知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:グルメ > パン・ケーキ

      👉乃が美

      2013年の創業から9年間、職人が素材ひとつひとつにこだわり、製法や素材の配合比率の微細な見直しを続け、お子様からご年配の方まで、耳までおいしく食べられる「世界一の食パン」を目指してきました。

      日本の「生」食パン市場をけん引してきた乃が美ですが、全国どこでも高級食パンが手に入る時代となった今、「”ブーム”ではなく”新たに根付く食文化 ”を創造したい」という創業時の思い(原点)に立ち返るべく、創業時のレシピでパンをつくり、社員で試食をするというイベントを社内で実施しました。

       
      試食した社員たちからは「あの頃のなつかしい味だ」「乃が美の原点の食パンだが、当時よりもおいしく感じる」といった声が多く聞かれました。

      乃が美の高級「生」食パンはこれまでも気温や湿度、小麦の仕上がりにより、製法や配合を微調整して、常にそのときどきで最適と思われるパンを製造しており、日々進化し続けております。しかし、古いレシピである創業時の食パンがとても美味しいのはなぜなのかを分析したところ、

      ①配合レシピは創業時のものであるが、製法が洗練され、美味しく焼き上げる技術が向上している

      ②暖かくなりつつある気候と現在収穫されている小麦に、創業時のレシピが最適である
      という結論に達しました。

       
      ちょうど、そのころ、乃が美の最初の店舗である総本店でお客様にインタビューを行っていた社員から「創業時の乃が美の味が恋しい」という声がたくさんあった、という報告が寄せられました。

      それならば、創業時のレシピをベースにした食パンをお客様にぜひともお召し上がり頂こう」
      と考え、復刻「生」食パンとして販売するに至りました。

       高級食パンの専門店を展開している乃が美大阪市)は、新たな取り組みとして、専用の自動販売機での販売を始めた。同社オリジナル自販機となっており、「『生』食パンに最適な温度管理を行うことで、店舗と同じクオリティーでのご提供が可能となった」(乃が美)という。

      【その他の画像】

       これまで、ユーザーから「閉店時間に間に合わない」「朝早くから開店してほしい」といった声があったことを受け、自販機を設置。早朝から深夜まで販売することで、ユーザーライフスタイルに合った形を提案していく。

       設置場所は、乃が美はなれ 高尾駅販売店舗前。販売時間は、午前4時10分ごろ~深夜1時ごろ(始発~終電まで)。「生」食パンレギュラー・2斤)のみ扱っていて、価格は1000円

       自販機設置にあたって、専用のBOXを販売。白地のBOXにブランドロゴを金色で施し、「素材も品質を保てるよう改良を重ねた」(同社)という。

      乃が美、自販機で高級食パンを販売


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【「高級食パン」を自販機で販売!】の続きを読む


      日本全国には、その土地でしか手に入らない「ご当地パン」がたくさんあります。
      今回は、地元で愛される「ご当地パン」をまとめてみました。


      【『じゃらん』地元民が愛してやまないパン・ランキング】の続きを読む


      🍞パンについて

      明治時代の文明開化により「パン」は本格的に日本に上陸したが、コメ志向の強い日本人には主食としての「パン」は当初受け入れられなかった。

      この状況を変えたのが、1869年(明治2年)に江戸改め東京・芝の日影町(現:港区新橋付近)で開業した木村屋(現:木村屋總本店)であった。

      1874年(明治7年)、木村屋の創業者である木村安兵衛(きむら やすべえ)が、中に小豆餡を詰めた「あんパン」の開発に成功し、これが好評を博した。

      これにならって甘味を付加した「菓子パン」が次々と開発され、さらにその流れで調理した具材を挟み込むなどした「惣菜パン」も開発された。

      第二次世界大戦後、多くの学校で学校給食が実施されるようになると、アメリカからの援助物資の小麦粉を使って「パンと脱脂粉乳」の学校給食が開始された。

      これがきっかけとなり、日本において「パン」が大量流通するようになり、1955年(昭和30年)以降、日本での「パン」消費量は急増していった。

      【今日のランチはパンにしよっと!】の続きを読む

      👉焼きそばパンの元祖「野澤屋」

      》》》発祥は諸説あり!

      昭和27年、焼きそばとコッペパンを同時に販売していたところ、お客さまから「面倒だからパンにはさんで」という、リクエストがありました。

      作ってみたところ爆発的にヒットし、東京中に広まったといわれています。

       当時は、1個15円という値段で販売していたそうです。

      今日は、何故か無性に焼きそばパンが、そばパンが、
      あぁ〜食べたい!
      ロールパンがあるから、焼きそばUFO挟んで、マヨネーズと紅しょうがかけて食べよ😁



      【『そばパン』食べた〜〜〜〜〜い!】の続きを読む



      ランチパックと同一であるが、具材はこれらの提携会社が自社開発したものを用いた「フレッシュランチ」という同一形態のローカルブランド商品が1985年から販売されている。2010年春以降は青森県内や秋田県内でも「ヤマザキランチパック」のライセンス製造品が順次増加し、「フレッシュランチ
      21キロバイト (2,487 語) - 2022年4月5日 (火) 07:25


      👉好きなランチパックは?》》》》

      【元記事をASCII.jpで読む】

       アスキーグルメ投票企画です。

       質問です! 新年度や新生活でなにかと慌ただしい春は手軽に食べられる「ランチパック」が味方。さて、あなたが一番好きな味は?

      ツナマヨネーズ
      ピーナッツ
      たまご
      ・その他"

       「その他」の方はコメントください。Twitterから投票受付しています!

       投票締め切りは4月14日(木)深夜ごろ。

       今回のお題はYouTube番組「アスキーグルメNEWS生配信)」4月8日(金)放送回で視聴者の方をまじえて内容決定させていただきました。結果はこちらの記事や4月14日(金)12時30分から配信の「アスキーグルメNEWS生配信)」で発表予定。いただいたコメントを紹介させていただきますアカウント名をご紹介することも)。ぜひ見てくださいね

      4月8日(金)放送(企画会議→出題)

      ▼【予告】4月14日(金)放送(結果発表…予定!)

      【質問】春といったら「ランチパック」一番好きなのは?


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【「ランチパック」一番好きなのはナニ?】の続きを読む

      このページのトップヘ