知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ: ソウルフード・B級グルメ・名物


      ラーメン > 新潟県のラーメン > 燕三条背脂ラーメン 燕三条背脂ラーメン(つばめさんじょうせあぶらラーメン)とは、新潟県県央地域(燕市・三条)のご当地ラーメン。発祥の新潟県燕市や隣接する三条を中心として広まっているため、燕三条系と呼ばれている:188。 新潟県県央地域における背脂ラーメン
      11キロバイト (1,331 語) - 2022年7月3日 (日) 05:08


      👉燕三条背脂ラーメン(つばめさんじょうせあぶらラーメン)
      新潟県県央地域(燕市・三条市)のご当地ラーメン。
      発祥の新潟県燕市や隣接する三条市を中心として広まっているため、燕三条系と呼ばれている。
      新潟県県央地域における背脂ラーメンは、1934年(昭和7年)に福来亭の前身となる屋台を浙江省出身の徐昌星が燕町(当時)で開業したのが発祥とされている。
      昭和30年前後に、徐は洋食器産業の工員の出前のラーメンについて、工員達の要望で味を濃くした上でバランスを考えて豚の脂を加え、さらに出前しても麺が伸びにくいように、小麦粉の原料を中力粉から強力粉に変え、麺を極太にした。
      出前をしてもスープが冷めないように蓋をするかのように大量に背脂が入れられる。
      麺はうどんのような極太麺。
      煮干しなどの魚介類の出汁が効いた、濃口醤油のスープに、豚の背脂が表面を覆っているのが特徴。
      具としては長ネギではなく玉ネギが用いられることが多い。
      名称にはぶれがあり、燕三条背脂ラーメンのほか、燕三条系ラーメン(つばめさんじょうけいラーメン)、燕背脂ラーメン(つばめせあぶらラーメン)とも紹介されている。
      単に背脂ラーメンや燕系ラーメンと呼ばれることもある。

      石神秀幸による新潟四大ラーメンの分類では燕三条流背脂ラーメンまたは燕三条背脂ラーメンとして紹介されている。
      また、大崎裕史は、著書で新潟の四大ご当地ラーメンの背脂系として紹介している。  


      【【ソウルフード】『燕市背脂ラーメン』】の続きを読む



      千葉県野田市に本店を構え、全国に20店舗以上の支店を持つ人気餃子店です。

      野田本店には県内外からこれを目当てに来店する人が後を絶たず、市内の家庭の冷凍庫には必ずホワイト餃子が常備されているとも言われている、野田市民のソウルフードでもあります。

      ◆ホワイト餃子の総本山、野田本店。

      電車∶東武野田線愛宕(あたご)駅から徒歩約15分、車なら都心から約1時間で到着します。

      車∶店舗には25台分の駐車場がありますが、車で行く人は確実に停めるために開店時間前の到着がおすすめです。

      ここは開店前でも店内で待たせてもらえるので、早めに着いても安心です。

      ■ホワイト餃子 野田本店

      千葉県野田市中野台278

      [営業時間]イートイン/月~金曜17:00~19:00、土曜16:40~19:00、日曜 16:30~19:00 テイクアウト/9:00~売切れまで 

      ※状況により9:00前から販売開始、9:00前に売切れる場合あり。

      [定休日]水曜、年末年始

      TEL∶04-7124-2424



      【【ソウルフード】『野田市ホワイト餃子』】の続きを読む


      安中市(あんなかし)は、群馬県南西部にある人口約6万人のである。江戸時代に板鼻・安中・松井田・坂本が中山道の宿場町として栄え、また、江戸時代には安中藩の城下町であった。 碓氷川及びその支流の流域の大部分を市域に含んでいる。 中心市街地付近は関東平野末端の低地であるが、西側は山間地になっており、ダムや人造湖も多い。
      17キロバイト (1,489 語) - 2022年7月23日 (土) 23:03


      群馬県の西部では、カツ丼というとアツアツのカツにさっとソースをつけたものが主流です。
      『板鼻館』のタルタルカツ丼はソースがかかっているだけではありません。

      なんと自分でタルタルを作って食べるというもの!
      しかも使うのはすり鉢!
      小さめなすり鉢に銀紙が敷いてあり、その上にゆで卵とマヨネーズが乗っています。
      これをカツ丼が来る前に混ぜ合わせます。

      実は、タルタルカツ丼は「すり鉢タルタルカツ丼」という名前で商標登録済みなんだそうです。
      昭和の風情感じる『板鼻館』は、しゃべくり007やいきなり黄金伝説などのテレビ番組でも取り上げられたタルタルカツ丼があることで有名です。

