知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      カテゴリ:趣味 > パチンコ


      ST機のようなゲーム性を1種2種スぺックで再現、右打ちRUSH中は継続率約77%+出玉獲得時の約3割で一撃3000発払い出しが獲得でき、さらには初当り時にも3000発の可能性ありと、ホールでも人気稼働中の本機。
      今回は初当りの鍵を握る通常時アクションと右打ち中演出の中から高信頼度パターンを数値と共にピックアップ!

        <<保留変化予告 >>
      ★パターン 
      色変化時 ーーー虹
      ★カスタムなし時&先読みカスタム中  
      鬼がかり3000BONUS濃厚!?

      ★パターン
      髪飾り保留(最終色)ー虹
      ★カスタムなし時&先読みカスタム中  
      鬼がかり3000BONUS濃厚!?

      ★パターン
      モーニングスター保留(最終色)ーーーー虹
      ★カスタムなし時&先読みカスタム中  
      鬼がかり3000BONUS濃厚!?

      ★パターン
      鬼モーニングスター保留(最終色)ーーー 虹
      ★カスタムなし時&先読みカスタム中 
      鬼がかり3000BONUS濃厚!? 





      【パチンコするなら、『リゼロ鬼がかり』】の続きを読む


      🛠️くぎ曲げ≒くぎ調整

      ◆くぎ曲げはパチンコに必須だが違法

       11月7日に宮城で、翌々日の9日には京都でと、行政によるホールの摘発が相次ぎました。容疑は風営法違反の未承認変更、くぎ曲げです。パチンコにおいて“くぎ”は入賞率の良し悪しを左右するものであり、これを「曲げる=調整する」ことは出玉の管理、つまりは営業面で必要不可欠なもの……というのが業界内での常識。多くのホールで日々行われている店長などの管理者にとっては当たり前の仕事でもあります。

       そんな日常業務で摘発されたとしたらすべてのホールが対象になってしまい、「業界自体が成り立たなくなる可能性もあるのでは」と思う人もいるでしょう。でも実際には、そうはなりません。

       くぎは稼働している間はつねに玉が当たり続けることで、徐々にではありますが自然と曲がっていきます。となると本来の形、現状では納品段階の状態ではなくなってしまい、これはこれで本来の形と違いますから違法状態とされる怖れがあるわけです。

       そこでメンテナンスとして元の形に戻すための、くぎ調整が必要になってきます。行政側はこれについては特にあれこれ言いませんが、メンテナンス=利益調整のためのくぎ調整については厳しい姿勢で臨んでいるわけで……。今回のニュースは、改めてそのことを業界に示したと言えるのではないでしょうか。

      ◆くぎ曲げとソープランドは同じ次元の話か

       パチンコ業界と同じく、風営法に関わる業種としてソープランドがあります。これも現実的にはあんなことやこんなことが行われていますが、あくまで自由恋愛という「たまたま客と嬢がその場で恋に落ちてしまった」という建前で黙認されていますよね。だからといって「行政側として完全に認めているわけではない」ということを示すためなのか、定期的に管理売春で摘発しています。

       くぎ調整も同様で、メンテナンスという建前で黙認しつつも、あまりに目に余るようだとしっかり摘発して押さえつけておく。警察行政は風営法だけではなく、例えば道路交通法関連でも現場の判断で少々のスピード違反は見逃してくれたりと、悪質性やその場の状況などで柔軟に法規を運用しているなという印象です。

      ◆規則ではくぎをどう扱っているのか

       そもそも規則において、くぎは「概ね垂直」という曖昧な表現しかありません。だから見た目で明らかに曲がっているものは一発アウトだとしても、微妙な角度ではどこまでが概ねなのか判断がつきかねるもの。新台導入時には行政による検査が行われますが、遊技台の製造番号をチェックして終わりということがほとんどです。

       でも一部の担当官は角度を計る器具を持参して厳密にチェックすることもあり、そんな担当官がいる地域ではあっという間にホールの間で情報が共有され、通常は閉店後の納品直後に行うくぎ調整を開店前の検査後にするなんて話もあります。

      パチンコメーカーが作る「くぎ確認シート」とは

       そのような検査官にとって、もっと明確で利便性の高いツールになっているのが「くぎ確認シート」でしょう。これは旧規則機(CR機)時代の後半、2010年代半ばから型式試験時と営業時で遊技機の性能が異なるとして、メーカー側によるくぎ曲げが問題となったタイミングから導入されたもの。ざっくり言うと型式試験は大当り出玉の割合が少なくなるようなくぎに調整し、実際の営業時にはその逆の性能になるようにしたものですが、大々的な遊技機の撤去など業界的には大騒動となりました。

