知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:カムカムエヴリバディ


      👉口を大きく動かしながら3回続けて言ってみましょう!

      ♢打者(だしゃ) 走者(そうしゃ) 勝者(しょうしゃ) 走者一掃(そうしゃいっそう)

      ♢生(なま)なまず 生(なま)なまこ 生(なま)なめこ

      ♢肩硬(かたかた)かったから 買(か)った肩(かた)たたき機(き) 

      ♢高(たか)かった社長(しゃちょう) 支社長(ししゃちょう) 司書室長(ししょしつちょう) 

      ♢赤(あか)カマキリ 青(あお)カマキリ 黄(き)カマキリ

      ♢新人(しんじん)シャンソン歌手(かしゅ)による 新春(しんしゅん)シャンソンショー


      【みんなでチャレンジ!『早口言葉』】の続きを読む


      上白石萌音の「突発バストアップ」に騒然!

      変貌は「カムカム」直後に現れた✨✨✨✨ 

      上白石萌音が、9月14日放送の「世界くらべてみたら」(TBS系)に出演。
      その胸の膨らみが、視聴者の驚きを誘った。 
      実は上白石は、以前からファンの間では充実したバストの持ち主として有名。
      そのサイズはおよそ「Cカップ」とも言われていたが、「今回の放送を見る限りDカップ程度にまで大きくなっているように見えた」(テレビウオッチャー)という。いったいどういうことなのか。
      「昨年暮れから放送されていたNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の序盤での登場時は、子供を背負って前で縛るシーンなどでも、そこまで大きくなっているようには感じませんでした。
      となると、その後の今年2月から始まった舞台『千と千尋の神隠し』が影響しているのかもしれません。
      この稽古がかなり激しかたようで、マスクをしながら走ったり跳んだりのハードな動きで『何回か倒れると思った』とまで明かしていますからね。
      そんな中で無駄なお肉が落ちてウエストも絞られ、胸のボリューム感アップにつながったのかもしれません」
      (芸能ライター)

