知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:グルメ > 洋食・和食


      今夜の味噌汁の具は?

      冷蔵庫とかにある野菜や具材を使うパターンや、メイン料理に合わせる事が多い中、皆さんは?

      【今夜の味噌汁の具は何にしょうかな?】の続きを読む


      🤔メンチカツについて

      メンチカツ(英語:Menchi katsu)は、洋食の一つで、日本発祥の料理である。

      明治時代に東京・浅草の洋食店が「ミンスミートカツレツ」(minced meat cutlet)として販売したのが起源とされている。

      「minced meat」は「挽き肉」、「cutlet」は仔牛・羊・豚の骨付き背肉を意味するフランス語の「cotelette」(コートレット)が語源で、「ミンスミートカツレツ」は和製英語とされる。俗説として、この「ミンスミートカツレツ」が省略・転訛されて「メンチカツ」になったとされるが、根拠となる文献などは存在しない。

      関東から関西に伝わった料理とされており、昭和初期に兵庫県神戸市湊川の純神戸肉三ッ輪屋精肉店(明治34年創業、現:三ツ輪屋総本店)の二代目・水野三次氏が、東京の洋食店の「メンチボール」(ミートボールのこと)をヒントに「メンチカツ」または「ミンチカツ」と命名したという説がある。

      ☺️てなことで、今夜のおかずはメンチカツ!

      今日Twitterにコメントされた方々はどんなメンチカツ?


      【今夜は『メンチカツ』に決めた!】の続きを読む

      ♦外はサクサク、中はふわふわしっとりとした食感の「アジフライ」食べたい!
      独特のとんかつソースをかけて箸で食べさせるというスタイルは、もはや和食と呼んでも過言ではない。 フライ - 調理法はカツとおなじだが、素材が魚介類の場合はフライと呼ぶ。カキフライ・エビフライアジフライのほか、ホタテ・イカ・鮭・白身魚などが素材に使われる。とんかつ専門店でもよく扱われる。 ステーキ
      19キロバイト (2,819 語) - 2022年2月4日 (金) 05:52


      アジフライ定食のアジの身は、とにかくふわっふわ。
      独特のふわふわ感を出すには、揚げる油の温度を160℃くらいのやや低めに設定するのがポイント!
      低温で4~5分、じっくり時間をかけて火を通すことにより、お店のような食感が再現できるとか!
      さて、アジフライを今夜おかずにする人のTwitterへのコメントは?

      【今夜は『夕食アジフライ』に決めた!】の続きを読む



      野菜たっぷり和風スープ 作り方・レシピ | クラシル
      https://www.kurashiru.com/recipes/b7808d5a-9d61-4ed1-8823-5ff87e757a46


      ◇人生は野菜スープ
      今夜の具は何にしますか?
      Twitterに投稿された方々の具材を探ってみますか?👀

      【今夜は『野菜スープ』に決まり!でも具は?】の続きを読む


      美肌の湯とも呼称される嬉野温泉は、飲用にも適しており、中でも温泉を使って炊いているという温泉湯豆腐嬉野を代表する名物である。また嬉野市においては「湯どうふ」と表記されており、「嬉野温泉湯どうふ」の名称は嬉野市により商標登録されている。
      7キロバイト (945 語) - 2021年12月23日 (木) 03:03



      美人温泉とうふ/嬉野温泉湯豆腐 - 嬉しや 代表・奥野恵美からのメッセージ | Facebook
      https://www.facebook.com/onsentoufu/videos/%E5%AC%89%E3%81%97%E3%82%84-%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E5%A5%A5%E9%87%8E%E6%81%B5%E7%BE%8E%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%99/438598316291213/


      ◇嬉野温泉
      佐賀県の名湯・嬉野温泉に江戸時代から伝わる名物グルメ「温泉湯豆腐」をご存知ですか?
      白く濁った豆乳のようなスープは、大豆の香りがたっぷり!日本三大美肌の湯としても知られる温泉を体の中から味わえるとっておきの郷土料理です。
      日本三大美肌の湯としても知られる佐賀県の名湯「嬉野温泉」では、江戸時代からこの「温泉湯豆腐」が名物として愛されています。
      調理用の温泉水で湯豆腐をつくると、豆腐の成分が溶け出し、スープが白濁してやわらかい食感に変わる何とも不思議なご当地グルメ!
      嬉野温泉の温泉街でも、「温泉湯豆腐」が食べられます。



      【【ソウルフード】『嬉野温泉・湯豆腐』】の続きを読む

      このページのトップヘ