知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ:グルメ > コーヒー・紅茶


    🐘ブラックアイボリーコーヒーは、象と人が共存することで生み出されたコーヒーです。
    その独特の味わいは、一度飲んだら忘れられないと言われています。
    希少なコーヒーをプレゼントや自分へのご褒美にしてみてはいかがでしょうか。
    ♦因みにブラックアイボリーコーヒーの淹れ方
    ブラックアイボリーコーヒーの美味しさを引き出すポイントは、お湯の温度と淹れる時間と言っても過言ではない。
    ブラックアイボリーコーヒーカンパニーによれば、お湯の温度は、93℃、同社独自のサイフォンで抽出を推奨している。
    抽出後は2分ほど待って、70℃まで冷ましてから飲むと風味豊かな美味しいコーヒーが味わえるとのことだ。
    ☕高価なコーヒーなので、抽出にも一手間かけたいところだ。

    【『世界一高いコーヒーの正体は?』】の続きを読む


    コーヒー(オランダ語: koffie /ˈkɔfi/  コフィ[ヘルプ/ファイル]、英語: coffee)は、コーヒー豆コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、世界各地 で愛飲されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで
    97キロバイト (13,871 語) - 2021年10月1日 (金) 13:49


    ⬛コーヒー豆焙煎レベル
    1.ライトロースト Light roast 《浅煎り焙煎》 うっすらと焦げ目がついた程度の小麦色。コーヒーらしい香りやコクはまだまだ不十分で、一般的に飲まれることはほとんどありません。 
    2.シナモンロースト Chinamon roast 《浅煎り焙煎》 名前の通り、シナモン色。まだ豆の青臭さが残っており、飲用には適しません。しかし、豆の酸味が最も強い煎り方であることから、“酸味好き”にはたまらない一杯が抽出できます。
     3.ミディアムロースト Medium roast 《中煎り焙煎》 コーヒーらしいこうばしい香りと、まろやかさのある酸味、ほんのわずかな苦味も感じられます。日本のカフェや喫茶店で提供される「アメリカンコーヒー」に用いられることが多い焙煎度合いです。
     4.ハイロースト High roast 《中煎り焙煎》 さわやかな酸味は残しつつも、コーヒーらしい苦味や甘みが現れ、バランスに優れた味わいになります。一般的な焙煎度合いであり、やや浅めの「レギュラーコーヒー」として用いられます。
     5.シティロースト City roast 《深煎り焙煎》 深煎りの最初の段階であるシティーローストは、酸味と苦味のバランスが保たれた、最も一般的な焙煎度合いです。日本でも「レギュラーコーヒー」の王道になりつつあり、近年は「エスプレッソ」に使う店舗もあります。 
    6.フルシティロースト FUllcity roast 《深煎り焙煎》 酸味が少なくなると共に、苦味が際立ってくる焙煎度合いです。また、こうばしい香りも一際強くなり始めるので、コーヒーの芳醇な味と漂う香りも同時に楽しみたい人におすすめです。 
    7.フレンチロースト French roast 《深煎り焙煎》 焙煎度合いが深くなり、黒に近い焦げ茶色になると、コーヒー豆の油が表面を覆いはじめます。酸味はほとんどなくなり、苦味が一層際立ち、香りの質も変化してきます。カフェオレ、ウィンナーコーヒーなどミルクやクリームと掛け合わせるコーヒーに向いており、コーヒーならではの苦味が存在感を発揮します。 
    8.イタリアンロースト Italian roast 《深煎り焙煎》 ほぼ黒色の状態まで煎ったコーヒー豆の表面は、油分でツヤツヤと光り出します。重厚な苦味と深いコクが特徴で、エスプレッソやカプチーノなどイタリアを代表するコーヒーの飲み方に適した焙煎度合いです。ただし近年は、ここまで深煎りしない焙煎が、エスプレッソの主流になりつつあります。

    【美味しいコーヒーが飲みたい!【コーヒー豆】焙煎レベルは8段階?】の続きを読む

    このページのトップヘ