知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:生活・日常 > ファッション

      👉ザラ (ZARA)は、インディテックスが展開するスペインのファッションチェーン。

      全世界に2,040を超える店舗を展開している。

      ガリシア語とスペイン語ではサラ ['θaɾa] と濁らずに読む。

      ブラック夏は黒Tが着たい!
      日中の気温も上がり、そろそろTシャツ一枚でも過ごせる季節となりました。
      その中でも「無地の黒T」は鉄板ですよね。とにかく万能で一人一着というほど人気アイテムです。



      【『ZARA』の夏のブラックコーデ】の続きを読む


      〈uncrave(アンクレイヴ)〉は、2020年にデビューし、たちまち人気となったECブランド。
      crave=“むやみに求める”、“切望する”に、否定の意味の接頭詞であるunを付けたのがブランドの由来。

      「uncrave=“むやみに欲しがらない”大人が、これさえあればいいと思える服を」がコンセプト。

      人気エディター・東原妙子さんがディレクターを務め、着回しやすいベーシックさに、今どきの程良いカジュアル感、リアルなお値ごろ感がおしゃれプロを中心に支持を集めています。

      老舗アパレル・オンワード樫山が手掛けるブランドならではの上質な素材選びと本格的なテーラリングに定評があり、働くOggi世代のきれいめワードローブに欠かせない存在。


      【きれいなお姉さん、最愛の日常服『アンクレイヴ』】の続きを読む


      2022年春服のムードは、コロナが落ち着き日常が戻りつつあることへの喜びをイメージしたものに。
      ポップで活気のあるカラーリングやスタイリング、大胆かつヘルシーな肌見せアイテムなどがトレンド入りの予感。
      身も心も軽くなり、服選びも楽しくなる春の最新トレンド&最旬コーデをチェックして。
      👉COLORは?
      「カナリアイエロー」
      「コットンキャンディブルー」
      「パウダーピンク」
      「パステルカラー」
      が、2022年最有力トレンドカラー。
      【記事見出し写真参照】



      【『2022年春のトレンドアイテムは?』】の続きを読む


      ♦年齢が上がるとともに、「もうそろそろヤバい?」「いや、まだまだ大丈夫なはず」と、自問自答しながらはくことも多いミニスカート。
      実際のところ、ミニスカートをはいて違和感がないのって何歳くらいまでなのでしょうか? 
      今回は男性が思う、「ミニスカートをはいてOKな年齢」の境界線を調査してみました。

      Q.あなたは、女性がミニスカートをはいてOKなのは何歳までだと思いますか?

      ●第1位/「30歳」……23.5%
      ○第2位/「何歳でもOK」……20.6%
      ●第3位/「25歳」……9.8%
      ○第4位/「29歳」……7.8%
      ●第5位/「35歳」……5.9%
      ○第5位/「40歳」……5.9%
      ●第7位/「22歳」……4.9%
      ○第7位/「28歳」……4.9%
      ※第9位以下は略。

      男性が思う、ミニスカートをはいてOKな境界線は「30歳まで」が1位という結果に。
      これは妥当なのか、そうでないのか。
      それぞれその年齢を選んだ理由を聞いてみましょう。


      第1位/「30歳」
      ・「年齢が上がってくると、いかにも寒そうに見えてしまいます」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

      ・「それより上だと正直、痛々しく見える」(25歳/農林・水産/技術職)

      第2位/「何歳でもOK」
      ・「別におしゃれは年を問わないと思うので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

      ・「似合う・似合わないだから、年齢は関係ない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

      第3位/「25歳」
      ・「25歳からは大人のファッション(ナチュラルビューティーとか)に変化してほしい。色気は内側から出る、みたいな」(35歳/機械・精密機器/営業職)

      第4位/「29歳」
      ・「ミニスカートが似合う年齢の限界だから」(35歳/運輸・倉庫/その他)

      ・「ギリギリライン」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

      ✔ミニスカートはやはり20代女性のもの……という男性も。20代と30代の壁はけっこう厚いのかも!?

      ❖まとめ
      ミニスカートをはくとき、そろそろ卒業かなと迷うことも多いですよね。
      ただおしゃれは自由に楽しんでいいもの。
      男性の意見を参考にしつつ、上手にミニスカートが取り入れられるといいですよね。




      【年齢って?『ミニ・スカート』】の続きを読む


      和服 (カテゴリ 出典を必要とする記述ある記事/2014年8月)
      和服(わふく)とは、日本在来服のことで、近年では日本における民族ともされる。着物(きもの)ともいう。洋服の対義語としても用いられる。 「和服」という用語 '和服'は、文字通り「和」」、すなわち日本衣服という意味である。この言葉は明治時代に、西洋衣服すなわち「洋服」に対して「従来の日衣服」を表す語として生まれたレトロニムである。
      87キロバイト (14,156 語) - 2021年11月16日 (火) 05:57


      岡山県岡山市北区に本社事務所を置き、日本を代表するユニフォームアパレルメーカーである株式会社トンボが制定。

      今日11月29日は「いい(11)ふく(29)」(いい服)と読む語呂合わせから。

      この日は「良い服」とは何かを問い、「良い服」を作るために必要なことは何かを考える日。

      記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

      因みに、関連する記念日として、2月9日は「ふ(2)く(9)」(服)と読む語呂合わせで「服の日」、11月12日は全日本洋服協同組合連合会が制定した「洋服記念日」となっている。

      【今日11月29日は『いい服の日』】の続きを読む

      このページのトップヘ