       それまでは新台が納品、設置されたらメーカーや販売会社の担当者が営業くぎに打ちかえるのが慣例でしたが、そういった作業もこれをきっかけにぱったりとなくなり、同時に本来の性能を担保したくぎの状態を確認できるようなシートも付属されることに。担当官がこのシートを盤面の該当部分に当てたとして、ちょっとでもずれていたら即アウトになるだけに、ホール側も日々のメンテナンスでは慎重に扱っていることと思います。

       ただ多くの店長は「シートの範囲内でも十分に出玉の管理はできる」と話していますから、くぎ確認シートの存在はメンテナンスと称した「くぎ曲げ≒くぎ調整」の、どこまでが適法でどこからが違法になるのかのガイドラインになったとも言えるでしょう。

      ◆なぜ行政は今回のくぎ曲げを問題視したのか?

       今回摘発されたホールがどこまで曲げていたかは存じませんが、どうやらネットの書き込みなどを見る限りは特に一般入賞口付近を潰していた模様。一般入賞口はメーカーを巻き込んだくぎ曲げ問題でも重要視された部分で、玉持ちを左右する、つまり投資ペースを遅くして射幸性が低くなるベースに関わる部分ですから、行政側としても見過ごせなかったのでしょう。

       業界の健全化を推進している団体も、立ち入り検査の際には重点的にチェックするところでもありますから、潰せば利益が上がりやすくなるとはいえ、やっぱり一般入賞口付近を調整するのは悪手であると言わざるを得ません。

      ◆ヘソをがばっと開けてくれたら……

       一般入賞口を潰した分、ヘソをがばっと開けてくれていたらファン心理としては優良店だなと思います。でも残念ながらそんなホールは見たことはなく、くぎ確認シートというガイドラインを無視しているような遵法精神のないホールは、色々な面でやっぱりダメなんだろうなと受け止めておいたほうが良さそうです。

      文/キム・ラモー

      【キム・ラモーン】
      ライターとして25年のキャリアを持つパチンコ大好きライター。攻略誌だけでなく、業界紙や新聞、一般誌など幅広い分野で活躍する。



      (出典 news.nicovideo.jp)

      【パチンコ業界最大のタブー「くぎ曲げ」問題。立て続けに逮捕者が出た裏事情 】の続きを読む



      👉スマスロではメダルを一切使わず、完全にデジタルで枚数を管理することで投入口や払い出し関係のゴト行為を撲滅すると同時にメダルを入れたり箱に詰めたりする手間もなくなります。

      業界団体では昨今の情勢から感染対策にもなると説明していました。

      ◆スマスロが遂にホールデビュー

       2022年8月の本稿で次世代パチスロであるスマートパチスロ(スマスロ)について紹介させていただきましたが、いよいよ11月21日から全国のホールで導入が始まります。

       改めてスマスロって何ぞやと軽く紹介すると、遊技メダルが不要になるのがこれまでのパチスロとの大きな違い。これまでは台の横にあるメダルサンドへお札を入れ、20円貸しで千円投入なら50枚のメダルが出てきて、それを使って遊技するというのが基本でした。

       でもスマスロではメダルサンドが専用のユニットになり、お札を入れたら枚数分の情報がスマスロに送られて一切メダルを使うことなく遊技ができます。出玉情報もユニット側に送られ、景品に交換する場合にはユニットから出てくるカードカウンターに持っていくだけ。

       誰が触ったのかわからないメダルがなくなるというのは、ウィズコロナの時代にピッタリですし、利便性も飛躍的に向上するのは間違いありません。やっぱりメダルを触ってないと遊んだ気がしない……という、頑固な人もいるかもしれませんが、そうは言っても便利さを覚えてしまえば自然とそちらにシフトしていくのはキャッシュレス決済などで実証済み。

       沖スロみたいなメダルの大きさが魅力のひとつであるジャンルに関してはどうなるかわかりませんが、メダル機も平行して作られるので機械の特性によって棲み分けわれていくのかもしれません。

      ◆出玉情報は管理されるが……

       そして、ただ便利なメダルレスになるわけではないのがスマスロ。専用のユニットが必要とされる大きな理由が、出玉情報の一元管理にあります。以前の本稿でも紹介しましたが、何かが変わるときに必ずと言ってよいほど出てくる「射幸性の抑制」が、スマスロにおけるそもそものスタート

       個々の台の出玉情報はメーカー団体が設けるセンターに送られ、過度な出玉がないかが常に監視されるようになります。また過度の射幸性が抑えられているはずの規則で作られている6号機とはいえ、何かが間違って想定外の出玉があるかもしれない。

