知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:グルメ > 味噌汁・スープ・豚汁


      👉アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 川原浩)は、「野菜を食べるスープ」がコンセプトの「おどろき野菜」ブランドから、『おどろき野菜 1食分の野菜※ たっぷり野菜のカレースープ』を9月5日から発売します。



      【『 1食分の野菜 たっぷり野菜のカレースープ』9月5日発売!】の続きを読む


      豚汁のルーツは諸説あり、けんちん汁に肉を入れたという説。
      ぼたん鍋を参考にしたという説。
      旧日本海軍においてカレー粉の代わりに味噌を入れて作ったことから始まったという説。
      北海道の開拓を行った屯田兵が食べた「屯田兵の汁」を「屯汁」と呼ぶようになったという説。
      薩摩汁の豚を使うものが独立したという説など、さまざまあります。

      さて、Twitterにツイートされた方々の豚汁は?

      【今夜はトントン拍子に『豚汁』に決めた!】の続きを読む


      「みそ汁」は味噌料理のNO.1

      味噌汁(みそしる)は、日本料理における汁物の一つで、だしを味噌で調味した汁に、野菜や豆腐、麸や魚介類などの食品を実としたスープ様の料理である。御味御付(御御御付、おみおつけ)ともいう。 日本の食文化において、飯とともに提供される汁物料理の代表である。 本膳料理では、基本となる本膳の汁物は味噌
      23キロバイト (2,929 語) - 2021年12月12日 (日) 19:25


      ご飯のベストコンビともいえる味噌汁は、毎日の食卓に欠かせない存在。

      しかしながら、おわんの使い方も、色々あるようだ!

       みそを使う料理を尋ねたところ、最も多かった回答は「みそ汁」――そんな結果が、インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)の「みそ」に関する調査で分かった。同調査は今回で4回目。

      【画像】みそを使う料理ランキングなど(全3枚)

       どのような料理にみそを使うか聞いたところ、1位は「みそ汁」で96.6%、2位は「鍋物」で32.4%、3位は「炒め物」で31.7%、4位は「煮物、煮込み料理」で27.2%、5位は「みそ汁以外の汁物・スープ類」で14.7%だった。東北では「おにぎり」、中部では「揚げ物」「ゆでたもの・蒸したものにつける」が他の地域より高かった。

      ●みそを使う頻度は?

       どのくらいの頻度で、みそを料理に使うか聞いた。すると、最も多かった回答は「ほとんど毎日」で21.5%、次いで「週2~3回」が21.4%、「週4~5回」が17.2%と続いた。女性や高年代層で特に高くなった。使用頻度は東北や北陸で高く、「ほとんど毎日」が各30%強、「週4~5回以上」が50%前後だった。

       使っているみそのタイプで最も多かったのは、「米みそ・こうじみそ」で55.5%、次いで「合わせみそ」が32.2%、「赤みそ」「白みそ」「だし入り」が20%前後だった。北海道では「白みそ」、中部では「赤みそ」「八丁みそ」、四国では「麦みそ」が他の地域より高く、中部では「赤みそ」が1位だった。

      ●使用しているみそのメーカーは?

       使用しているみそのメーカーを聞いたところ、1位は「マルコメ」で39.6%、2位は「ハナマルキ」で27.4%だった。北海道・東北では「かねさ」、中部では「イチビキ」「マルサンアイ」、九州では「フンドーキン醤油」の比率が高かった。

       みその購入時に重視している点で最も多かったのは「味」で71.8%、次いで「価格」が42.1%、「みその種類」が36.6%だった。北海道では「だし入りである」、中部では「みその種類」がやや高かった。

       今回の調査は、「MyVoice」のアンケートモニターを対象にインターネットで実施した。期間は11月1~5日、有効回答数は1万306人。

      「みそ」に関する調査


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【「みそ」を使う料理 圧倒的1位は「みそ汁」】の続きを読む


      せんべい汁せんべいじる)は青森県八戸市周辺で、江戸時代に生まれた、伝統的な郷土料理で、同料理専用南部煎餅を用い、醤油味で煮立てた汁物あるいは鍋料理。地名を入れた「八戸せんべい汁」として名物化し、域外へPRしている。 せんべい汁には、南部煎餅中でも専用に焼き上げた「かやき煎餅(おつゆ煎餅・鍋用
      8キロバイト (1,263 語) - 2020年4月17日 (金) 04:41


      ◇せんべい汁
      青森県八戸市周辺で、江戸時代に生まれた、伝統的な郷土料理で、同料理専用の南部煎餅を用い、醤油味で煮立てた汁物あるいは鍋料理。
      地名を入れた「八戸せんべい汁」として名物化し、域外へPRしている。

      ご当地グルメの先駆けとして長くから八戸市民に愛されている。

      お土産用のレトルトも多くあるので、自宅でも気軽に八戸の味を満喫することが出来る。

      せんべいは、全部が柔らかくなる前の少し硬さが残るぐらいがちょうどいい。

      因みに、せんべい汁は煎餅以外の具材やだし汁が「すいとん」系と同じであるが、小麦の練り物であるすいとんの代わりに、保存のきく煎餅を用いたものと考えられる。
      👀ポイントは、南部せんべいを適当な大きさに割り入れて煮込む。
      その際に南部せんべいの耳たぶが柔らかくなり過ぎない程度で引き上げるとネッチョリかための食感がたまらない!
      人参、きのこ、ネギ、糸こんにゃく、ごぼう、豚肉。
      これだけあれば贅沢な1品。
      もっと言えば南部せんべいは、ゴマ入りや、ピーナッツが引っ付いているのでもOK!
      日本人に生まれて良かったと思える1品、せんべい汁。




      【【ソウルフード】『青森県八戸市のせんべい汁』】の続きを読む


      味噌汁(みそしる)は、日本料理における汁物の一つで、だしを味噌で調味した汁に、野菜や豆腐、麸や魚介類などの食品を実としたスープ様の料理である。御味御付(御御御付、おみおつけ)ともいう。 日本の食文化において、飯とともに提供される汁物料理の代表である。 本膳料理では、基本となる本膳の汁物は味噌汁
      23キロバイト (2,929 語) - 2021年10月15日 (金) 02:14


      ◇因みに味噌汁の作り置き期限は?
      味噌汁を作り置きするには常温、冷蔵、冷凍の方法があるといわれていますが、常温保存では食中毒の高い危険性があり、冷凍保存では、味がかなり落ちてしまいます。
      なので、冷蔵保存が一番の作り置きの手段だと考えられます。 
      ◇夏の保存期間
      •常温  保存出来ない
      •冷蔵  3日
      •冷凍  1週間
         
      ◇冬の保存期間 
      •常温   2時間
      •冷蔵      3日
      •冷凍   1週間
      ◇味に関しては、夏冬共に冷凍すると残念ながら、かなり落ちる。

      【温まろ!『味噌汁の具ランキング』】の続きを読む

      このページのトップヘ