知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:ニュース > 政治・経済・社会


      姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市にある日本城。江戸時代初期に建てられた天守や櫓等主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されている。また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として国特別史跡に指定されている。また、ユネスコ世界遺産リストにも登録され、日本100名城などに選定されてい
      240キロバイト (36,532 語) - 2022年3月31日 (木) 12:30


      ⬛1333年に赤松則村(のりむら)が砦(とりで)を築いたことが起源とされる姫路城は48人が城主を務め、1869年に国有化された。
      1931年には天守閣が国宝に指定され、93年には法隆寺(奈良県)とともに、日本初の世界文化遺産となった。
      市はふるさと納税の体験型返礼品として、日本の宝に新たな「お殿様」を迎え入れる計画を立てた。
      2021年12月、3000万円以上の寄付者を49代目の新城主としてもてなすプランを発表した。


      【世界文化遺産の姫路城で今春、153年ぶりに「新城主」が迎え入れられた。】の続きを読む





      【西武鉄道・黄色い電車に終了宣告!】の続きを読む



      NHK受信料》》》》》》賛否両論

      テレビ放送をめぐる環境は、インターネットの普及によって、大きな変化が起きている。NHKプラスTVerといった、放送番組のネット同時配信やアーカイブ配信も普及してきた。

      今後、若い人たちを中心に、テレビ受信機で放送番組を見ない人が増える可能性も高く、テレビを置く人に受信契約を義務付けているNHKの受信料をどうするのか、ということも論点になりそうだ。

      自宅にテレビを置いていても、「ほとんど見ないから払わない」という主張もかねてからあるが、現状の受信料制度のもとで、受信料を支払わなかったらどうなるのだろうか。あらためてまとめてみた。

      最高裁判決で受信料制度は合憲に

      NHKのホームページによると、2020年度末時点で、テレビ普及世帯が4650万件、受信契約対象世帯数(テレビ普及世帯数からテレビ故障等世帯数を引いた数)が4610万件、世帯契約数(受信契約数から事業所契約数を差し引いたもの)が3811万件、世帯支払数が3703万件となっている。

      これらのデータからNHKが推計した世帯支払率は、世帯支払数÷受信契約対象世帯数より、80.3%だった。すなわち、テレビを所有している世帯の約2割が、未契約も含めて、受信料を支払っていないということになる。受信契約対象であるにもかかわらず契約をしていない世帯は799万件にのぼる。

      NHKの受信契約は、放送法64条1項によって義務付けられている。2017年テレビを置く人に受信契約を義務付けた放送法の規定は合憲であると最高裁で判断されている。

      また、過去の判例では、ワンセグ放送を受信できるカーナビ携帯電話についても「協会の放送を受信することのできる受信設備」に当たるとされ、すでに世帯契約をしている場合を除き、受信契約の対象となっている。

      NHKがうつらないテレビを所有していたとしても、契約義務があるとする最高裁判決が2021年に出されている。

      ●支払督促申立ては11,534件

      では、契約義務がある、ということで、NHK側が契約を申し込んだ時点で自動的に受信契約が成立するかというと、そうではない。

      テレビを持っているのに契約を拒む人に対しては、NHKが個別に裁判を起こし、裁判所が契約の承諾を命じる必要がある。また、受信料を払っていなかった場合でも、罰則は科されない。

      契約しているにもかかわらず、受信料を滞納していた場合は、 NHKが支払い督促を申し立てると、裁判所から滞納者に督促状が届く。滞納者が2週間以内に異議申し立てをしなければ、裁判所による賃金などの差し押さえが可能となる。異議申し立てを行えば、通常の民事訴訟に移行する。

      NHKは、滞納者に対してはまずは訪問や文書によって支払いを促し、支払い督促は「最後の手段」だとしているが、2022年3月末時点での支払督促申立て総件数は11,534件にのぼっている。

