知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:グルメ


    大江戸温泉物語 のバイキング・松葉ガニ



    大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌、以下 大江戸温泉物語)が運営する、兵庫県城崎温泉 きのさきで【冬のまんぞくバイキング】がスタートします。



    リリースでは【冬のまんぞくバイキング】と一緒にお楽しみいただきたい、この時期だけ、そして城崎という土地ならではの美味しさをご紹介いたします。


    <ご紹介する宿>

    大江戸温泉物語 城崎温泉 きのさき [https://kinosaki.ooedoonsen.jp/]{https://kinosaki.ooedoonsen.jp/}
    料金:1泊2食 11,308円~ ※1室大人2名様ご利用時の1名様料金



    周辺観光地「玄武洞」をモチーフにした、広々として落ち着いた雰囲気溢れる大浴場
    きのさき周辺の観光地はこちらから [https://kinosaki.ooedoonsen.jp/sightseeing/]{https://kinosaki.ooedoonsen.jp/sightseeing/}


    また、兵庫県内在住の方のみが対象となりますが、きのさきは「ふるさと応援!ひょうごを旅しよう」キャンペーン対象宿です。
    宿泊料金が最大5,000円お得になり、また地域で使えるクーポンももらえるお得なキャンペーンで、上手に旅を楽しみませんか?


    キャンペーン宿泊対象期間:2021年12月31日(金)まで
    ※キャンペーンは予告なく、早期に終了する場合がございます。


    詳しくはこちらから [https://kinosaki.ooedoonsen.jp/news/14244]{https://kinosaki.ooedoonsen.jp/news/14244}

    <冬のまんぞくバイキング>

    ◼️ フェア名 :山海の幸が勢ぞろい! 冬の贅沢グルメバイキング
    ◼️ 期間 :2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)


    フェアタイトル通り、山の恵み、海の幸でお作りする贅沢なメニューが並ぶフェアです。



    左:年末年始のお席に華を添えるご馳走、「ローストビーフ」。定番のグレービーソースの他にもお肉の美味しさを引き立てる数種類のソースをお好みでお選びください。
    右:本まぐろや、冬を迎え脂がのってきたぶりなど、お造りは豪快な舟盛りでご提供します。兵庫の地酒と合わせてお楽しみください。


    現在、レストランでは但馬の銘酒【香住鶴】をお楽しみいただけるフェアを開催中です。
    全ての銘柄を手間も日数もかかる生酛(きもと)と山廃で仕込む全国的にも珍しい酒蔵、香住鶴。
    蔵元ときのさきスタッフが厳選した銘柄は飲み比べでもお楽しみいただけます。
    日本酒生産量日本一兵庫県の宿ならではのおもてなしです。



    左:女性やお子様が大好きなパスタは、ソースに深みと旨味を加える渡り蟹を使ったトマトクリームパスタでご提供。
    右:魚介のアラや柔らかさが増した白菜や葱などたっぷりの具材が入った味噌仕立ての「漁師鍋」でお腹の底からポカポカに。


    ファミリーや3世代で過ごすシーンの増える年末年始。
    子供から大人までどなたにもご満足いただけるバイキングメニュープラスして、きのさきならではのスペシャルな別注料理をオーダーしてみませんか?


    <年末年始のお席に華を添える別注料理>

    冬の味覚の王様と呼ばれる「かに」。きのさきでは、日本海のズワイガニで丹後半島から島根沖で漁獲し、地元で水揚げされる「松葉ガニ」をご提供いたします。
    地元・津居山漁港や浜坂漁港は、水揚げする場所から漁港までの距離が近く、高い鮮度を保ったまま松葉ガニが運ばれます。
    地元漁港で目利きの仲買人に競り落とされた、600グラム前後の身が詰まった松葉ガニのみを仕入れてご提供します。
    少々お値段は張りますが、それだけの価値がある、憧れの「タグ付きかに」で年末年始のお席をぐっと華やかにしませんか?


