知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ:グルメ > レシピ


    レンジでチン!『りんごジャム』動画


    🍎簡単に出来た!!

    電子レンジだけでりんごジャムを作るレシピで、わずか9〜10分で完成します。

    ラップをかけずに加熱して、かき混ぜて再加熱することを、何度かくり返すだけ、手順も簡単!


    【【動画】『簡単!りんごジャム』の作り方】の続きを読む


    【動画】『銀杏レシピ』匂わな動画



    ▲黄金の化石


    イチョウの葉脈は平行脈と呼ばれる特殊なつくりをしています。

    横につながる脈はなく、すべての脈は葉のつけ根から放射状に広がり続けます。 
    つまり扇子と同じ仕組み。
    脈は途中で二叉にわかれたりもします。

    だから1本の木から落ちた葉の形は様々。


    【『銀杏を封筒に入れて…チン!』いただきまーす!】の続きを読む


    『柿レシピ』いろいろ動画



    【柿について】

     柿(かき)は、カキノキ科の一種の落葉樹・カキノキ(柿の木)の果実。

    カキノキは東アジアの固有種で、特に長江流域に自生している。 幹は家具材として用いられ、葉は茶の代わりとして加工され飲まれることがある。 

    果実は渋味のもとであるタンニンを多く含み、柿渋は防腐剤として用いられる。現在では世界中の温暖な地域(渋柿は寒冷地)で果樹として栽培されている。 

    日本から1789年にヨーロッパへ、1870年に北アメリカへ伝わったことから学名にも「kaki」の名が使われている。

    柿の生産量が多い県は和歌山県、奈良県、福岡県の順で、生産量日本一の市町村は、奈良県五條市である。  

    「桃栗三年柿八年」と言われ、柿は種をまいて実がなるまで8年程度かかる。これは何事も成し遂げるまでには相応の年月が必要だという例えでもある。 

    『柿は秋の季語』

    高級柿として熊本県産の「太秋柿(たいしゅうがき)」や、皇室への献上柿として知られる福島県会津地方の「みしらず柿(身知不柿)」などがある。


    【【動画】『かんたん柿のレシピ』】の続きを読む


    ニンニク (にんにくからのリダイレクト)
    )3月、アリチアミンの誘導体であるプロスルチアミンの内服薬「アリナミン錠」が発売され、従来のビタミンB1剤に見られない優れた効果を示した。 なお、「にんにく注射」や「にんにく点滴」と呼ばれる治療(保険適用外)を行う医療機関があるが、これらには名前に反してニンニクは用いられず、成分は実施者により異な
    32キロバイト (4,248 語) - 2021年8月16日 (月) 08:36



    ⚪にんにくがスタミナ食材といわれるのは、ビタミンB群が多く含まれているためだ。
    ⬜ビタミンB群には糖質、たんぱく質、脂質などエネルギー源となる栄養素の代謝をサポートする役割がある。
     ⬜反対に、ビタミンB群が不足すれば栄養素を効率よくエネルギーに変えることができないため、疲労感が出たり太りやすくなったりしてしまう。 
    ⚪特ににんにくに多く含まれているのはビタミンB1である。
    ⬜ビタミンB1はにんにくのにおいのもとであるアリシンという成分と結びついてアリチアミンという成分になり、身体への吸収率が高まる。 このときにアリシンは水溶性から脂溶性へと性質が変化するため、身体の中に長時間留まることができるようになるのだ。
    ⬜ビタミンB1とアリシンという2つの成分が結合して、より身体によい影響を与えてくれるため、にんにくはスタミナ食材と呼ばれるのである。
    ⚪にんにくには血行促進の効果が期待されており、身体を温めると考えられている。同じく身体を温める効果のあるスープとにんにくを組み合わせれば、相乗効果を期待できるのではないだろうか。
    ⚪にんにくは多くの健康効果が期待されており、使い勝手を見ても非常に万能な食材である。
    ⚪にんにくの風味が苦手な人でも、隠し味として少しだけプラスすると、いつもの料理がグレードアップするだろう。にんにくをスープに使って、身体を芯から温めよう!
    ♦要はにんにくのアリシンはビタミンB1と体内で結合して糖代謝の機能を活発にしてくれるのです!!

    【減量にも効果あり!『にんにくスープ』】の続きを読む


    ■納豆のタレに入っている主な成分は?
    ◆たんぱく加水分解物◆
    ⬜大豆やとうもろこし、小麦などの植物性タンパク質、乳タンパクなどの動物性タンパク質を、酸や酵素で加水分解して作られたものです。コクやうま味をつけるために使われているそうです。
    ◆果糖ぶどう糖液糖 ◆
    ⬜でんぷんを酵素でぶどう糖に分解し、ぶどう糖の一部を酵素によって果糖にかえた液状の糖のことです。甘味度は砂糖と同じくらいで、クセもなくすっきりした甘さが特徴です。
    ◆調味料(アミノ酸等)◆
    ⬜ 定番で使われている、塩、しょう油、味噌、かつお節といった調味料は、全て食品の扱いになりますが、グルタミン酸ナトリウムやイノシン酸ナトリウムといった化学的に合成されたものは、添加物として取り扱われています。 その多くは、昆布やかつお節の中にあって「だし」として昔から使われてきたものから、うま味成分を化学的に合成したり、抽出したものだそうです。
    ♦納豆のタレの塩分について
    ▶おかめ納豆(極小粒ミニ3)の場合で、食塩相当量は0.7gです。 因みに、こちらの納豆に添付されているタレは食塩相当量0.2gの減塩タイプで、九州産大豆を使った納豆。

    【またか!もう、冷蔵庫のポッケ飽きたし!】の続きを読む

    このページのトップヘ