知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:趣味 > 寺・寺院

      明治紀念之標(めいじきねんのひょう)は1880年(明治13年)に建立された、石川県金沢市の兼六園内にある日本で最初の西洋式銅像。

      1877年(明治10年)の西南戦争戦没者の慰霊のために建設された。

      自然石を積み上げ、その上に九州熊襲を討伐したとされる日本武尊の像を置いている。

      石積の部分には「ナメクジ、蛇、ヒキガエル」の形の岩があり、三すくみが表現されている。

      一般的に屋外にある銅像には鳥が止まるイメージがあるが、金沢の兼六園(けんろくえん)には鳥が寄り付かない不思議な銅像がある。

      石川県金沢市にある日本庭園「兼六園」には、1877年(明治10年)に起きた西南戦争における石川県出身の戦没者約400名の慰霊のために建設された「明治紀念之標(めいじきねんのひょう)」という記念碑がある。

      中央には身長5.5mの日本武尊(やまとたけるのみこと)像があり、これは日本で最初の屋外人物の銅像とされている。この日本武尊像には「鳥が寄り付かない」という逸話があり、実際にハトなどの鳥は全く近付かない。
      これには科学的な理由が存在し、金沢大学教授の廣瀬幸雄(ひろせ ゆきお)の「ハトを寄せ付けない銅像の科学的研究」の結果、銅像には多くのヒ素が含まれていることが判明した。

      ヒ素とは、毒性が非常に強く、摂取すると死に至る場合もある危険な物質である。銅像が建立されたのは1880年(明治13年)のことであり、当時は加工技術がまだ発達していなかった。そこで、ヒ素などを混ぜ合わせ銅を溶けやすくして加工した。

      そのため、この像は一般的な銅像に比べて高い濃度のヒ素を含んでいる。このヒ素が銅と反応して電磁波が発生し、偶然にも鳥が寄り付かず、鳥のフンの被害も受けない銅像となった。

      ちなみに、上記のような研究を行った廣瀬教授は「鳥を寄せ付けない合金」も開発しており、2003年(平成15年)にはこの銅像の研究によりイグノーベル賞の化学賞を受賞した。
      👉1988年(昭和63年)の修復作業の折、銅像の成分を調べた結果、ヒ素が15パーセント含まれていることが判明しており、それが原因ではないかと推察している。

      ◆ヒ素の毒性
      単体ヒ素およびほとんどのヒ素化合物は、人体に対して非常に有害である。
      特に化合物は毒性の強い物が多い。また、単体ヒ素はかつては無毒もしくは弱毒とされていたが、現在ではかなりの猛毒であることが確認されている。

      ヒ素およびヒ素化合物は WHOの下部機関IARCより発癌性がある(Type1)と勧告されている(後述)。
      飲み込んだ際の急性症状は、消化管の刺激によって、吐き気、嘔吐、下痢、激しい腹痛などがみられ、ショック状態から死亡する。
      多量に摂取すると、嘔吐、腹痛、口渇、下痢、浮腫、充血、着色、角化などの症状を引き起こす。
      慢性症状は、剥離性の皮膚炎や過度の色素沈着、骨髄障害、末梢性神経炎、黄疸、腎不全など。

      【全く鳥が寄り付かない銅像の謎とは?】の続きを読む


      えびす講 (十日戎からのリダイレクト)
      えびす講(えびすこう)は、おもに10月20ないし11月20に催される祭礼または民間行事。十日えびすとして1月10や1月15とその前後などに行うこともある。秋季語。大鳥大社など日本各地鷲神社で行われる酉の市は由来が異なり全く関係がない。 神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、
      13キロバイト (1,899 語) - 2021年6月11日 (金) 17:25


      十日戎(とおかえびす)とは、七福神の一柱である戎(恵比寿)神(えびす様)を祀る神社の祭礼である。

      西日本で一般的に行われる。商売繁盛を願って多くの人々が参拝し、縁起物を飾った笹や熊手を授かる。

      多くの神社では前日の宵戎(よいえびす)から翌日の残り福までの3日間行われるが、前々日の宵々戎から行う神社もある。

      大阪市浪速区にある今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)は、十日戎が一般的な西日本の中でも、最も賑わい、お賽銭に大金が飛び交うことで有名。

      毎年100万人以上の参拝者が訪れる。
      ♦因みに、記事の見出し写真は、大正時代 の、珍品希少 恵比寿大黒天 福箕一対 ざる一対 木製お面 七福神 十日えびす 十日戎 えべっさん 商売繁盛 縁起物 黒光最高のエイジングです。

      【今日1月10日は『十日戎の日』】の続きを読む


      天台宗。日本三庚申、京都三庚申。 粟田口庚申堂 尊勝院(東山区粟田口三条坊町) – 青蓮院門跡(天台宗)の院家。京都三庚申。 猿田彦神社 (京都市上京区)(上京区上御霊前町) 尭山山金輪院(小泉庚申堂)(大和郡山市小泉町) – 大和国の庚申信仰の本山、天台宗。 庚申堂(ならまち庚申堂、庚申さん)(奈良市西新屋町)
      16キロバイト (2,342 語) - 2021年7月27日 (火) 05:20


      庚申堂(こうしんどう)は、奈良市のならまちの中心にあり、「庚申さん」と呼ばれる。庚申信仰の奈良の拠点であり、青面金剛像を祭祀する祠であり、西新屋町の会所を兼用する。
      幕末か明治頃の堂建物がかつてあったが老朽化して、平成時代に建て替えられた。間口2間、奥行2間半、切妻造平入、本瓦葺で、敷地建ぺい率100パーセントで建つ。正面は全面格子戸で、8畳の座敷に須弥壇を置き、中央に青面金剛像、左右に吉祥天女像と地蔵菩薩像を祀る。
      また、青面金剛の使いの猿を型どったお守りは、魔除けとして、町内の家々の軒先に吊るされている。大きいのが大人、小さいのが子供とされ、家族構成に合わせて吊るされている。
      また、町内から転出した家族の分の猿は、庚申堂に預けられて、転出者と町との精神的な絆を保っている。町内の住民の災いを代わりに受けることから、「身代わり猿」と呼ばれ、また、帯の背中部分に願い事を書いて吊るせば願いが叶うとされ、「願い猿」とも呼ばれ、赤い小さい座布団の四隅を折り曲げて結びつけ、1つの間に丸い頭を付けたもので、手足をくくられた猿が頭を垂れて体を屈曲させた姿を表す形で、帯以外は大和小泉庚申堂や八坂庚申堂のくくり猿の形状と同様である。

      【1年間、身代わりになってくれた、お猿さんに感謝!『奈良 庚申さん』】の続きを読む


      難波八阪神社」は、2001(平成13)年に「無形民俗文化財」に指定された。
      スポーツ選手には勝負運UP、地元の人の間では受験や就職試験などの合格祈願でも知られている神社だ。

      戦争時に社殿は焼失。しかし、戦後に再建されたので建物は他と比べるとかなり綺麗で、それだけでもインスタ映えする。

      さらに境内には、高さが約12mもある巨大な「難波八坂神社の獅子」が! これが、売り物❣❣

      巨大な獅子とのツーショットは、インパクトも強く忘れられない思い出になること間違いなし!

      【1度見たら忘れられない!『大阪難波八坂神社』】の続きを読む

      このページのトップヘ