    ◼️ 山陰地方産 松葉ガニ 16,280円

    ◼️ 販売期間:2021年11月7日~2022年3月6日

    ※3日前までの事前予約制 ※水揚げ状況によりご提供できない場合がございます



    栽培、飼育・養殖方法の多様化により、様々な食材が通年通して食べられる現代ですが、この松葉ガニは正に、「期間限定」そして「この地域だから楽しめる」食材です。


    お召し上がり方は二つ。
    丸ごと一杯をボイル。甘みと旨味をバランスよくお楽しみいただける定番の召し上がり方。お好みで、かに酢を付けてお召し上がりください。
    もうひとつは、刺身としゃぶしゃぶ2通りでお楽しみいただくもの。刺身は鮮度の良い物ならではのとろけるような食感をお楽しみください。



    様々なことが制約され、我慢の連続だった2021年も残すところ1か月弱。規制が緩和され始めた今、一人ひとりが感染症対策を継続しつつ、想い出リベンジに今年最後の温泉旅行へ、そして、冬の食材の王様「かに」で自分にご褒美しませんか?


    【決して油断をせずに ~徹底したコロナウイルス感染対策の継続~】

    様々な企業や団体、そして消費者まで日常生活の一部となった「感染対策」。
    「やっていて当たり前」の行為だからこそ、また、感染者数が峠を越したと言われる今も、お客様と従業員の安心・安全を第一に、対策を徹底して継続してまいります。
    感染症学会専門医監修のもと、政府・業界が公表しているガイドラインに準拠した最高水準のコロナウイルス対策はこちらから。


    「誰もがほっとひと息つける温泉旅行」をお楽しみいただくために。~大江戸温泉物語の“約束”~はこちらから [https://www.ooedoonsen.jp/coronavirus/]{https://www.ooedoonsen.jp/coronavirus/}

    「感染予防のお願い」動画はこちらから [https://www.youtube.com/watch?v=PGYfOPMh65I]{https://www.youtube.com/watch?v=PGYfOPMh65I}

    【会社概要】
    ■ 会社名 大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社
    ■ 所在地 〒103-0023
    東京都中央区日本橋本町1-9-4 ヒューリック日本橋本町一丁目ビル9階
    ■ 設立年月日 2017年12月5日(創業2001年11月
    ■ 資本金   100,000千円(2021年2月1日時点)
    ■ 代表取締役 森田満昌
    ■ 事業内容  ホテル旅館温浴施設運営
    URL [https://corporate.ooedoonsen.jp/]{https://corporate.ooedoonsen.jp/}




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大満足!やっぱ【コレ】でしょう!?】の続きを読む


    大野市(おおのし)は、福井県東部に位置するである。 福井県内の市町の中では最大の広さを持ち面積のおよそ5分の1を占める。市街地はかつての城下町の面影を強く残し、越前の小京都として知られる。 春分の日から大晦日の間に七間通で開かれ400年の歴史を持つ七間朝市は、大野の観光名物である。冬季は
    24キロバイト (2,808 語) - 2021年10月20日 (水) 10:13


    ■人口約4万人の大野市民の間で愛されてやまない「おおのとんちゃん」

    牛・豚のホルモンを味噌や醤油、ニンニク、唐辛子などで味付けしたもので、たっぷりの野菜と一緒に炒め、シメにご飯やうどんと合わせて食べるのが一般的。

    また、市民にとって「おおのとんちゃん」は焼肉とは別物として認知され、日常的に食べているそう。

    世間一般で「とんちゃん」と聞くと豚のホルモン焼きを連想するが、福井県大野市民にとっては豚だけでなく、牛のホルモンもミックスして焼くのがとんちゃんの常識。

    大野市で生まれたとんちゃんの新しい形、これこそが「おおのとんちゃん」だ。

    味噌や醤油がベースのタレにニンニク、唐辛子などをふんだんに入れた味付けで、網焼きでジュージュー焼いて食べるのはもちろん、たっぷりの野菜と一緒に炒めて食べるのもまた、一般的に愛されている食べ方。

    古くから市民に愛されてきたソウルフード、おおのとんちゃん。

    その歴史はさかのぼること昭和初期、大野市には当時日本有数の大規模な鉱山があり、たくさんの鉱夫が働いてた。

    その鉱夫たちに安くて美味しいものを食べさせたいと、まかない料理でよく出されたホルモン焼きが、おおのとんちゃんのルーツ。

    その後ダム建設などによる出稼ぎの労働者も増え、安くて美味しく手軽に食べられるホルモン焼きはたちまち口コミで広がり、おおのとんちゃんは全国でも知られるホルモン焼きになった。

