知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:ゲーム


      今の子どもたちは、グラフィックの違いを「新旧」の概念ではなく、「表現における一つの選択肢」として捉えているのでは?という仮説を描いた内容となっています。

       新しいゲーム機の発売と共に、目覚ましく進化を遂げてきたグラフィック表現。その過程を目の当たりにしてきた我々大人世代にとっては、ドット絵が古くて3Dが新しいという認識を持っている方が大多数であるはず。

       ところが、今の子どもたちにとってはどうでしょう。生まれた時から美麗なグラフィックゲームに触れているため、大人世代とは少し認識が異なるのかも。

      【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

       二児の母でありイラストレーターとして活動する「てらちあ」さんが、子どもたちとのやり取りから感じた「世代によるグラフィック観の違い」を描いた漫画が、ツイッターで大きな注目を集めています。

      ■ 世代によるグラフィック観の違い

       大きく2コマに分けられた漫画の1コマ目に描かれているのは、大人世代のグラフィック観。「ドット絵」「なめらかな2D絵」「3D絵」と分けられた3種類のうさぎの下に右方向の矢印が付けられており、左から順番に進化してきたことが瞬時に理解できます。

       一方の2コマ目には、てらちあさんのお子さんである、今の小中学生世代のグラフィック観が。「ドット絵」「なめらかな2D絵」「3D絵」の下には三叉の矢印がそれぞれに向けられており、「表現の選択」と書かれています。

       つまり、今の子どもたちは、グラフィックの違いを「新旧」の概念ではなく、「表現における一つの選択肢」として捉えているのでは?という仮説を描いた内容となっています。

      ■ 大人には「古い」表現でも子どもにとっては「一つの選択肢

       筆者も幼少時から四十路目前の今現在まで、ずっとゲームが身近にありましたが、この考えには思わず「なるほど」と唸りました。

       確かに、「テラリア」や「アンダーテール」といったドットグラフィックを用いたゲームが人気を博すなど、今でもその表現方法は第一線で活躍しているため、一概に「古い」とは言えないのかもしれません。

       てらちあさんやてらちあさんのお子さんも日ごろからさまざまなゲームプレイしているそうで、「そういえば娘たちからゲームグラフィック部分について『古い』『新しい』という評価を聞いたことがないな……」と常々感じていたのだそう。

       ちなみにお子さんがこれまでプレイしたゲームは「マインクラフト」から「スーパーマリオオデッセイ」「モンハンライズ」や「十三騎兵防衛圏」ほかインディーゲームフリーゲームに至るまで、そのジャンルは多岐にわたります。

       たしかにどれも比較的新しいゲームではありますが、それぞれでグラフィックの表現は全く異なりますから、てらちあさんの仮説は正しいのかもしれません。

       ゲームジャンルと言えば「RPG」や「アクション」といった内容で区分されてきましたが、これに加え「ドット」「3D」「2D」といったグラフィックの種類でも分けられるようになるかもしれませんね。

      ■ 投稿に多くの共感の声 「表現の選択」出来る子どもたちが羨ましい

       投稿には5万件を超える「いいね」が付くなど、大きな反響が。「うちの子たちも」といった声など、てらちあさんの仮説に同意の声が多数寄せられました。

       こうした「表現の選択」が出来る子どもたちに対し「うらやましいです。その感覚でゲームやってみたい!と思ってしまいます」と、羨望の眼差しを向けたてらちあさん。ゲームの進化を知る世代としては、この感覚はどうしても味わえないでしょうから、うらやむ気持ちはとても良く分かります

       続けててらちあさんは、「こういったものを遊んだ子どもたちがどのようなゲームを作ってくれるのか楽しみすぎるので、絶対長生きしようと思います」と、未来への展望も。

       一時はハードの性能をフルに活かし、いかに美麗なグラフィックであるかを各社がこぞって競っていた時期もありますが、それはもう昔の話。そういや最近は「クソグラ」なんて揶揄もめっきり聞かなくなったような。

       ドット絵でもローポリでも、ただひたすらに面白いゲームプレイしたい。こう考えているゲームファンはきっと多いはず。今後も我々が想像もしないような、ユニークな発想のゲームが続々と生まれることでしょう。

      <記事化協力>
      てらちあさん(@terachia_a)

      (山口弘剛)

      ゲームのグラフィック観に世代間ギャップ?仮説を唱えた漫画に多くの共感の声


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【ゲームのグラフィック観に世代間ギャップ?仮説を唱えた漫画に多くの共感の声 】の続きを読む


      アキバ総研編集部が2023年に推す・新作ゲーム9選!

