知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:グルメ > アジアン・エスニック料理・韓国料理・無国籍料理

      ハングル: 불고기
      発音: プルゴギ
      漢字: 火肉 

      プルコギ、またはプルゴキは、朝鮮半島の代表的な肉料理の一つ。醤油ベースで甘口の下味をつけた薄切りの牛肉を、野菜や春雨と共に焼く、あるいは煮る、朝鮮戦争最中に庶民の間で生まれた料理である。 「」の意味だが、朝鮮語では、通常、平音がㄹ(=l)のプル」(불)は「火」、「コギ」(고기)は「肉あとで有声化して濁るので、プルゴギ
      8キロバイト (1,083 語) - 2022年7月9日 (土) 07:49


      プルコギ、またはプルゴキは、朝鮮半島の代表的な肉料理の一つ。
      醤油ベースで甘口の下味をつけた薄切りの牛肉を、野菜や春雨と共に焼く、あるいは煮る、朝鮮戦争最中に庶民の間で生まれた料理。
      甘辛い味付けで、ごはんとの相性が最高のおかずです。
      サンチュを巻いても美味しい!
      にんじんやピーマンなどを加えると、彩が鮮やかになります。
      ♦因みに、肉は主に牛ロースやヒレなど赤身が使われますが、豚肉を使えばテジプルコギ(돼지불고기)となります。


      【今夜は『プルコギ』に決めた!】の続きを読む

      👉ナン(饢、ペルシア語、ウルドゥー語、ウイグル語 نان nān ナーン、ヒンドゥスターニー語 nān / नान / نان ナーン、タミル語 நான் nān、英語 naan/nan ナーン/ナン)

      発酵後窯焼きされるフラットブレッドで、西アジア、南アジア、中央アジア、東南アジアの一部やカリブ海地域の料理でしばしば供される。

      日本のインド料理店ではカレーとナンのセットが定番となっている。
      しかし、日本のような大きいナンは本場インドにはほとんどない。
      インド人も日本のナンは大きすぎると指摘するほどで、インドのナンはもっと小さい。
      日本のナンが大きくなったのには、インド料理店同士の熾烈な争いの歴史があった。
      1968年(昭和43年)に本格北インド料理店「アショカ」が日本で初めてナンを提供したとされる。
      1980年代後半、インド料理店が日本で激増した。その時、他店との差別化を図るためにある店が少し大きめのナンを提供した。
      すると、その噂を聞きつけた他のインド料理店も同様にナンを巨大化させた。
      インド料理店同士の激しい競争の中で、日本のナンはどんどん大きくなっていった。

      しかし、当時ほとんどの店ではナンを焼くのにインド製の土釜「タンドール」を使用していた。
      このタンドールは中に大量の炭を入れるため、ナンを焼く面積が狭く、次第にナンの大きさも頭打ちになった。

      👉そこに、ナンを巨大化させるきっかけとなった日本製のタンドールが登場した。
      この日本製のタンドールは炭ではなくガスを使用したもので、従来の炭を使用するタンドールに比べて内部の面積が広く使えるようになった。
      これによりどの店でも大きいナンを焼けるようになり、日本のナンは大きいものが主流となった。

      🤔タンドールって?
      北インドからアフガニスタンにかけての地域で使われる、甕を伏せたような形の粘土製の壷窯型オーブン。
      炭または薪を窯の底で燃やして加熱し、480 ℃近い高温を維持するために入り口が狭く、通常は火を長時間炊きっぱなしにする。
      大きさは家庭用の小さなものから、人間の背丈より深い業務用の大きなものまで様々である。 



      【日本のインド料理店のナンが大きいのは何故?】の続きを読む


      ビビンバとカレーは何故か突然食べたくなる!
      あっ!正式な名前は「비빔밥(ピビムパプ)」
      ビビンバは、韓国語のハングル文字で正式名称を表すと『비빔밥』といった表記になります。 
      〔비빔〕が“混ぜ”という意味を持ち(〔비비다〕=“混ぜる”の名詞形)「ピビン」と発音します。
      今夜は、石焼きで!
      食べたいな😁



      【今夜は『ビビンバ』に決めた!】の続きを読む

      👉ベトナム風サンドイッチ

      レモングラスやヌックマムでマリネして焼いた芳ばしい豚肉に、さっぱりとしたナマスの食感も嬉しいバインミー。

      柔らかめのバゲットを使って、軽くトーストして具をサンドするのがお勧めです。

      ベトナム屋台飯の定番、ベトナム風サンドイッチ「バインミー」を作りませんか? 

      中に挟む具はいろいろありますが、今回はレモングラスの香りを移した豚肉を使用したレシピをご紹介します。

      ベトナムナマスをたっぷり挟んで、がぶっとかじり付いてくださいね😁

      【材料】4人分 ※1C=240CC
      豚肉ブロック(肩ロース) 900g・・・厚さ6mm、幅6cm位にカットしておく
      ソフト・バゲット 4~6本・・・20cm位のもの。横に切り込みを入れておく
      パクチー 1/2束分
      赤唐辛子 5本・・・薄い輪切り
      ベトナムナマス(大根と人参) 適宜
      マヨネーズ

      ☆マリネ用☆
      レモングラス 1/2C・・・みじん切り
      砂糖 1/2C
      ヌックマム/ナンプラー 大さじ3
      ブラックペッパーパウダー 大さじ1と1/2
      スプリング・オニオン(ホムデン) 5個・・・皮を剥きみじん切り
      ニンニク 3片・・・皮を剥きみじん切り
      焙煎ゴマ油 大さじ2
      ピーナッツオイル/植物油 大さじ2
      スイート・ソイ・ソース 大さじ2

      【作り方】
      1 ボウルに豚肉を入れ、マリネ用材料を全て入れ揉み込み、マリネする。※最低1,2時間。一晩おいてもよい。
      2 グリルパンを熱し、1の豚肉を両面しっかり焼く。※マリネ液はある程度ぬぐう。
      3 バゲット(半分にカットしても。)にマヨネーズを塗り、チリを散らし、その上にレモングラス・ポークを乗せる。
      4 ナマスの水気を手でしぼり、パクチーとともに3のポークの上に乗せてできあがり。

      豚肉は、グリルで焼くこともできます。※5分~7分
      レモングラスはアジア食材店やネットで購入できます。
      生がお勧めですが、無い場合はドライタイプで代用してください。
      ベトナムナマスは、甘めのナマスです。



      【『レモングラス・ポーク・バインミー』】の続きを読む


      キムチ鍋・김치냄비、言ってみれば家庭の味でしょうか?
      野菜しっかりキムチ鍋!
      さて、どんなキムチ鍋にしますか?

      【今夜は『キムチ鍋』に決まり!】の続きを読む

      このページのトップヘ