知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:グルメ > 飲食店・レストラン・喫茶店

      👉元来イタリアのミラノで親しまれてきたという「ミラノ風カツレツ」を日本のごはんに合うように松屋流にアレンジ。

       薄く均一にたたいて伸ばした豚ロースに細かくサラサラなパン粉をまぶし、鉄板でジューシーに焼き上げてサクサク食感に。

      ■松屋によると『焼きかつ』は、イタリア・ミラノで親しまれている「ミラノ風カツレツ」を松屋流にアレンジした商品だとのこと。
      👉焼きかつ定食
      薄く均一にたたいて伸ばした豚ロースに細かくサラサラなパン粉をまぶし、鉄板でジューシーに焼き上げた新商品!



      【松屋の完全新作「焼きかつ」登場!】の続きを読む


      今日のお昼はすき家に決めた🤗

      【『すき家』本日発売のチキン丼って?】の続きを読む


      喫茶店(きっさてん)とは、コーヒーや紅茶など飲み物、菓子・果物・軽食を客に供する飲食店のこと。 日本では、フランスカフェを意識した店舗などを中心に「カフェ」と呼ばれることも多い。もともと日本で茶を出す店は「茶店(ちゃみせ)」「茶屋(ちゃや)」などと呼んでいた。和風茶房(さぼう)や茶寮(さりょう)という呼び方もある。
      20キロバイト (2,674 語) - 2022年4月11日 (月) 14:40


      1888年(明治21年)4月13日、東京・上野(下谷上野西黒門町)に日本初の本格的なコーヒー喫茶店「可否茶館(かひいさかん)」が開店した。

      1階がビリヤード場、2階が喫茶室の2階建ての洋館で、1階ではビリヤードの他、トランプや囲碁、将棋などをすることができた。

      珈琲(コーヒー)は、明治の文明開化に花を添えるハイカラな飲み物として、特権階級の人々の間で人気があった。

      「可否茶館」での値段は、もりそば1杯1銭の時代にコーヒーが1銭5厘、牛乳入りコーヒーが2銭だった。

      また、席料が1銭5厘もした。値段が高すぎたこともあり「可否茶館」は、3年もたずに閉店してしまった。

      その後、1910年代の明治時代末から大正時代にかけて「カフェー」と呼ばれる喫茶店が全国的に普及し、日本において喫茶店ブームとなった。

      1950年代後半には音楽も楽しむことができる「ジャズ喫茶」「歌声喫茶」「名曲喫茶」などが流行した。

      このような喫茶店が登場・浸透した理由に、当時はレコードが高価で個人では購入が難しかったことが挙げられる。

      1960年代から1970年代には、酒類を扱わない、純粋な喫茶店である「純喫茶」が流行した。

      「純喫茶」は、酒類を扱い、女給(ホステス)による接客を伴う「特殊喫茶」に対する呼び名である。

      店主自らがコーヒーを淹れるようなこだわりがある喫茶店が増えたのはこの頃からである。

      【今日4月13日は『喫茶店の日』】の続きを読む

      大戸屋のお手本は、『日本の食卓ごはん』
      株式会社大戸屋ホールディングス(おおとやホールディングス、英: OOTOYA Holdings Co., Ltd.)は、株式会社大戸屋および海外で飲食店事業を行う他の事業会社の運営を行う持株会社。また、株式会社大戸屋は、和食を中心とする外食チェーンストアを運営する企業である。家庭料理を意識した和定食
      23キロバイト (2,795 語) - 2021年11月13日 (土) 06:25



      今回の半額クーポンは、これを記念したもの。 

      全国の大戸屋で利用できます。

      大戸屋で販売されている定食が、価格帯に関係なく全品通常価格から半額で食べられます。

        ちゃんと、すこやか。
           大戸屋


      【1月8日は全品半額!『大戸屋』】の続きを読む


      いきなり!ステーキは、日本の外食産業企業ペッパーフードサービスが運営する、ステーキ専門の飲食店チェーン。 店舗のロゴは「いきなり🚀ステーキ」のように、感嘆符の部分がロケットの絵になっている。ただし、レシート等では「いきなりステーキ」と表記されている。 主に低価格であると標榜するステーキ
      17キロバイト (2,564 語) - 2021年6月2日 (水) 22:56


      【いきなりステーキ】社長直伝の肉カット術が物議「300gが350gになっても切り落とさないで」という方針。
      コロナ禍には、勝てなかったか?今の時期、外食産業の苦戦劇はあちこちで目立つ。今後【いきなり!ステーキ】の、残された店舗で巻き返しなるか?!

      【【大胆な決断】『いきなりステーキ」】の続きを読む

      このページのトップヘ