知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ:グルメ > ポピュラーな食べ物


    三角の握り飯を「おむすび」というは造化三神に由来すると説。 おにぎりの呼び名は江戸時代から呼び方でおむすび呼び名はそれ以前から古くから呼び名。 東日本でおにぎり、西日本でおむすびと別名でよんでいたが混交したという説 握り飯またはおにぎりの方が歴史が古く、その女房言葉もしくは丁寧語としておむすびといったという説
    89キロバイト (11,888 語) - 2021年9月13日 (月) 12:18


    「おにぎり」と「おむすび」の違い 「おにぎり」(御握り)は、ご飯を三角形・俵形・球状などの形に握った食べ物である。

    通常は手のひらに載る大きさに作る。この「おにぎり」は「おむすび」(御結び)や「握り飯」などとも呼ばれる。

    「おにぎり」と「おむすび」の違いについては諸説あるが、主のものとして、地域的な違いで、西日本では「おにぎり」、東日本では「おむすび」と呼ばれる説がある。

    また、「おにぎり」は形を問わないが、「おむすび」は三角形という説もある。

    ただし、地域的な呼び方の違いについては例外も多く、一概には言えないようである。「握りまま」(青森県)、「おにんこ」(栃木県)、「にんにこ」(和歌山県)といった方言もある。

    2013年の調査によると、日本全国で「おにぎり」と呼ぶ人が89%、「おむすび」が10%で、現在では多くの人が「おにぎり」と呼ぶ傾向にある。歴史的には、古くは「握飯」(にぎりいい)と呼ばれていたものが「握り飯」(にぎりめし)に変化し、女性語の「おにぎり」になったと考えられる。

    「おにぎり」と「おむすび」はどちらも「握り飯」の丁寧語である。 形の違いについては「おむすび」は三角に握ったものというイメージが強く、「おむすび型」といえば三角形のものを指すことが多い。

    ただし、俵形のものを「おむすび」と呼ぶなど、形についても様々な説がある。 その昔、山に宿った「むすびのかみ」という神様の力を授かるために、ご飯を山型の三角形に握って食べていたという話があり、これに由来して三角形に握ったものを「おむすび」と呼ぶようになったという説もある。

    【知ってた?『おむすびとおにぎりの違い』】の続きを読む



    【ダイソー味付けたまごメーカー】

    ゆで卵と調味料を入れるだけ。
    少しの調味料で、ムラなくしっかり、 味付け卵が作れます。
    ◎面倒な卵のひっくり返し不要
    ◎調味料の液だれの心配なし
    ◎そのまま保存容器にもなる!
    おいしい味付け卵を、手軽に作ってみませんか?

    味付けたまごメーカー
    ※100円(税込110円)

    【【ダイソー】早い!味付けタマゴメーカー】の続きを読む


    1.  いくらがたっぷり入っ た贅沢な宝石箱「鮭はらこ弁当」【記事見出し写真】
    2.  何か懐かしの味「チキン弁当」
    3.  鉄道ファン新幹線の形をした駅弁「E7系弁当」
    4.  温かいお肉なら「厚切り牛タン弁当」 
    5.  浅草今半の系列店が販売する「カイノミステーキ重」
    ★ご存知【駅弁屋祭】が、4位まで独占!
    ★5位が、グランスタ東京の駅弁
    ♦個人的な独断と偏見に基づきの【ベスト5】でした



    【皆んな大好き!『東京駅・駅弁ランキング』】の続きを読む


    マーガリン(英語: margarine)は、植物性または動物性油脂を原料とし、バターに似せて作った加工食品である。英語発音はマージャリンに近い。ドイツ語では同じスペルでマーガリナと読むので、日本語は両者混合に近い。 元々バターが高価であることから、バター
    22キロバイト (2,875 語) - 2021年8月28日 (土) 16:03


    東京都中央区日本橋に事務局を置き、「マーガリン」などの食用加工油脂を製造・販売する会社で構成される日本マーガリン工業会が制定。

    10月24日はマーガリンの生みの親であるフランス人のイポリット・メージュ=ムーリエ(Hippolyte Mège-Mouriès、1817~1880年)の誕生日。

    植物性・動物性の油脂を原料としたマーガリンのソフトな風味や舌触りの良さ・美味しさをより多くの人に伝えることが目的。

    記念日は2016年(平成28年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。 バター(butter)は牛乳から分離したクリームを練って固めた食品である。

    マーガリン(margarine)は高価だったバターの代替として作られた加工食品である。 1869年、ナポレオン3世は当時フランスで不足していたバターの代替品を募集した。

    これに採用されたのが、化学者であったムーリエのアイデアで、上質な牛脂に牛乳などを加えて冷やし固め、バターに似せて作ったものだった。これが現在のマーガリンの原型となった。

    マーガリンは英語で「margarine」であるが、この名前はギリシャ語で「真珠」を意味する「margarite」に由来する。

    製造途中にできる脂の粒子が、美しい真珠の粒のように見えたことから、その名前が付けられたとされる。

    マーガリンの原料は上質の油脂である。油の種類には様々なものがあるが、主に大豆油・なたね油・コーン油・パーム油・ヤシ油・綿実油・ひまわり油など植物油が約60%を占める。動物性の油で主なものは魚油のほか、国産の豚脂・牛脂などが使われている。

    【今日は『マーガリンの日』】の続きを読む


       話題になった🍙
      【悪魔のおにぎり】


    【美味しい1番!『食の贅沢』】の続きを読む

    このページのトップヘ