の歴史はまだ浅いが、今回の出雲での初出場初優勝は素晴らしい快挙だ!今後も期待したい!
      おめでとうございます❢

      【【駅伝】初出場・初優勝!『東京国際大学』】の続きを読む


      義肢 (義足からのリダイレクト)
      足(foot)を切断した患者が用いる中足義足 足首関節で切断した患者が用いる果義足 脛を切断した患者が用いる下腿義足 膝関節で切断した患者が用いる膝義足 大腿部を切断した患者が用いる大腿義足 股関節で切断した患者が用いる股義足 骨盤を切除した患者が用いる骨盤義足 足指義足や中足義足
      25キロバイト (3,198 語) - 2021年8月10日 (火) 07:54



      ⬛「スポリューション」チームメンバーの【後藤啓介さん】が日本を代表する義足デザイナーの【遠藤謙氏】を迎えての対談をまとめてみた。
      ♦今回は、いよいよ本題の2020年東京パラリンピックの話に入ります。2020年には、パラリンピックがオリンピックを超えるかも!?

      後藤:では、スポーツ義足について。 2020年のパラリンピックの話をメーンに聞いていきたいのですが、まず、今のスポーツ義足の技術革新がどのように進んでいるか、教えてもらえますか?

      遠藤:素材の進化が大きいです。カーボンファイバーやカーボン複合材が使われるようになりました。
      ▶これらがバネとなるわけです。人間の走る動作は、足をバネのように使うんですね。
      ▶理想は、スポーツ義足を着けることにより、人間の足より軽いバネで、人間の動作をより少ない力で再現させることです。
      ▶トランポリンに乗ると高く跳べるじゃないですか。あれとまったく同じことです。
      ▶少し話が飛びますが、今のオリンピック100m世界記録は、ご存じウサイン・ボルト選手の9秒58。一方、パラリンピックの(義足の)世界記録は10秒57。約1秒の差があります。
      ▶では、この10秒57はオリンピックではいつの世界記録だったかっていうと、なんと100年前なんです。つまり、人類は1秒間縮めることに100年間を費やしました。
      ▶でも、パラリンピックの選手は、1秒間を縮めることを1年間でやってのけました。イノベーションという意味では、いま大きな革新が起こっていると言えます。

      後藤:なるほど!この流れなら2020年、パラリンピック選手の記録がオリンピック選手を超えられるかもしれない、と。

      遠藤:もちろんあると思いますし、僕はそういう義足を作ることを目標にやっています。

      後藤:おー、すごい!では、2020年パラリンピック、そして、その先に目指していることを教えてもらえますか?

      遠藤:まず問題意識として、研究者を見てみると、論文を出すとか、長期的な視点で研究している人が多い。
      ▶もちろんそれ自体が悪いわけではないんですが、それが世の中にプロダクトアウトするというストラテジーをなかなか組めていないのは問題だと思うんですね。
      ▶僕の中では、それを打破するひとつのきっかけがパラリンピック。パラリンピックが最先端技術を作る場であり、それをみんなにお披露目する場となる。
      ▶その先に、その技術を使って、途上国の安価な義足や、高齢者の歩行をサポートするもの、あるいはエンターテインメント性を持った健常者が使えるデバイスに落とし込んでいく流れをつくりたいと考えています。そう、F1を想像してもらうと分かりやすいかな。

      【『陸上パラリンピックの選手』が『オリンピック選手』を超える?】の続きを読む

      このページのトップヘ