知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ:グルメ > そば・うどん


    7歳) 鴻巣市立赤見台第一小学校 鴻巣市立赤見台第二小学校 鴻巣市立笠原小学校 鴻巣市鴻巣北小学校 鴻巣市鴻巣中央小学校 鴻巣市鴻巣東小学校 鴻巣市鴻巣南小学校 鴻巣市立常光小学校 鴻巣市立田間宮小学校 鴻巣市立松原小学校 鴻巣市立馬室小学校 鴻巣市立箕田小学校 鴻巣市立吹上小学校 鴻巣市立大芦小学校
    46キロバイト (5,696 語) - 2021年11月3日 (水) 12:06


    ◆鴻巣市の川幅うどん

    埼玉県鴻巣市と吉見町の間を流れている荒川の堤防間の距離が日本一という事を認識してる人はどのくらいいるだろうか?

    そんな中から生まれたのが、ご当地の【川幅うどん】

    その名の通り幅が広くてビックリ!
    ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪ぬりかべ~?
    きれいな短冊?

    食べ方こそは、自由だがどうやって口に運ぶかを初めての人は迷ってしまう。
    麺はもちもちで醤油の出汁をキッチリ吸い込んでる。

    味も見た目も珍しい1品。

    【【ソールフード】妖怪?『鴻巣市うどん』】の続きを読む


    以前に訪れた時は、勿論ソーキそばを注文した。
    地元客で賑わっていた。
    そばはかつお出汁のきいたちぢれ麺で卵焼きが乗っているのが特徴!
    初めての人は量がかなり多めなので小がお勧め。
    自家製の麺は食べ応えがあって美味しい。スープも旨味たっぷりで飲み干してしまいたいくらいの美味しさ。
    ソーキは5個も入っていて柔らかいし味付けもバッチリで満足!
    ただ、北部エリアのそば屋さんの中では、ちょっと高めかも?
    マスターも奥様も、まだまだお元気そうで、なによりです❢

    【また、食べたい!92歳の作る元祖ソーキそば】の続きを読む


    『沖縄そば』画像まとめてみたさぁ〜


    捲麺)は宮廷料理で、婚約の席など祝い料理として作られる。 沖縄そば(方言風に「すば」とも)は、中華料理に由来する麺料理が、本土におけるラーメン同様、明治以降に独自の地域的変化を遂げたものと考えられており、沖縄県では「そば屋」と言えば沖縄そば屋を指すほどポピュラーなものになっている。麺は中華麺の一種
    58キロバイト (8,538 語) - 2021年9月28日 (火) 16:36


    ✡琉球そば
    ✩三枚肉そば
    ✫中味そば
    ✬てびちそば
    ✭宮古風そば
    ✮八重山風そば
    ✯フーチバそば
    ✰海鮮そば

    那覇空港ビルディング内の食堂でのメニュー

    で、どれが沖縄そばなんだろう?

    ✩三枚肉そばさぁ〜


    【めんそーれ!『沖縄そば』かみぶさいびーん!】の続きを読む


    沖縄そば(おきなわそば)は、中華麺に由来する製法麺を使用した、沖縄郷土料理である。 沖縄県内では単に「そば」、あるいは方言で「すば」「うちなーすば」とも呼ばれる。農山漁村郷土料理百選に選ばれている。 和蕎麦とは異なり蕎麦粉は一切使われず小麦粉のみで作られ、かんすい(かん水)または伝統的に薪
    27キロバイト (4,004 語) - 2021年9月21日 (火) 14:13


    沖縄県那覇市に事務局を置き、生麺(沖縄そば・ラーメン・餃子の皮)を製造している会社で組織される沖縄生麺協同組合が1997年(平成9年)に制定。

    1978年(昭和53年)10月17日、公正取引協議会により「沖縄そば」の名称の表示が特殊名称として登録許可された。

    また、全国麺類名産・特産品に指定された。
    沖縄生麺協同組合は、1975年(昭和50年)に設立された組織で、美味しくて安全な生麺の製造を通して、沖縄の食文化である「沖縄そば」がさらに多くの人に愛されるよう、沖縄そば屋の紹介、沖縄そば教室など様々な活動を行っている。

    【今日10月17日は『沖縄そばの日』】の続きを読む


    本場讃岐うどん。麺のコシがかなりある。そして、モチモチ。太めの麺(✿ ♡‿♡)
    歯ごたえ、歯切れ共に抜群にいい!
    ボリューム満点!さすが本物(◕દ◕)
    そしてつゆ。かつおのだしがきいて、上品でいい香り!
    さらっとした中に深みあり!
    うーっ!最後まで飲み干したくなるっ( ˘ ³˘)♥

    ( ◜‿◝ )♡食べてる人は同じコメントかな?


    【今日はうどんでいく?『うどんの消費量ランキング』】の続きを読む

    このページのトップヘ