よいとまけ (Yoitomake)は、北海道苫小牧市の銘菓。製造元は三星(みつぼし)。「よいとまけ」の名は、地元苫小牧にある製紙工場の木場で丸太を上げ下ろしする時のかけ声に由来し、外観も丸太をモチーフにしている。株式会社三星のWebアドレスにもその名が使われている。(yoitomake.jp)
4キロバイト (414 語) - 2020年12月6日 (日) 06:16


日本一食べづらいお菓子「よいとまけ」は、苫小牧市民のソールフード。
ハスカップジャムを使用で、甘酸っぱい味。ケーキもあります。
♦因みに、よいとまけの名前の由来
三星によると、「よいとォまいたァ」という掛け声が名前の由来だとか。
 苫小牧市の大手製紙工場では、原料の丸太を積み下ろしていたわけですが、その時の掛け声が「よいとまいたー」だったとか。
 お菓子の形も丸太状、名前の由来も苫小牧の一大産業の風景からとられたというわけです。

「ヨイトマケの唄」は、昔丸山明宏が歌っていた。
以前、美輪明宏が紅白歌合戦で歌い、大きな話題にもなりました。

【【ソウルフード】『苫小牧市よいとまけ』】の続きを読む