知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ: あの名曲が蘇る



      脚本家・倉本聰が語った「俳優・萩原健一」、そして遺作・・・

      …スター”でした。グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のヒット曲『神様お願い!』(1968年)や『エメラルドの伝説』(同)を聴いていたのは中学時代。ちょ…
      (出典:碓井広義)


      ザ・テンプターズ(The Tempters)は、日本グループ・サウンズ。1967年10月にフィリップス・レコードよりシングル「忘れ得ぬ君」でレコードデビューした後「神様お願い!」「エメラルドの伝説」「おかあさん」「純愛」以上4曲TOP10ヒットを生み、ザ・タイガースとともにグループ・サウンズ
      23キロバイト (3,356 語) - 2022年1月27日 (木) 12:33


       ♪湖に 君は身を投げた
        花のしずくが 落ちるように
        湖は 色を変えたのさ
        君の瞳の エメラルド

        遠い日の 君の幻を
        追いかけても むなしい
        会いたい 君に会いたい
        みどりの瞳に 僕は魅せられた

      (「エメラルドの伝説」詞:なかにし礼、曲:村井邦彦、歌:ザ・テンプターズ、昭和43年)
            
            テンプターズ    
               エメラルドの伝説

      【あの名曲が蘇る・132『エメラルドの伝説 テンプターズ』】の続きを読む



      あの素晴しい愛をもう一度」(あのすばらしいあいをもういちど)とは、北山修が作詞、加藤和彦が作曲し2人の連名で発表した歌曲。1971年4月5日にレコード発売。1994年3月30日にはCDシングルも発売されている。「あの素晴らしい愛をもう一度」と誤って表記されることが多い。2002年のザ・フォーク・
      16キロバイト (1,619 語) - 2022年2月25日 (金) 07:57


      ◆昭和の名曲♪

      命かけてと 誓った日から
      すてきな想い出 残してきたのに
      あの時 同じ花を見て
      美しいと言った二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度

      赤トンボの唄を 歌った空は
      なんにも変わって いないけれど
      あの時 ずっと夕焼けを
      追いかけていった二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度

      広い荒野に ぽつんといるよで
      涙が知らずに あふれてくるのさ
      あの時 風が流れても
      変わらないと言った二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度


       あの素晴らしい愛をもう一度
               加藤和彦&北山修

      【『上白石萌歌』ちむどんどんで熱唱!あの名曲が蘇る・132『あの素晴しい愛をもう一度』】の続きを読む



      矢沢 永吉(やざわ えいきち、1949年(昭和24年)9月14日 - )は、日本シンガーソングライター。広島県広島市仁保(現:南区)出身。身長180cm、血液型はB型。 愛称は「永ちゃん」「ボス」。 ファンが熱狂的であることで知られている。2006年には、NHKスペシャルにて矢沢本人ではなくファンにスポットを当てた番組が放映された。
      160キロバイト (16,496 語) - 2022年4月29日 (金) 23:52


      1975年9月21日 矢沢永吉
      作詞:相沢行夫 作曲:矢沢永吉

      ビートルズ以来、ロックで初めて武道館ライブを成功させた男。

              矢沢永吉
                雨のハイウェイ

      【あの名曲が蘇る・131『矢沢永吉 雨のハイウェイ』】の続きを読む

      👉カレンがしっとり歌いあげるこのナンバー。
      作者はニール・セダカ。
      ニールは自分でも1974年にレコーディングしましたが、多くの人にはやはりカーペンターズのヒットとして知れ渡りましたね。
      この曲は多くのシンガーがカバーしています。


      「Solitaire」は1人で行うカードゲームや盤上ゲームの総称。
      》》》孤独なゲーム》》》》》》》》》


      There was a man
      A lonely man
      Who lost his love
      Through his indifference

      ある男がいた
      孤独なひとだった
      恋人を失ったのも
      その冷たい心ゆえのこと

      A heart that cared
      That went unshared
      Until it died
      Within his silence

      心は誰かに寄り添ってほしくても
      誰にも伝わることはなかった
      そしてなくなってしまった
      彼から語られることもなく…

      And solitare's the only game in town
      And every road that takes him
      Takes him down
      And by himself it's easy to pretend
      He'll never love again

      ひとり遊びは
      この町で彼にできる唯一のゲーム
      彼はどんなことをしたって
      最後にはがっかりしてしまうのよ
      一人ぼっちの彼には
      自分を偽ることも簡単にできる
      "もう二度と恋などしない"んだって

      And keeping to himself 
      he plays the game
      Without her love
      It always ends the same
      While life goes on around him everywhere
      He's playing solitaire

      そして誰とも関わらず
      ひとり遊びを続けるの
      失った彼女もいなくて
      いつも同じ結末になってしまうわ
      時が彼のまわりを過ぎ去っていくあいだ
      どこへ行っても
      彼はひとり遊びを続けるのね…

      A little hope
      Goes up in smoke
      Just how it goes
      Goes without saying

      ちょっとした希望も
      はかなく消え失せる
      世の中そう言うものよね
      言うまでもないけれど…

      There was a man
      A lonely man
      Who would command
      The hand he's playing

      ひとりの男がいたわ
      淋しいひとだった
      手持ちの札だけで
      ゲームに興じる淋しい男

      And solitare's the only game in town
      And every road that takes him
      Takes him down
      And by himself it's easy to pretend
      He'll never love again

      そう ひとり遊びは
      この町で彼にできる唯一のゲーム
      上手くいくように見えても
      最後に彼を落ち込ませることばかり
      彼は誰とも付き合わず
      "もう二度と恋などしない"んだって
      すぐに自分を偽ってしまうのよ

      And keeping to himself 
      he plays the game
      Without her love
      It always ends the same
      While life goes on around him everywhere
      He's playing solitaire

      そして誰とも関わらず
      彼はひとり遊びを続けるの
      彼女がそばにいないから
      いつも同じ結末が待っているのよ
      どこに行っても
      人生が彼のまわりを通り過ぎて行くけど
      彼はひとり遊びを続ける…

      And solitare's the only game in town
      And every road that takes him
      Takes him down
      While life goes on around him everywhere
      He's playing solitaire 

      町でできるのは"孤独なゲーム"だけ
      どんな道を進んでいこうと
      人はがっかりさせられてしまうのよ
      人生がすぐそばを通り過ぎていく間
      人は"孤独なゲーム"を続けていくの…

                                  Solitaire
                                             CARPENTERS

      【あの名曲が蘇る・130『カーペンターズ ソリテアー』】の続きを読む

      1998年12月9日発売。
      宇多田ヒカルのデビューシングル。
      第41回日本レコード大賞「優秀作品賞」受賞。
      第14回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。
      2000 年「JASRAC賞」金賞受賞。 
      👉当時、中腰で歌う宇多田ヒカルの姿が話題に。 ----- Utada Hikaru...

      Automatic/time will tell (カテゴリ 宇多田ヒカルの楽曲)
      宇多田ヒカル > 宇多田ヒカルの作品 > Automatic/time will tell 「Automatic/time will tell」(オートマチック/タイム・ウィル・テル)は、1998年(平成10年)12月9日に発売された宇多田ヒカルのデビューシングルである。 「time will tell」は幼少時に通ったN
      12キロバイト (1,019 語) - 2021年10月5日 (火) 01:33



      【あの名曲が蘇る・the 2nd time『宇多田ヒカル オートマチック』】の続きを読む

      このページのトップヘ