知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:趣味 > 花・木・ガーデニング


      の意味をもつことが多い。 6月誕生である。季語は夏(「冬薔薇」「ふゆそうび」となると冬季語になる)。 花言葉は「愛情」であるが、色、状態、本数、組合せによって変化する。 バラの分類方法は定まったものがなく、以下に示すは一例である。 また、バラにはしばしば略式記号が用いられるため、それもともに記述する。
      97キロバイト (11,603 語) - 2022年4月26日 (火) 23:01


      赤色のバラには花言葉として「あなたを愛しています」や「愛情」などの意味があるとされる。

      また、バラの花を贈る時、本数によって異なる意味がある。

      例えば、1本のバラの花だと「一目ぼれ」や「あなたしかいない」という意味がある。

      また、108本のバラの花束には「結婚して下さい」という意味がある。

      バラの本数の意味は海外にそのルーツがあるが、108本は日本では「と(10)わ(8)」(永遠)とも読め、プロポーズの時に贈る本数として人気がある。

      そんなバラの花の本数の意味を以下に簡単にまとめてみる。

      👉バラの花の本数の意味

      ♢1本 一目ぼれ・あなたしかいない
      ♢2本 この世界は二人だけ
      ♢3本 愛しています
      ♢7本 ひそかな愛

      ♢10本 あなたは全てが完璧

      ♢12本 私と付き合って下さい

      ♢20本 私のひとひらの愛

      ♢24本 一日中思っています

      ♢100本 100%の愛

      ♢101本 これ以上ないほど愛しています

      ♢108本 結婚して下さい

      バラは「花の中の花」と称されるほど西洋文化において重視されてきた花の一つである。
      バラの花に関する伝承や神話も豊富であり、花の本数や色の違いなどで様々な花言葉がある。

      ちなみに、関連する記念日として、美しくバラの咲く時期であり、「ロ(6)ーズ(2)」と読む語呂合わせから、6月2日は「ローズの日」となっている。

      【知ってた?「バラの花」の本数の意味】の続きを読む


      ミツバ (三つ葉からのリダイレクト)
      三つ葉と切り三つ葉の中間くらいで、用途は丼物や吸い物など広く使われる。主に関西で使われている。茎が緑色で、別名「青ミツバ」ともよばれる。 切り三つ葉(切りミツバ) - 旬は冬で、葉の緑色が薄く、茎が細くて白く、香りが穏やかで、葉も茎ともやわらかく口当たりがよい
      16キロバイト (1,915 語) - 2022年2月14日 (月) 13:15


      今日3月28日は「み(3)つ(2)ば(8)」(三つ葉)と読む語呂合わせから。

      記念日を制定した団体や目的などについては定かではない。

      関連した記念日として、「ふた(2)ば(8)」(双葉・二葉)と読む語呂合わせから2月8日は「双葉・二葉の日」、「よ(4)つ(2)ば(8)」(四つ葉)と読む語呂合わせから4月28日は「四つ葉の日」となっている。

      ♧三つ葉について 
      三つ葉は、三枚ある葉のこと、また、三枚に分かれた葉を出す草木を意味する。 
      ミツバ(三つ葉)は、セリ科ミツバ属の多年草で、その名前は葉が三枚に分かれている様子に由来する。
      さわやかな香りが特徴で、夏に白色の小さな花を多数咲かせる。
      日本では江戸時代から野菜として栽培され、おひたしや和え物とするほか、吸い物や鍋物、丼物の具として広く用いられている。

      ♦因みに、三つ葉のクローバーは、アイルランドではシャムロックと呼ばれ、国の象徴として用いられている。
      クローバーは、マメ科シャジクソウ属の多年草で、シロツメクサ(白詰草)の別名である。
      ヨーロッパが原産で、江戸時代に渡来し、日本各地に野生化している。

      【今日3月28日は『三つ葉の日』】の続きを読む


      イチョウ (銀杏からのリダイレクト)
      イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba)は、裸子植物で落葉性の高木である。日本では街路樹や公園樹として観賞用に、また寺院や神社の境内に多く植えられ、食用、漢方、材用 としても栽培される。樹木の名としてはほかにギンキョウ(銀杏)、ギンナン(銀杏) やギンナンノキ
      153キロバイト (18,857 語) - 2021年10月8日 (金) 12:16




      (出典 kotobank.jp)


      ◇銀杏の葉が黄色になる旬の時期は10月〜11月 。

      ▷イチョウの木の実である銀杏は、葉が黄色く色づく10月から11月が旬とされており、これは紅葉が美しい時期より少し早い季節です。

      ▷そして銀杏が旬を迎える季節は、その実が最も臭い時期と重なっています。

      ▷これは銀杏が種子として落ちる際に果肉に覆われているからで、私たちが見慣れているのは種子部分です。

      ▷銀杏は人間とアライグマしか食べないといわれていますが、手間をかける価値がある秋の味覚です。

      ♦因みに銀杏拾いに最適な時期は?

      ①関東地方の場合

      ◇関東地方で銀杏拾いに適している時期は、9月上旬から11月下旬までとされています。1日の寒暖差が激しくなることで紅葉が進むので、イチョウの葉の色を観察するとよいでしょう。またイチョウの葉がすべて黄色く変わった後では遅いので、注意が必要です。

      ②関西地方の場合

      ◇ 紅葉の進みが遅い関西地方も秋が収穫時期であることに変わりはありませんが、9月中旬から11月下旬が銀杏拾いに最も適しています。大粒の銀杏を収穫したい場合は、イチョウの葉が黄色く色づき始めた時から、木の実の落ち具合を確認する習慣をつけておきましょう。

      ♤銀杏を収穫するにあたって準備すべきものは?

      ・厚手のゴム手袋
      ・ジッパー付き保存袋
      ・マスク

      ♤ 上記は、落ちている銀杏に果肉がついていると臭いが強く、肌につくと落とすのに苦労するうえに肌のトラブルにつながることがあることから必要になるものです。銀杏を収穫する際には、臭いがついても問題がない服装や肌を露出しない服装で出かけることをおすすめします。

      1 花咲か名無しさん :2018/05/03(木) 10:09:41.04

      イチョウ好きな方、色々語り合いましょう。


      【イチョウ並木から銀杏拾いの時期は?】の続きを読む

      このページのトップヘ