      ●「ネット受信料」に総務省は否定的

      ネット配信なども広まっていく中で、受信契約のあり方はどう変わっていくのだろうか。

      NHKは、テレビを持っていない人や日常的に使用していない約3000人を対象に、専用のアプリやサイトを通じてサービスを提供する実証実験を4月22日から始めている。

      この取り組みに関連して、4月8日の総務大臣会見で、記者から「ネット受信料徴収につながるのではないか」という質問が出た。

      これに対して、金子総務相は「幅広く国民・視聴者の皆様からの御理解を得る必要があり、総務省としては、テレビを設置していない方を新たに受信料の対象とすることは、現時点で考えておりません」とコメントしている。

      確かに、ネット受信料を徴収するとなると、大きな反発が出るのは間違いない。一方で、既存のテレビ放送を想定した受信料制度だと、視聴環境の変化とのズレが生じる可能性もある。最高裁判決で受信料の制度が合憲となったとはいえ、環境変化に対する受信料の「あるべき姿」にたどり着くのは簡単ではないだろう。

      NHK受信料、払わなかったらどうなる? 突っぱね続けたら何が届く?


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【NHK受信料、払わなかったらどうなる? 】の続きを読む

      👉スズタケ(篠竹)はイネ科の竹笹類で、太平洋側のブナ林など、山地の林下に群生します。

      昔は丹沢山地を覆い尽くすほど繁茂していましたが、最近はブナ林の乾燥化が進み、一部の地域では衰退しています。

      日本海側に多いチシマザサ(ネマガリタケ)の筍(たけのこ)は有名ですが、スズタケの筍も食べられます。

      登山道脇の筍を手で引き抜き、根元から順に皮をむいてから塩を加えて茹(ゆ)でます。

      鉛筆ほどの筍も、皮をむくと小さくなってしまいますが、タケノコ御飯や味噌汁の具には使えます。


      👉秋田市の一つ森公園で、ササの一種「スズタケ」が花を咲かせている。スズタケの開花は120年に1度とされ、秋田県立大の蒔田明史教授(森林生態学)は「非常に珍しい現象」と話している。
      4月下旬頃、公園での散歩が日課の同市の夫婦が、スズタケに黒っぽい穂がついていることに気づき、知人を通して蒔田教授に連絡した。
      今月5日頃から咲き始めたといい、妻は「見たことのない光景だと思ったけれど、120年ぶりの現象とは思わなかった。
      貴重な花に出会えてうれしい」と話す。
      ササは一生の終わりに一度だけ花を咲かせるという。
      40年以上ササの観察を続けている蒔田教授は「スズタケは主に太平洋側に自生するササで、公園には別の場所から移植されたのだと思う。
      県内でスズタケの開花がみられるのは初めてでは」と話している。




      【120年ぶり?『秋田市スズタケ開花』】の続きを読む


      👉移動型店舗の愛称は「移動店舗 りそな号」。
      TV窓口やタブレット端末を用い、有人店舗と同様のサービスを提供。
      個人の新規口座開設から住宅ローンや資産の承継に関する幅広い相談に対応する。
      同社によると、ATMと相談窓口を備えた移動型店舗はメガバンクでは初といい、東京23区内のUR賃貸住宅や大阪のベッドタウンで営業を開始する。
       出店場所は、品川八潮パークタウン潮路南第一ハイツ団地内(東京都品川区)、王子五丁目団地内(東京都北区)、いかり王子店駐車場(大阪府吹田市)、イオンタウン豊中緑丘駐車場(大阪府豊中市)の4つ。
       営業時間は、平日の午前10時~午後4時で、相談窓口は専用Webサイトからの予約優先制となる。ATMでは入出金(紙幣のみ)、振込、振替を可能とし、窓口ではローン・資産運用の相談、新規口座開設、住所変更などの各種諸届に対応する。



      【『りそなBK、移動型店舗公開』】の続きを読む

      このページのトップヘ