知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:生活・日常 > 家族・兄弟・姉妹・友人・知人・恋人



      ♦「色っぽい」とはどういう意味?

      異性を惹きつける魅力があるさま
      「色っぽい」とは一般的に、異性を惹きつける魅力があるさまをいい、多くは女性に使われることが多い言葉です。
      似たような言葉に「セクシー」がありますが、これは体型など肉感的な部分に対して、性的魅力がある場合に使い、「色っぽい」は同じ性的魅力があるさまを言いますが、どちらかといえば、外見ではなく内から滲み出される性的魅力を指すことが多いようです。

      ♦「色っぽい」女性とはどんな人?

      すべてにおいて余裕があり、感情が安定している
      色っぽい女性は、気持ちや言動に余裕があります。
      感情に浮き沈みがないので、いつも落ち着いていて、大人の魅力を感じさせてくれます。
      急に不機嫌になったり、すぐに泣き出してしまったりといった幼さを感じさせる行動もありません。

      ♦色っぽい女性は、丁寧に生きている女性が多いよう。

      日々の何気ないことに手間や時間をかけ、ありきたりとも思える日常に向き合いながら、自分なりの心地よさを見つけることができる人です。
      自分を喜ばせてあげる生活や生き方をできるだけ優先しているので、心がいつも和やか。
      自分を大切にできる人は周りの人も大切にでき、落ち着きや大人な魅力を感じさせてくれるものです。

      ♦色っぽい人は生き方だけでなく、言葉遣いも丁寧です。

      流行りの若者言葉や略語をやたら使うことはなく、TPOに合わせて正しい日本語を使いこなします。
      敬語の使い方などもしっかり学んでいるので、相手を不快な思いにさせることもありません。

      ♦色っぽい人は所作が美しいと言われます。

      仕草や動きに慌ただしさがなく、ひとつひとつの動きが指先にまで意識が向いています。
      例えば、カップを置くときに音を立てない、食べ物を口に運ぶときは片手を添える、誰かにものを手渡すときは両手を使うなど、ちょっとしたことも丁寧に意識しているのが特徴です。
      大きな音を立てて置いたり、急いでものを投げたりといったことはしません。

      ♦色っぽい人は、正しいマナーが身についています。

      そのため、TPOに合わせ丁寧な振る舞いをすることができます。
      大人として恥ずかしい行動や、一般的な常識がないような言葉を発するといったことはしません。





      【男性が「色っぽい」と感じる瞬間は?】の続きを読む


      👉女性にとっては必見情報です!
      🤔少し変な愛情表現かもしれません。

      今回は男性が心を開いた人にする変な愛情表現を紹介します。

      大切パートナーの行動がたとえ変に思えてもしっかりその行動理由を理解してより絆を深めると良いと思います。

      【女扱いされていない?】

      あなたはパートナーに対して「昔はとても大切にしてくれていたのに最近は大切にされていない気がしてイライラする」などと思ったことはあるだろうか?

      そう思うと「女扱いされていないのでは?」と不安になってしまうかもしれません。

      しかしそれはポジティブに捉えるならば、それだけ一緒にいる時間が積み重ねられてパートナーが素の自分を出せているということです。

      すなわち心の距離が縮まっている証拠とも言えます。

      そして、そんな自然体の姿になった男性がする変な愛情表現があります。

      その中で代表的なものを5つ紹介します。

      1.呼び方の変化

      具体的には「~ちゃん」などから「おい、~」などのように呼び捨てとなったり、変なあだ名で弄ってきたりなどです。

      呼ばれる方は傷ついてしまうかもしれないが、これは小学生の男子が好きな女子にほど「ブス!」などと言ってちょっかいを出しがちな事と一緒です。

      いくつになっても男という者の精神構造は変わらないというわけですね。

      2.体をつまんだり、だらしなかったり…

      2つ目はお相手の二の腕やお腹などを勝手につまむ行為です。

      二の腕やお腹を触られるのは気になる女性にとってコンプレックスを刺激されたみたいで嫌になるかもしれません。

      だが、これは男性なりの愛情や親近感の表れであり、好んでいるスキンシップだと言われています。

      3.室内の服装

      3つ目は室内での服装です。

      夏場の風呂上りなどで全く恥じらいの無いような格好をされてデリカシーが無いと感じることもあるのではないでしょうか?

      しかし、こちらも決して男性は悪気があるわけではありません。
      なぜなら、お相手のことを家族のように思っているからです。

      ただし、不思議なことに女性に同じことをされるのは嫌だと思う男性は多いと言われています。

      4.料理のリアクション

      4つ目は料理に対するリアクションです。

      昔は何でも「美味しい」と言ってくれていましたが、最近は勝手に調味料を加えられたりして残念な気持ちになったという女性は多いのではないでしょうか?

      だが、「不味い!」とはっきり言われるよりは良いのではないでしょうか?

      また、無言で調味料を加えられたら確かに残念な気持ちになりますが、許可を取ってから加えるのは2人の距離が縮まっているからこそである。

      是非、めげずに味付けを工夫してみると良いと思います。

      5.口喧嘩が途中で強制終了
      ラスト5つ目は口喧嘩です。

      男性と口喧嘩になった時、突然黙ったりその場からいなくなったりなどして口喧嘩が途中で強制終了することは無いでしょうか?

