知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:グルメ > 寿司


      👉回転寿司チェーンの社長さんいわく、「マグロの仕入れが4割だよ」。
      いかに日本人がマグロ好きって事!


      🤔どうですか?
      一般的にマグロを目にする機会は、次の3パターンくらいですか、。

      1. スーパーで販売されているマグロ
      ▲スーパーのパックに入ったマグロのお刺身

      ・本マグロ(値段は高め、赤身と中トロが多い。値段は高め。養殖と表記されていることが多い。) 
      ・メバチマグロ(赤身が多い。値段はそこそこ。商品数が最も多い。) 
      ・ビンチョウマグロ(色が白い。値段が安い。よく特売されている。)


      2. 100円回転寿司のマグロ
      ▲お財布にやさしい、回転寿司のマグロ

      まず、スーパーと違ってマグロの種類が表記されていることが少ない。
      ただ単に、赤身・中トロ・大トロという寿司になっている。 ・メバチマグロ(赤身が中心。) ・ビンチョウマグロ(白い。マグロなのに白い・・)


      3. グルメ系回転寿司、もしくは回らないお寿司屋さん
      ▲カウンターのお寿司屋さん
      ・本マグロ(値段は高め、だが旨いっ。赤身・中トロ・大トロが揃う。天然か養殖かは表示されていない) 
      ・ミナミマグロ(寿司屋の大将はインドと言っている。値段は本マグロよりやや安い。赤身・中トロ・大トロが揃う。)

      と、これだけでもマグロの種類を全部網羅しているかどうか分からないですよね。 さらには、天然マグロなのか養殖マグロなのか、冷凍を解凍したものか生のままのマグロなのかと分類はさらに細分化されます。

      🤔さて、今夜はどのパターンに?

      【今夜は『マグロ寿司』に決めた!】の続きを読む


      👉えび天うどんが55円お得!
      🤔注文するのは、「えび天うどん」ではなく、「えび天にぎり」(110円)と、平日限定販売の「かけうどん」(143円)です。
      😁平日に、うどん食べよ!


      【【お得な裏技】平日スシローで使える!】の続きを読む


      🍣スシローレーンがにぎやかなことになりそう!
      👉キングボンビーすしは、シャリにマグロとサーモン、ホタテにカニにイクラと、豪華なネタが満載。
      🦀ミニボンビーすしは、コーンとツナサラダ、カニ風サラダと“とびこ”を盛った、サラダ巻きの王様のような仕上がりです。
      🛤️いずれもキャラクターイラスト入りのシートで巻いてあって、レーンでものすごいインパクトを放ちそう。



      【次は『スシロー・桃太ロー』駅!!】の続きを読む


      ◆ワサビは、消臭や食中毒の病原菌に対する抗菌効果を持つ日本原産の香辛料なんです。 
      江戸時代後期に握りずしが流行して、ワサビを付けるやり方が広まった。 
      刺し身に付けると、魚の生臭さが消えると昔からいわれている。 
      昔の人はワサビの“毒消し効果”を経験から知っていたという事だ。

      ◆大正から昭和初期:料理人とともに地方に広がった握りずし。
      江戸時代、握りずしは「江戸の郷土料理」という位置づけであった。
      では、いつ頃全国へ広がったのだろう。
      急速に全国に広がったのは、大正から昭和初期にかけてとされている。
      関東大震災(1923年)で被災した料理人が東京をはなれ、地方に移り住み、江戸の食文化が一気に拡がったようだ。
      さらに、太平洋戦争でも東京を追われた職人も数知れず、握りずしの伝播につながったとされている。
      ◆戦後の法令と握りずしの全国展開
      実はある重要な法令が出されていた。
      1947年の「飲食営業緊急措置令」である。
      戦後の食糧難のもと、アメリカに食料援助を受ける状況で、外食産業が規制を受けたのである。
      当然すし屋も対象となるはずであった。
      ところが東京都のすし商の組合が交渉し、「一合の米と引き替えに加工賃を取り、十かんの握りずしを作る」ことで、すし屋は飲食業ではなく「委託加工業者」として営業の許可をとることができた。
      その結果、全国各県のすし屋がこの方式を取り入れたため、結果的に、握りずしでなければ正規の商売ができないという図式ができあがってしまった。
      これにより、握りずしの全国展開が決定的なものとなり、現在に至ったとされている。
      握りずしとワサビの組み合わせによりワサビの普及がすすんだことを考えると、ワサビの運命に大きな影響を与える出来事であった。
      ◆現代はワサビぬきが普通?
      こうして握りずし文化は現代にも受け継がれることになった。
      ところが、「ワサビとすし」の最強と思われてきた組み合わせにも、近年変化の兆しが見えはじめている。
      1958年に日本で初めての回転寿司が大阪で誕生し、現在では回転ずしが「すし文化」の一翼を担いつつある。
      ところが今、回転すし店では、子供たちが多く利用することもあり、すしとワサビが切り離されるようになってきた。
      少し前までは、「さび入り」、「さび抜き」が皿で区別されるなどしていたが、現在ではほぼ全ての店舗で、最初からはワサビを加えない「さび抜き」が基本になってしまっている。
      スーパーのパック入りのすしにも、最初からワサビが入っているものはほとんど見られなくなってしまった。
      このままでは、何世代か後の日本で「すしにワサビ」が当たり前でなくなる日がくるのではなかろうか?
      🍣🍣🍣🍣🦐🆖🍣🍣🍣🍣🆖🦐   🍣
            🍣
            🍣

