知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:グルメ > 和菓子・洋菓子・おはぎ・団子・まんじゅう


      落合羊羹 (落合ようかんからのリダイレクト)
      落合羊羹(おちあいようかん)は、岡山県真庭市の銘菓・土産菓子。 真庭市のうち旧・落合町で生産される羊羹で、現在は真庭市域、美作地域土産菓子ひとつにもなっている。 1764年(明和元年)に美作国真島郡垂水村(現・真庭市落合垂水)で創業した古見屋羊羹が発祥といわれている。ちなみに古見屋羊羹
      2キロバイト (324 語) - 2022年4月15日 (金) 16:10


      岡山県の落合地域(真庭市)は古くから羊羹どころとして知られています。
      かつてこの地を流れる旭川を往来し、地域の繁栄を支えた高瀬舟。
      その高瀬舟を模してつくられたのがこの羊羹です。
      ひと口で食べられるサイズの小さな舟はどことなく親しみを感じます。
      羊羹に形を変えた高瀬舟は、今では変わらぬ味と地域の歴史を運んでいます。



      【【ソウルフード】岡山県真庭市の落合ようかん】の続きを読む


      「レーズンウィッチ」は、鎌倉小川軒が鎌倉御成町にオープンした当時から、ハイカラ好きな古都鎌倉の人々の味覚に合わせて作られてきました。

      吟味を重ね厳選した、良質で新鮮な素材を使用した上で「より美味しいものを」という思いを込めて、創業以来の伝統的かつ確かな製法で作られています。

      レーズンウィッチは、「サクサク食感のサブレ」「たっぷりサンドされたふっくらと煮上げたラムレーズン」「口どけのよいなめらかなバタークリーム」という、美味しさのアンサンブルが楽しめる、鎌倉小川軒を代表する逸品です。

      アルコール分を揮発させることでやさしく上品なラムの香りを閉じ込め、ふっくらと煮上げたラムレーズンは、お子様やお酒の弱い方でも安心してお召し上がりいただけます。

      地元では日常のおやつとして、鎌倉を訪れた方にはお土産の定番として、幅広い年代の方に愛されています。

      【鎌倉 小川軒】

      発送センター
      〒244-0003
      神奈川県横浜市戸塚区戸塚町2773

      0120-157-041
      fax. 0120-064-041

      受付/10:00~17:00(月~土)




      【鎌倉小川軒の『レーズンウィッチ』】の続きを読む


      松重慎 (カテゴリ 声優関連スタブ項目)
      めめめのくらげ(2013年) 図書館戦争(2013年) 天空蜂(2015年) トピためっ!(とよしん〈「どっちをチョイス!?」グルメレポーター〉) 富士通Eラーニングコンテンツ新人トレーナーeL(ナレーション) 正栄デリシィ サク山チョコ次郎音頭(テーマソング歌唱) キティとダニエルありがとう★マイフレンズ!(コーラス)
      10キロバイト (949 語) - 2022年3月24日 (木) 17:40


      茨城県筑西市に本社・工場を置き、チョコレートやビスケットなどの菓子の製造・販売を手がける株式会社正栄デリシィが制定。

      3月26日は「サ(3)ク山チョコ次郎(26)」と読む語呂合わせから。

      「サク山チョコ次郎」は「一緒ならもっと楽しい。もっとおいしい」をテーマにした一口チョコビスケットである。

      コミュニケーションチョコビスケットの「サク山チョコ次郎」の美味しさ、魅力を楽しんでもらうことが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

      ◆サク山チョコ次郎について 
      「サク山チョコ次郎」は、香ばしく焼き上げたかるい食感が特徴のサクサクビスケットとなめらかミルクチョコレート、おいしいミルククリームを組み合わせたチョコビスケットである。
      種類には「ファミリーパック」や「小袋タイプ」などがある。 表面のチョコレートは「にっこり」や「キラーン」などチョコジローの色々な表情の形になっている。
      また、裏面のビスケットには、「おはようございまチョ」や「どうしまチョ」などチョコジローが人間と仲良くなって覚えた80種類の「おしゃべり」がプリントされている。
       チョコジローは、チョコデール山で出会った食いしん坊な「珍獣」で、チョコビスケットをいつもおいしいと言ってポイポイ食べている。
      本当の名前は「チョコジロー」だが、人間の真似をして「サク山チョコ次郎」という名前を名乗っている。
      人間の言葉を覚えておしゃべりをしてくれるが、「ようこチョ」「いっチョに食べよ」など言葉にいつも「チョ」が付いてしまう。