       そんなことが起きないよう担保するのが、コンプリート機能。これはスマスロだけではなくメダル機にも搭載されることになっていますが、当日の差枚が1万9000枚を越えないようにするもの。具体的には1万9000枚に達したら打ち止め状態となって台をリセットしなければ再稼働できないというもので、「枚数が近づいた状態で間もなくコンプリートしますよ」的な表示をすることでユーザーを混乱させないようになっています。

      ◆「コンプリート無効化」をするホールはあるのか

       ただその表示が出たら電源をオンオフすれば枚数はリセットされてもAT状態は保持されるそうなので、もしかしたらそんなサービスをするホールが出てくるかも……。まぁ、そういう行為をした場合にはセンター側にバレるようになっていますが、そのペナルティが果たして実効性があるのかどうか。

       特にパチスロファンにとっては年に一度のお祭りとして定着している三重県大晦日から元旦にかけてのオールナイト営業では、コンプリートを無効化するサービスをするようなホールが出てくる可能性も否定できません。ファン側としては正直ありがたいですが、やはり決めたことは守らないといけないですしね……。

      スペック面が大幅に向上し万枚も射程圏か

       いずれにしても出玉情報を管理することで射幸性を抑制しつつホール側の不正を防止するスマスロは、業界としては(行政側としても?)積極的に導入していきたいという意向があります。でも導入するためには専用ユニットが必要で、ホール側としては余計な設備投資が必要になります。

       それでもスマスロ第一弾として11月21日導入の新機種があっという間に完売してしまう最大の理由は、スペック面の向上

       5号機末期からその概念が導入され、6号機のAT機やART機といった指示機能(押し順ナビ)搭載機には必須の「有利区間の内規」が、スマスロではさらに緩和されます。

       有利区間の枚数についてはファンからも好評である6.5号機の差枚で2400枚を継承しますが、ゲーム数は完全に撤廃(6.5号機では4000ゲーム)。これで仮にリセット時からじわじわと数日かけて吸い込ませ、その分を一気に出すことで一撃万枚なんていうのも可能になります

       もしかしたら5号機以上の、ひょっとしたら4号機にも匹敵するような出玉も夢ではありません。だからこそスマスロに対するファンからの、そしてホールからの期待は高くあっという間に完売している状況になっています。

      ◆スマスロでV字回復期待も休廃業を選択するホール

       またスマスロを導入するためには絶対に必要なユニットが、世界的な半導体不足の影響から需要に対して供給数が圧倒的に足りていないという問題もあります。スマスロ第1弾はユニットセットで導入しなければならないだけに、現時点で激しいユニット争奪戦がホール間で起きているのです。

       これはちょうと30年近く前のパチンコCR機黎明期に似た状況で、やはり力のある大手が率先して確保している模様。そんな動きに白旗を上げたのかどうかは定かではありませんが、業界が期待するスマスロでV字回復というタイミングを横目に休廃業を選択するホールも少なくないようです。

      ◆スマートパチンコ導入でさらに休廃業が増えるか

       来年にはパチンコの次世代機であるスマートパチンコ(スマパチ)も登場予定で、ユニット不足に拍車がかかりそうですが、これで大手と中小との格差がさらに広がらないことを個人的には願いたいもの。ただ中小に該当するホールの人は、先に導入されたら間違いなく客を奪われてしまうと話していただけに、よりいっそうの二極化が進み、結果として休廃業に追い込まれるホールがさらに増えることになる可能性は高そうです。

       最後になりますが、スマスロもスマパチの特性として玉やメダルの補給など付随設備が不要という点があります。これによって新規店舗を作る際にコスト面の軽減だけではなく、少台数かつレイアウトフリーな店作りもできてしまうわけで。例えばカフェのような空間に数台の遊技機も置けますから、採算性はともかくとして新しいファンの開拓も期待できます。

       でもそういう店舗を展開できるのも、やっぱり大手だけになるでしょう。となると店舗数が増えることはあっても、より大手法人による寡占化が進んでいく。それが業界や行政の望む形であったとしても、なんだか寂しい気持ちになるのは筆者だけではないと思います。

      文/キム・ラモー

      【キム・ラモーン】
      ライターとして25年のキャリアを持つパチンコ大好きライター。攻略誌だけでなく、業界紙や新聞、一般誌など幅広い分野で活躍する。

      11月21日より導入がスタートする「スマスロ」。その裏で休廃業するホールが増えている


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【休廃業するパチンコ店がスマスロ導入の裏で急増するワケ 】の続きを読む


       全台設定1にしてあること。また、台ほとんどが設定1で、1でない台でも高設定設定4・5・6)が使われていないこと。またはその状態をしばらく放置しておくこと。ピンはサイコロの1が語源。 ヘタレヤメ 投資がかさんだりハマリが深くなった時に萎えてしまい、高設定を期待できる段階でも撤退すること。対義語は全ツッパ。…
      126キロバイト (22,038 語) - 2022年6月13日 (月) 10:06


      パチスロの最高設定「6」
      それでも負ける不運な人を励ましてあげたい!

