知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:趣味 > 寺・寺院


      えびす講 (十日戎からのリダイレクト)
      えびす講(えびすこう)は、おもに10月20ないし11月20に催される祭礼または民間行事。十日えびすとして1月10や1月15とその前後などに行うこともある。秋季語。大鳥大社など日本各地鷲神社で行われる酉の市は由来が異なり全く関係がない。 神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、
      13キロバイト (1,899 語) - 2021年6月11日 (金) 17:25


      十日戎(とおかえびす)とは、七福神の一柱である戎(恵比寿)神(えびす様)を祀る神社の祭礼である。

      西日本で一般的に行われる。商売繁盛を願って多くの人々が参拝し、縁起物を飾った笹や熊手を授かる。

      多くの神社では前日の宵戎(よいえびす)から翌日の残り福までの3日間行われるが、前々日の宵々戎から行う神社もある。

      大阪市浪速区にある今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)は、十日戎が一般的な西日本の中でも、最も賑わい、お賽銭に大金が飛び交うことで有名。

      毎年100万人以上の参拝者が訪れる。
      ♦因みに、記事の見出し写真は、大正時代 の、珍品希少 恵比寿大黒天 福箕一対 ざる一対 木製お面 七福神 十日えびす 十日戎 えべっさん 商売繁盛 縁起物 黒光最高のエイジングです。

      【今日1月10日は『十日戎の日』】の続きを読む


      天台宗。日本三庚申、京都三庚申。 粟田口庚申堂 尊勝院(東山区粟田口三条坊町) – 青蓮院門跡(天台宗)の院家。京都三庚申。 猿田彦神社 (京都市上京区)(上京区上御霊前町) 尭山山金輪院(小泉庚申堂)(大和郡山市小泉町) – 大和国の庚申信仰の本山、天台宗。 庚申堂(ならまち庚申堂、庚申さん)(奈良市西新屋町)
      16キロバイト (2,342 語) - 2021年7月27日 (火) 05:20


      庚申堂(こうしんどう)は、奈良市のならまちの中心にあり、「庚申さん」と呼ばれる。庚申信仰の奈良の拠点であり、青面金剛像を祭祀する祠であり、西新屋町の会所を兼用する。
      幕末か明治頃の堂建物がかつてあったが老朽化して、平成時代に建て替えられた。間口2間、奥行2間半、切妻造平入、本瓦葺で、敷地建ぺい率100パーセントで建つ。正面は全面格子戸で、8畳の座敷に須弥壇を置き、中央に青面金剛像、左右に吉祥天女像と地蔵菩薩像を祀る。
      また、青面金剛の使いの猿を型どったお守りは、魔除けとして、町内の家々の軒先に吊るされている。大きいのが大人、小さいのが子供とされ、家族構成に合わせて吊るされている。
      また、町内から転出した家族の分の猿は、庚申堂に預けられて、転出者と町との精神的な絆を保っている。町内の住民の災いを代わりに受けることから、「身代わり猿」と呼ばれ、また、帯の背中部分に願い事を書いて吊るせば願いが叶うとされ、「願い猿」とも呼ばれ、赤い小さい座布団の四隅を折り曲げて結びつけ、1つの間に丸い頭を付けたもので、手足をくくられた猿が頭を垂れて体を屈曲させた姿を表す形で、帯以外は大和小泉庚申堂や八坂庚申堂のくくり猿の形状と同様である。

      【1年間、身代わりになってくれた、お猿さんに感謝!『奈良 庚申さん』】の続きを読む


      難波八阪神社」は、2001(平成13)年に「無形民俗文化財」に指定された。
      スポーツ選手には勝負運UP、地元の人の間では受験や就職試験などの合格祈願でも知られている神社だ。

      戦争時に社殿は焼失。しかし、戦後に再建されたので建物は他と比べるとかなり綺麗で、それだけでもインスタ映えする。

      さらに境内には、高さが約12mもある巨大な「難波八坂神社の獅子」が! これが、売り物❣❣

      巨大な獅子とのツーショットは、インパクトも強く忘れられない思い出になること間違いなし!

      【1度見たら忘れられない!『大阪難波八坂神社』】の続きを読む

      このページのトップヘ