      ♦余談になるが、回転すしに当時、感動したアメリカンが、カリフォルニアに帰国後、日本の回転すしチェーンから得た知識をもとに、エンジニアと共にカリフォルニア回転すし店、第一号店をオープンするまでに至った。
      オープン当日、友人、知人、を大勢招待し、自慢の回転すしをご披露  ❢
      さて、カウントダウン!
      スイッチ・オン!
      なんと、寿司が回らすに客が回っているではないか😆
      ここで発明したのが、カリフォルニアロールだったとか、そうでなかったとか😁
      因みに、彼女の名は
      【Miss・テイク】


      【『寿司にはワサビ派、なし派?』】の続きを読む



      『くら寿司こせち』シングルが増えてきているから丁度いいかも!

       「独り身でも食べれるおせちいいね」「お正月はもうこれでええんじゃないか」――くら寿司が「新春・初売り」フェアとして販売した1人用の小さなおせち「こせち」が、Twitterで話題になりました。実際に注文した多くの人が画像をSNSに投稿しています。

      【その他の画像】

       「こせち」の内容は、エビスかぼちゃ含め煮、焼き海老、寿高野豆腐、椎茸含め煮、かまぼこ(紅)、かまぼこ(白)の盛り付けで回転ずしの皿に収まるサイズ2021年12月27日から2022年1月6日までの間、全国のくら寿司で店内限定メニューとして500円で販売されました。

       話題を呼んだ「こせち」はどのような経緯で開発されたのか? お客さんの反応は? くら寿司に聞いてみました。

      ―― こせちが生まれた経緯は?

      くら寿司 外食の個食化が進む中、最近はお一人でご来店のお客様も多く、そういった方にもおせち料理を提供することはできないかと考えました。最近は取り分け不要で気軽に楽しめる「ひとり用おせち」の人気が高まっています。リーズナブルな価格でお正月気分を味わっていただこうとお皿に載るサイズの小さなおせちというコンセプトにたどり着きました。

      ―― 開発にあたってこだわった部分は?

      くら寿司 味わいはもちろんのこと特にこだわったのは見栄えです。回転寿司のお皿のサイズで華やかな印象になるように彩りなどが鮮やかになる食材を厳選しました。“腰が曲がるまで長生きするように”という長寿の願いが込められた「焼き海老」や、えびす南瓜の甘さを生かし、出汁をきかせてほっくりとやわらかく炊き上げた「エビスかぼちゃ含め煮」、肉厚の原木椎茸からじっくりと時間をかけて旨味を抽出し、薄味で柔らかく炊き上げた「椎茸含め煮」、年始を彩る「紅白のかまぼこ」などを使用しました。

      ―― 売れ行きや購入者の反応はどうでしたか?

      くら寿司 全国の495店舗で店内限定のメニューとして提供しましたが、早めの時間に各店舗で用意した分がすぐに売り切れとなり、大変好評をいただきました。タッチパネルでご注文いただいた後、レーンに「こせち」が登場すると珍しさで驚かれる方も多く、大変楽しんでいただけました。

      ・・・・・

       「新春・初売り」フェアの期間中、2022年の干支である虎やお正月飾りの定番でもある鏡餅をモチーフにした「お正月和菓子」なども好評だったということです。

      こせち


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【ワンコイン・一人用おせち「こせち」】の続きを読む

      このページのトップヘ