知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:カレンダー


    場合には一日単位で一枚紙に当該の日付が大きい数字で示される。月単位カレンダーの中には前後の日付も表示するものもあり、枠内に当該月の日付よりも数字を小さくしたり薄い色にしたりして前後の日付を表示するものや、枠外に前後カレンダーを小さく表示するものなどがある。 曜日 月単位
    12キロバイト (2,060 語) - 2021年7月30日 (金) 02:59


    カレンダーの業界団体である全国団扇扇子カレンダー協議会と全国カレンダー出版協同組合連合会が1988年(昭和63年)に制定。

    1872年(明治5年)に太政官布告で太陽暦が採用されることとなり、明治5年12月3日(旧暦)が1873年(明治6年)年1月1日(新暦)となった。

    この改暦により、日本は太陽暦を採用している諸外国と外交上の足並みを揃えられることになった。

    太陽暦の採用により、文明国家の仲間入りを広く世界にアピールすることできた。

    合わせて、もう一つの意義として、明治維新以後、行き詰って余裕のなかった政府の財政回復を狙ったという説もある。

    新暦に移行することで、その年は閏月を含む2ヵ月分の人件費を削減することができた。

    【今日12月3日は『カレンダーの日』】の続きを読む


    『ハートカクテル』(Heart Cocktail)は、わたせせいぞうによる日本の漫画作品。わたせの代表作のひとつで、アーバンな恋愛模様がオールカラーで描かれている作品。『モーニング』(講談社)にて、1983年16号から1990年2・3合併号まで連載され。モーニング・オールカラー・コミックブックとして全
    27キロバイト (3,312 語) - 2021年10月7日 (木) 03:04


    2019年に画業45周年を迎えた、日本におけるカラーコミックの先駆者。
    【わたせせいぞう】
    その都会的かつ洒脱な作風は、代表作『ハートカクテル』(1983~89年)を筆頭として、今も多くの読者を魅了し続けています。
     またコミックでありながら一枚絵としての魅力にもあふれたわたせ氏の作品は、時代を超えて愛され続ける普遍性をそなえており、ファッション雑誌や小説の表紙、レコード/CDジャケット、企業広告やカレンダーなどに数多く使われてきました。 
    さらに企業からの求めで描かれたタイアップ作品も少なくありません。 
     旧来からのファンの方々にとっては幻の作品と再会できるまたとない機会であり、若い読者にとっては初めて観る「わたせワールド」との感動の出会いとなるでしょう。

    【「わたせせいぞう」魅力のカレンダー】の続きを読む

    このページのトップヘ