      【今日3月26日は『サク山チョコ次郎の日』】の続きを読む

      👉通常のイチゴの2.7倍の大きさで「イチゴの酸味に合う白餡(あん)で包むことで、イチゴ本来の甘酸っぱさとコクが味わえる」


      ◆店舗所在地
      〒350-0062 埼玉県川越市元町1-15-5
      電話番号 049-228-9555
      営業時間 10:00~18:00(月曜のみ17:00閉店)
      休日 年中無休
      最寄り駅 本川越駅
      駐車場 2台
      ♦因みに、こちらの川越ポテトは絶品スイーツです✨
      👉九里(栗)よりうまい十三里半と、川越と江戸との道程に称えられた芋の美味しさを紋蔵庵伝統の技術で手作りしました一品です。
      その時一番の国産のお芋を厳選し、お芋本来の美味しさを出すことができた人気のお菓子です。

      【【川越市】恥じらうイチゴを大福が包んだ!】の続きを読む


      ャラクターを使用した文房具やグッズ、「パチスロうまい棒」などが発売されている。 先行商品である平型コーンパフスナック「うまいうまいバー」改良品であり、名称は明治乳業が1979年3月に販売開始したアイス「うま」に便乗したものである。 うまい棒販売開始当時、製造を行っていた武藤則夫は個人事
      38キロバイト (5,437 語) - 2022年3月15日 (火) 19:33



      「うまい棒」は、東京都墨田区横川に本社を置く株式会社やおきんが、1979年(昭和54年)7月に発売した棒状のスナック菓子である。

      やおきんは「うまい棒」の他にも「キャベツ太郎」や「蒲焼さん太郎」「もろこし輪太郎」「わさびのり太郎」「BIGカツ」など昔懐かしい駄菓子や斬新なアイデアのお菓子を販売している。

      「うまい棒」は「何か新しいスナック菓子を作れないか」ということで開発が始まった。

      当時の子ども達を夢中にさせたのが「うまい棒」の「サクサクとした食感」だった。このサクサク感は当時の駄菓子としては珍しかった。

      当時の駄菓子屋では包装がされていない裸の状態のお菓子が多かった。

      それぞれのお菓子はプラスチックやガラスのケースにまとめて入れられており、ケースから出し入れしているうちに湿気を含み、美味しさが落ちてしまうという問題があった。

      そんな中で「うまい棒」は1本ずつ包装する個包装にすることで、サクサク感と美味しさを長く保つことができ、それが人気となった。

      販売価格は当初から1本10円という安さであり、年間売り上げは約7億本を誇る。

      そんな「うまい棒」はこれまでに60種類以上もの味が販売されてきた。一番最初に発売されたのは「ソース味」だった。

      その当時、食卓に上る「とんかつ」や「コロッケ」は子ども達にとってご馳走であり、それらにかけるものとして「ソース味」が選ばれた。

      その後、社員が居酒屋で出てきたつまみを参考にした「サラミ味」や、当時は珍しかった「めんたい味」など数多くの味が発売された。

      これら「サラミ味」や「めんたい味」は「うまい棒」で初めて食べたという人も多かった。

      また、発売当時のパッケージは現在とは違い、中のスナックが見えるように透明な窓がついていた。

      しかし、後に品質を保持するために「アルミ蒸着フィルム」というバリア性の高い包材に変更された。

      これにより美味しく食べられる期間が延び、さらにお店でより目立つようなデザインにすることができた。

      ちなみに「うまい棒」を4本並べると「1111」と似ていることから、11月11日は「うまい棒の日」という記念日になっている。



      【「うまい棒」誕生の物語はコレ!】の続きを読む

      このページのトップヘ