      【『上白石萌音』の「突発バストアップ」に騒然!変貌は「カムカム」直後に現れた』】の続きを読む



      朝ドラが描く“きょうだいの恋愛”の役割比嘉歌子(上白石萌歌)と砂川智(前田公輝)の2人がどうにもこうにもハッキリしない。
      「早くくっついちゃえよ~!」と言いたくなるが、そう簡単にいかないのが恋愛なのか? 
       現在、『ちむどんどん』(NHK総合)は、比嘉賢秀(竜星涼)と猪野清恵(佐津川愛美)ペア、歌子と智ペアの恋の行方と、ヒロイン・暢子(黒島結菜)が店の不振をどう打開するのか……という二軸で展開されている。
      店の方は「猪野養豚場」がキーワードとなっていたが、この4人の恋に関しては、すれちがいもあってしばらく平行線のままだった。
      しかし、9月14日に放送された第113話にて、紆余曲折あった賢秀と清恵の想いが通じ合い、一件落着となった。
       一方、歌子は、智がまだ暢子に気があるのだと勘違い。意地を張ってケンカした矢先、智が事故に……。結果的に大したことはなく、2人は仲直り。ようやく一歩前進した程度だ。両思いのはずの2人のやりとりが、しばらく描かれていないのがヤキモキする! 朝ドラでは、ヒロインの恋はもちろん、こうして、きょうだいの恋愛も多種多様に描いてきた。
      たとえば直近に放送されていた『カムカムエヴリバディ』もそうだ。 初代ヒロイン・安子(上白石萌音)の兄・算太(濱田岳)は、雉真家に仕える女中・雪衣(岡田結実)に「店(和菓子屋たちばな)を始める家が手に入ったら、そこでわしと一緒に暮らしてくれんか?」と想いを伝えた。しかし、朝方、雉真勇(村上虹郎)の部屋から彼女が出てくるのを見てしまう。
      その後「たちばな」再建のための通帳を持って蒸発して……。 約30年の時を経て、算太は3代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)の前に現れる。安子に会うことは叶わなかったが、2代目ヒロイン・るい(深津絵里)たちとも交流を深めた。
      この世を去る直前、算太は2つの通帳を託す。それはあの「たちばな」再建のための貯金と、るいの姿を見てから毎月入金していた通帳だった。
      彼の想いを知ったるいは、算太が亡くなったあと、地元・岡山へ。そこで安子と向き合う決意をする。結果的に算太が、安子、るい、ひなたをつなぐ役割を担ったのだ。 ひなたの弟・桃太郎(青木柚)の恋も忘れられない。
      彼は幼いころからひなたの親友・小夜子(新川優愛)に想いをよせていたが、彼女が赤螺吉之丞(徳永ゆうき)と結婚すると知って意気消沈。最終回では、水田きぬ(小野花梨)の孫・花菜(小野花梨/二役)に一目惚れし、出会ったその日に告白。翌年に結婚した。 
      こうしてみると、朝ドラが描く“きょうだいの恋愛”は、物語の交差点的な役割を果たしているように思う。彼ら彼女らが、恋をして、成就して、失恋して、結婚して……と岐路に立つたび、展開が枝分かれし、ヒロインの人生も偶発的に転がっていく。 
      たとえば、算太が失恋し、蒸発したことで安子たちの人生が大きく変わったし、養豚場と暢子の店を繋いだのは賢秀がいたから。
      そもそも喧嘩がなければ、清恵が巡りめぐって店を訪れることもなかった。 また、桃太郎と同じく、意中の相手に何も告げず、想いを心の奥にしまった過去がある歌子。
      彼女が店に来なければ、休業中といえど「ちむどんどん」も大ピンチを迎えていただろう。その裏には母・優子(仲間由紀恵)が、“歌子を智のそばにおいてやりたい”という気持ちがあった。
      今の智と歌子に障害はないはず。桃太郎のように最後のさいごは幸せになってほしい。 現在放送中の第23週サブタイトルが「にんじんしりしりーは突然に」。
      こちらは、小田和正の名曲「ラブ・ストーリーは突然に」のオマージュという見方もできるが、23週の後半戦はさらに恋愛関係が大きく動いていくのだろうか?

      【『ちむどんどん』『カムカムエヴリバディ』にみる、朝ドラが描く“兄弟の恋愛”の役割』】の続きを読む



         ❨ちむどんどん❩
      歓楽街シーンに「スナックひなた」

      カムカム意識?看板に注目「ロゴまで似せてる」
      「スナックひなた」にファン注目 視聴者から思わぬ注目が集まったのは、スナック街のシーンで背景に映り込んだ「スナックひなた」という看板だ。
      「ひなた」といえば、前作の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で俳優の川栄李奈さんが演じたヒロインの名前だ。 
      この看板について、視聴者からはツイッターに、 
      「スナックひなたの看板、絶対カムカム意識してる...」 
      「スナックひなたの看板、カムカムのロゴ意識したデザインになってる?」 
      「スナック『ひなた』店名のみならずロゴまで似せている」 
      「スナックの名前、朝ドラのタイトル意識してたりする?」
       といった声が上がっている。 そのほか、同じシーンで映った「真紅」の看板は、19年放送の朝ドラ・スカーレットと関係があるのではないかとする声や、「纏う朝」という看板はちむどんどんの主題歌「燦燦」の歌詞からの引用ではないか、とする声もあった。

      【ちむどんどん、歓楽街シーンに「スナックひなた」 カムカム意識?看板に注目「ロゴまで似せてる」】の続きを読む



      「カムカムエヴリバディ」

      公式SNS、終了日発表 「舞いあがれ!」に引き継ぎへ
      👉「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の公式インスタグラムと公式ツイッターは8月26日(金)午前には、すべての投稿が見られなくなります」と報告。

      【「カムカムエヴリバディ」公式SNS、終了日発表 「舞いあがれ!」に引き継ぎへ】の続きを読む

      このページのトップヘ