      パチスロには「設定」という概念がある。
      1から6までの数字が割り当てられ、1は最も勝ち目が薄く、6はその台で最高の出玉率を誇る。
      目の前の台がどの設定かは、ユーザーがパッと見ただけではわからない。
      そのため、パチスロファンは「どの台が設定6なのか」を探り当てようと右往左往する。それが日本のパチスロ文化の根幹だ。

      👉ベルコの『鬼浜爆走紅蓮隊 狂闘旅情編』や『鬼浜爆走紅連隊 激闘謳歌編』、大一商会の『パチスロ うしおととら 雷槍一閃』、平和の『主役は銭形3』など、昨今の6号機では「設定L」なる特殊な設定を搭載しているマシンが多々ある。
      いずれのマシンは、設定Lの初当り確率こそ「??」と表記しているものの、機械割は80%程度と公表。
      打てばほぼ負けるであろう数値なだけに、ファンの間では、その是非が問われている。
      では何故、設定Lが存在するのか。YouTubeチャンネル「NEWS777」では、その理由について業界ジャーナリストのPOKKA吉田氏が詳しく解説している。

      POKKA吉田氏によると、設定Lはパチスロの「型式試験に適合させるための措置」とのこと。
      6号機は5号機と比べて出玉の制限が細かく決められていることから、最低設定でも「その上限を超えない」レベルの設定Lを組み込むことで「適合しやすくさせている」と推察している。 
      詳しく述べると、6号機の上限枚数は400Gで220%=+約1240枚、1600Gで150%=+約2070枚、6000Gで126%=+約4040枚、17500Gで120%=+約6800枚と定められている。
      基本的に型式試験では最低設定と最高設定を必ずチェックし、これをオーバーした場合は不適合になるという。端的に言えば、設定Lは型式試験上での誤爆の防止と考えられるわけだ。

      また、機械割80%程度という数値についても、POKKA吉田氏は「規則で定めている(下限)数値よりも全然、高い」と説明。
      ファン目線はもちろん、業界関係者目線でも「あり得ない数値」ではあるものの、規則的には「許容の範囲内」なのだという。

      ただ、ファンとして心配なのは「ホールが設定Lを使用するのでは?」という点。
      現状、設定L搭載機は同設定を投入すると「下パネルが消灯する」といった示唆が発生するが、POKKA吉田氏は「設定Lがあったら使うホールは出てくる」とし、設定L搭載機を製造するメーカーは「設定Lの挙動をファンに向けて公開すべき」と持論を述べた。
      結論として、設定Lは「ない方がいい」と断言。

      【パチスロの最高設定「6」 それでも負ける不運な人を励ましてあげたい】の続きを読む


      😁パチンコの看板でたまに目にするのが、「パ」だけが抜けているパ抜き看板。しかし、「パ」以外の文字が先に消えている看板はあまり見掛けない。
      実はパチンコの看板で「パ」だけが消えるのは偶然ではなく、ちゃんとした理由が存在する。
       その理由の大きなポイントはこの看板が「ネオン管」だということ。
      「パ」の半濁点の「○」は小さく・細く・カーブが急になっている。
      そのため、ネオン管が薄く割れやすく、ネオンガスが抜けやすい。これにより「○」だけ電気が切れてしまう。さらに「パ」の「○」と「ハ」は回路がつながっているため、「ハ」にも異常が発生し、消えてしまう。
      これが考えられる一つ目の理由である。 
      もう一つの理由は、「パ」の「○」の部分のネオン管と台座の距離が他の文字よりも近いことである。
      ネオン管とスチール土台の距離が近い場合には、そこで通電を起こす。その結果、ネオン管に穴が開き、ネオンガスが漏れる。 ネオン管と金属製土台が通電しないように、ある程度の距離が必要だが、それを守ると「○」が大きい不自然な「パ」になってしまう。
      そのため、「○」の部分のネオン管と土台の距離を近くして、文字のバランスを取っている。すると、「○」の部分だけ土台にも通電しやすくなり、ネオン管からネオンガスが漏れ、他の文字よりも早く消えてしまう。 
      ちなみに、現在のパチンコの看板はLEDに代わっており、ネオン看板自体がとても珍しくなっている。
      パチンコの「パ」だけが消えた看板は、街角の駄菓子屋や公衆電話と同じように、もうすぐ消えゆく昭和の景色なのである。


      【パチンコ看板の「パ」が先に消える理由】の続きを読む

      このページのトップヘ