知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:グルメ > チーズ

      👉原料は牛乳だが、アナトー色素を使っているので色はオレンジ色。

      大きさは20cmほどの上下がつぶれたボール状。

      表面はクレーターのような穴が開いて、粉を吹いている。

      種別はセミハードチーズ、またはハードチーズに分類される。

      ◆近年、スーパーなどでも見かけるようになった「ミモレットチーズ」は、フランスまたはオランダが原産とされるハードタイプのチーズである。
      「ミモレット(Mimolette)」と呼ばれるこのチーズは、熟成が進むと表面にクレーターのような穴が開き、粉を吹く。
      そして、中身は鮮やかなオレンジ色をしているのが特徴である。
      このオレンジ色はアナトーという植物色素によるものである。
      ミモレットチーズを日本に広めた人物は、森喜朗(もり よしろう)元首相だという説がある。

      2005年(平成17年)8月、郵政民営化を掲げて国会が開かれていたが、自民党内部からも反対する人が出ていた。
      当時の首相である小泉純一郎(こいずみ じゅんいちろう)は、「郵政民営化の法案が通らなければ衆議院を解散する」と発言した。

      その衆議院解散を回避するため、森前首相は小泉首相のいる総理官邸を訪れた。
      その会談の後で行われた会見において森元首相は、「前首相であり先輩の自分が行っても小泉首相は考えを変えない。私に対して缶ビールとこんな干からびたチーズしか出さなかった」という内容の発言をした。

      後にその「干からびたチーズ」が実は高級品の「ミモレットチーズ」だったということが分かり、当時あまり知られていなかったミモレットチーズに注目が集まった。この出来事をきっかけとして、一部の食品店では品切れになるほどの人気を呼び、ミモレットチーズは日本中で広く知られるようになった。

      ♦因みに、1年以上たつと硬さが増すが、硬くなるほど風味が増すといわれ、特に18ヶ月以上のものは、からすみにたとえられることも多く、日本酒との相性もよい。
      温度管理を失敗しダニが死滅したものや外皮を取り除いたもの、切り分けてパッケージしたものは熟成が止まってしまう。
      そのようなミモレットは、保存しても熟成期間に数えることはしない。



      【知ってた?実は高級品『ミモレットチーズ』】の続きを読む


      チーズに比べて独特な風味は薄いものが多い。 ナチュラルチーズの分類にはいくつもの方法があるが、一般的なものとしてはフレッシュチーズ、白かびチーズ、ウォッシュチーズ、シェーブルチーズ(山羊乳チーズ)、ブルーチーズ、半硬質チーズ、硬質チーズ(ハードチーズ)、超硬質チーズの
      44キロバイト (4,982 語) - 2021年10月27日 (水) 07:42


      1992年(平成4年)に日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会が制定。

      日本の歴史上でチーズの製造が確認される最古の記録が、700年(文武天皇4年)年10月に、全国に現在の
      チーズに近い
      「酥(そ)」の製造を命じたという記録であることから。

      これは平安時代の「政事要略」に記録が残されている。10月を新暦に置き換えた11月にし、覚えやすい11日を「チーズの日」とした。

      【今日11月11日は《チーズの日》】の続きを読む

      このページのトップヘ