    市内でおおのとんちゃんを扱う店は多く、その店によって焼き方、味付けも様々。老舗も多く、地元住民によって色々な好みが分かれるのもソウルフードの醍醐味。

    市内中心部にはおおのとんちゃんが食べられる店が特にまとまっているので、食べ歩きして好みの店を見つけてみるのもいいかも。
    ♦因みに、おおのとんちゃんの秘密はホルモンだけではなく、そのタレにもある。
    大野市は古くから水に恵まれた土地で、名水百選にも選ばれた「御清水」や「本願清水」など湧水地が多く点在している。
    水の温度にも特徴があり、夏は冷たく冬は温かいので、今でもそれらの湧き水は多くの家庭で生活用水として利用されているほどだ。
    上質な醤油や味噌をつくるのに欠かせないのは上質な水。
    そんな大野の湧き水でつくられた上質な醤油や味噌を使ったタレにしっかりと漬け込まれたホルモンこそが、おおのとんちゃんなのだ。

    【【ソウルフード】『大野市のおおのとんちゃん』】の続きを読む


    『柿レシピ』いろいろ動画



    【柿について】

     柿(かき)は、カキノキ科の一種の落葉樹・カキノキ(柿の木)の果実。

    カキノキは東アジアの固有種で、特に長江流域に自生している。 幹は家具材として用いられ、葉は茶の代わりとして加工され飲まれることがある。 

    果実は渋味のもとであるタンニンを多く含み、柿渋は防腐剤として用いられる。現在では世界中の温暖な地域(渋柿は寒冷地)で果樹として栽培されている。 

    日本から1789年にヨーロッパへ、1870年に北アメリカへ伝わったことから学名にも「kaki」の名が使われている。

    柿の生産量が多い県は和歌山県、奈良県、福岡県の順で、生産量日本一の市町村は、奈良県五條市である。  

    「桃栗三年柿八年」と言われ、柿は種をまいて実がなるまで8年程度かかる。これは何事も成し遂げるまでには相応の年月が必要だという例えでもある。 

    『柿は秋の季語』

    高級柿として熊本県産の「太秋柿(たいしゅうがき)」や、皇室への献上柿として知られる福島県会津地方の「みしらず柿(身知不柿)」などがある。


    【【動画】『かんたん柿のレシピ』】の続きを読む


    『パプリカがいっぱいの動画』


    パプリカ(洪: paprika)はナス科の多年草であるトウガラシ属トウガラシの栽培品種。または香辛料のこと。カラーピーマンの一種であり、日本では肉厚で辛みが無く甘い Capsicum annuum 'grossum' の品種を呼ぶ。日本で流通する果実の多くは赤色や黄色、橙色であるが、紫色、茶色などの
    10キロバイト (1,045 語) - 2021年9月8日 (水) 17:17

    ♦パプリカの栄養素

    ビタミンCは熱に弱いとされていますが、パプリカは厚い果肉に守られているので加熱しても栄養素が壊れにくいといわれています。

     抗酸化作用をもつビタミンCやビタミンEを含み、ビタミンEを多く含むオリーブオイルと合わせて調理するのがおすすめです。 油で炒めるとβ-カロテンの吸収率が高まります。



    【食べて!食べて!美肌効果はパプリカで!】の続きを読む


    『漫画美味しんぼ』究極の動画


    美味しんぼ』(おいしんぼ)は、雁屋哲(原作)、花咲アキラ(作画)による日本の漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、1983年20号より連載。1987年、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。2020年10月時点で累計発行部数は1億3500万部を突破している。
    152キロバイト (17,283 語) - 2021年9月12日 (日) 18:30
    【プロローグ】
    東西新聞文化部の記者である山岡士郎と栗田ゆう子は味覚のテストを合格し、同社創立100周年記念事業として「究極のメニュー」作りに取り組むことになった(第1巻)

    文化部のお荷物記者だった士郎と新人記者ゆう子のコンビは不安視されたが、士郎の鋭敏な味覚と広範な知識、優れた調理技術により食べ物を通じて諸問題を解決し、二人は周囲の信頼を得ていく。

    しかし、美食倶楽部を主宰する美食家・海原雄山との出会いから、士郎が雄山の実の息子と判明する。

    父子は母親の死をめぐる確執から絶縁しており、偶然顔を合わせるたびに意地を張り合い料理対決することになる。


    「究極のメニュー」1話後編 | 美味しんぼ | [ENG sub] - YouTube
    『美味しんぼ』(おいしんぼ)は、雁屋哲(原作)、花咲アキラ(作画)による日本の漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、1983年20号より連載。1987年、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。2020年10月時点で累計発行部数は1億3500万部を突破している。



    【食いしん坊の日にちなんで『漫画美味しんぼ』】の続きを読む

    このページのトップヘ