      ■板鼻館
      電話:027-382-5403

      営業時間:11:00~14:30 16:30~20:00

      定休日:月曜日

      住所:群馬県安中市板鼻2-4-6



      【【ソウルフード】『群馬県安中名物タルタルカツ丼』】の続きを読む

      江戸に春を告げる白く可憐な魚『白魚』を使った種物が『白魚(しらうお)そば』です。

      蕎麦 (おろしそばからのリダイレクト)
      平成19年度「十日町そば研究会」開催(新潟県公式)[リンク切れ] ^ 十日町のそば処紹介(十日町を楽しもう!) ^ しらうおそば白魚蕎麦】(そばの豆事典) ^ 素魚そば(佐渡)(おそばミュージアム) ^ a b 羽茂「大崎そば」(インターネットTV佐渡国)[リンク切れ] ^ 大崎そばの会(佐渡観光協会)[リンク切れ]
      161キロバイト (22,098 語) - 2022年7月18日 (月) 22:51


      佐渡は信濃、越後に次いでそば屋の多い土地柄で、「白魚そば」は、真野町特有の食べ方です。
      佐渡の手打ちそばは色が黒い田舎風で、そば粉100%のものや山芋と卵を繋ぎに使った繋ぎそばがあります。
      その手打ちそばに白魚をかけて食べるのが「白魚そば」です。
      白魚は日本海沿岸で獲れる体長8~10㎝の小魚。薄塩の湯で白くなるまで手早く茹でます。
      かけ台に焼海苔を敷き、茹でたシラウオをその上に乗せます。淡泊な味がそばに良く合う、早春の種物です。
      ♦因みに『白魚』は別名『トノサマウオ』、漁火を灯しての『白魚』漁は江戸の春の風物詩でした。
      旬は2~4月です。因みに江戸前の『白魚』漁は大正期まで続いたようですが、その後の河川と海の環境悪化で東京湾から消えました。


      【【ソウルフード】『佐渡ヶ島白魚そば』】の続きを読む

      👉すったて

      味噌をベースに胡麻、キュウリ、青じそ、ミョウガ等の夏野菜をすり鉢ですり合わせたものを、冷たい水やだし汁で割ってつけ汁とし、これにうどんをつけて食べる、川島町に昔から伝わる郷土食。

      古くから稲作の盛んな川島町では、忙しい農作業の合間に簡単でさらに美味しく食べられる“すったて”が受け継がれてきた。

      特に暑い夏、食欲のない時は、薬味の清々しい香りと胡麻の風味で食欲が進み、新鮮な夏野菜と胡麻の高い栄養価で夏バテにも負けない健康な体になること請け合いの逸品。

      川島町(かわじままち)は、埼玉県の中部に位置し、比企郡に属する。 県内のほぼ中央に位置し、四方を河川に囲まれ輪中となっている。北側で市野川を境に東松山市、吉見に接し、東側で荒川を境に北本市、桶川市、上尾市に接し、南側で入間川を境に坂戸市に接しいる。地名のとおり「川に囲まれ島」のような地形となっている。
      16キロバイト (1,844 語) - 2022年6月29日 (水) 18:00


      🤔すったてって?
      江戸時代、川越藩のお蔵米の生産地だった川島町は、稲の裏作として小麦を生産してきた歴史から、「うどん文化」が発展しました。 
      暑い夏に田植え作業や草刈りに汗を流した後の農家の食事は、決まって冷たい味噌仕立ての汁で食べる「すったて」です。 

      大豆を主成分とする味噌はタンパク質が豊富なうえ、発汗で失われた塩分も補給してくれます。 
      しかも胡瓜や大葉、茗荷のさっぱりした味わいが更に涼味を誘い、一気に食欲をそそります。 
      忙しい農作業の合間に、簡単でしかも美味しく食べられるこの「すったて」は、まさに農村「かわじま」に暮らしてきた先人たちの食の知恵だったわけです。

      ♦因みに、すったてうどんの基本的な作り方
      「すったて」とは「すりたて」という意味です。名前の通りすり鉢に炒ったゴマや大葉、味噌などを次々に加え、しっかりとすり合わせて冷汁を作ります。

      市販されているゴマには、洗いゴマ・炒りゴマ・すりゴマ・ねりゴマなどがありますが、すったてうどんに使うのは、洗いゴマか炒りゴマです。

      洗いゴマは生の状態なので必ず加熱して食べる必要があります。炒りゴマはそのまま使えますが、時間が経つと湿気たり風味が落ちたりするので、再度炒って香ばしさをアップさせるのがおすすめ。

      すったてうどんはゴマの香ばしい風味がポイントなので、このひとてまを惜しまないのが大切です。

      🤗今では多くの家庭で食べられるようになり、2010年5月に開催された第6回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦では、川島町のすったてうどんが堂々の1位に輝きました。
      薬味の香り、ゴマの風味が食欲を注ぎ夏バテ防止に最適です!



      【【ソウルフード】『埼玉県川島町すったて』】の続きを読む

      このページのトップヘ