      実はこの行動は「怒りが暴発しないための自己防衛手段」の1つなのです。

      つまり、これからもうまくやっていこうと思っているからこその行動ということになります。

      一見、イライラさせる行動のように見えてもそこにはちゃんと相手を大切にしようとする気持ちが備わっています。

      もちろん嫌だと思う行動に対しては、
      「やめてほしい」とはっきりと伝えるべきだと思います。

      しかし、こうした変だと思う愛情表現をきちんと理解することでより絆が深まっていくのではないかと思います。




      【知ってた?男性がする変な愛情表現って!】の続きを読む


      🤔仲良し長続きしない…その原因は自分にあるかも!?
      「何で?付き合っても毎回長続きしないんだー!」と悔しんだり悲しんだりしている人は、実はあなた自身に原因があるかもしれません。

      「付き合っているんだから、こっちにも知る権利があるでしょ」と、相手のプライバシーにまで首を突っ込んでいませんでしたか?

      会う度に「なんかつまんないなぁ」「どうせ私(俺)なんて…」とネガティブな発言ばかり投げかけていませんでしたか?

      相手ばかりが悪いと思っているならば、少しだけ自分自身にも非がなかったか考えてみるといいかもしれません。


      【仲良しカップルが不仲に!共通する【ある特徴】とは?】の続きを読む

      》》》好きなだけでも続くのが恋愛》

      》好きなだけでは続かないのが結婚》》》

      ☆初めて出会ったのにそんな気がしなくて

      ☆自分らしくいられて

      ☆そばにいるだけで安心して

      ☆喜ぶ顔を見るのが嬉しくて

      ☆あなたと過ごした時間はかけがえのないもので

      ☆なかなか言葉では伝えられなくて

      ☆どんな気持ちなのか

      ☆考えるたびに不安になって

      ☆会えばすぐに忘れて

      ✡何もない日だってあなたと話せれば楽しくて

      ✡何もない空さえあなたを想えば輝いて見える

      ✡あなたが笑えばあなたより笑い

      ✡あなたが悲しければあなたより悲しくなり

      ✡自分より大切な人がいることが

      ✡どんなに幸せなのか

      ✡自分の目の前からいなくなるのが

      ✡どんなに怖いかを知った

      ✪もっと一緒にいたい

      ✪もっと同じときを過ごしたい

      ♥本当に出会えてよかった

      ✨あなたは運命の人



      【あなたは『運命の人』に出逢えましたか?】の続きを読む


      ◇大人になり親元を離れ、日々忙しい生活の中で、ふとした瞬間に親のありがたみや偉大さに気付き「なにか恩返しをしたい」という気持ちになることがあります。
      しかし、そんな想いを抱きながらも何をすればよいのかピンとこないまま、月日だけが過ぎてしまう、そんな経験はありませんか? 
      ◇親孝行をするべきタイミングとは?
      親孝行するべきベストなタイミングは、一体いつなのでしょうか。
       就職を機に今まで暮らしてきた実家を出て、親元を離れる10代後半~20代。
      新生活の中で、日々の家事や仕事に追われると、今までいかに親に頼っていたか、お世話になっていたかがわかり、そのありがたみに気付くものです。 
      30代になり家庭を持ち自分が親になると、今度は親の気持ちがわかるようになります。
      子どもが生まれると、なんでも子どもが1番。
      自分より子どもの幸せを優先する生活の中で「自分の親はこんな気持ちだったのか」と感慨を覚えることもあるでしょう。
      日々の暮らしの中で、ふと両親のことを想う、そんな時が親孝行のタイミングではないでしょうか。
      あなたが親を気にしている以上に、親はあなたのことを気にかけているはずです。 
      一方で、しようと思っていてもできないのが親孝行。
      そのうち、時間があるときに、と思って後回しになっていませんか。
      しかし、親孝行はいつでもできるものではありません。親には親の人生があり、タイムリミットがあります。
      いつまでも元気でいてほしいものですが、歳をとると病気などで外出が困難になることも考えられます。
      特に、旅行や食事は元気なうちに誘いたいものです。 
      両親への感謝の気持ちをあらわしたいと思える時には、両親と過ごせる残された時間は少ないもの。 
      古くからのことわざにも、次のように説かれています。 「孝行のしたい時に親はなし」 これは大人になって親の大切さに気付き、孝行したいと思ったときにはもう親はこの世にいないという意味のことわざ。
      後悔のないように、若いころから親孝行しておきなさいという教訓です。
       もう1つ、 「石に布団は着せられず」 ということわざもあります。
      石とは墓石のこと、墓石に布団をかけても意味がない、両親が生きているうちに孝行をしなさいという意味です。
       ご紹介した2つのことわざは、どちらも「親孝行したいときには親はいないもの、手遅れになる前に親孝行をしなさい」という意味です。
      このように昔の人も、親孝行がしたくてもできず、悔しい思いをした人がたくさんいるのですね。
       就職や結婚をすると毎日忙しく、両親への感謝の気持ちを行動に移すのタイミングを見失いがちですが、実はその時間は限られているのです。
      親孝行はできる時にするのがよい、そしてあなたがこの記事を読まれたということは ↓↓↓↓
      まさに《今がタイミング》なのです。


      【『親孝行ランキング泣ける1位は?』】の続きを読む

      このページのトップヘ