      2022年12月に開催された「The Game Awards 2022」では、「エルデンリング」が2022年最高のゲームに贈られる賞「Game of the Year」を受賞。さらに約10年ぶりの「アーマード・コアシリーズ新作や、小島秀夫監督の最新作「デス・ストランディング2」(仮題)が発表されるなど、さまざまな情報の数々に会場は大きなにぎわいを見せた。

       

      本稿では、The Game Awards 2022で発表されたものも対象に、2023年に発売されるタイトルの中からオススメをピックアップして紹介しよう。

      【大きな画像をもっと見る】


      1月発売予定

      FORSPOKEN


      © 2022 Luminous Productions Co., Ltd. All Rights Reserved.

      オープンワールドを採用した完全新作。ニューヨークから「アーシア」と呼ばれる謎の異世界に飛ばされてしまった主人公フレイ・ホーランドは、意思が宿る魔法のブレスレット「カフ」に助けられながら、元の世界に帰るための手がかりを探す。魔法を使ったバトルだけでなく、本作は「魔法パルクール」という独自の要素が盛り込まれており、滑らかな動きでさまざまな地形や段差を移動することができる。


      本作のPS5版は現在体験版が配信中なので、試しに一度触れてみるのもオススメだ。




      FORSPOKEN
      FORSPOKEN
      楽天市場で見る Amazon.co.jpで見る

      2月発売予定

      ホグワーツ・レガシー


      HOGWARTS LEGACY software © 2022 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Avalanche Software. WIZARDING WORLD and HARRY POTTER Publishing Rights © J.K. Rowling. PORTKEY GAMES, HOGWARTS LEGACY, WIZARDING WORLD AND HARRY POTTER characters, names and related indicia © and ™ Warner Bros. Entertainment Inc. WARNER BROS. GAMES LOGO, WB SHIELD: ™ & © Warner Bros. Entertainment Inc. (s22)

      世界的なベストセラー小説である「ハリー・ポッターシリーズを題材にしたアクションRPG1800年代のホグワーツを舞台に、プレイヤーはホグワーツ魔法魔術学校の生徒となって魔法使いを目指すかたわら、魔法界の未来を左右する古代の秘密を解いていく。本作はオープンワールドを採用しており、ホグワーツをはじめとする原作の世界を自由に歩き回ることができる。呪文の習得や魔法薬の調合といったシステム面にも注目だ。





      ホグワーツ・レガシー
      ホグワーツ・レガシー
      楽天市場で見る Amazon.co.jpで見る

      WILD HEARTS


      © 2022 Electronic Arts Inc.

      中世の日本を舞台にしたアクションゲーム。「真・三國無双シリーズを手がけてきたスタジオのω-Forceと、2021年ゲーム・オブ・ザ・イヤー受賞作「It Takes Two」などで知られるEA Originalsがタッグを組んで開発を進めている。いにしえの技術である「からくり」を駆使した独特の狩りが楽しめるほか、自然と融合し、独自の進化を遂げた強大な獣たちが敵として立ちはだかる。最新のトレイラーでは、狼に似た「ラセツ」や巨鳥の「アマテラス」、虎の「アラガネ」という新たな強敵が確認できる。



      3月発売予定

      Wo Long: Fallen Dynasty


      ©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

      死にゲーとして人気の「仁王」シリーズの開発チームが手掛ける、「三国志」をテーマにしたダーク三國死にゲー三国志の世界にダークファンタジーを織り交ぜたオリジナルストーリーが展開するほか、中国武術を駆使した攻防一体のアクションが楽しめる。本作の新たなトレーラー2022年12月15日に公開され、戦場を縦横無尽に駆け回るアクションや、巨大な妖魔が登場するシーンなどが確認できた。





      Wo Long: Fallen Dynasty
      Wo Long: Fallen Dynasty
      楽天市場で見る Amazon.co.jpで見る

      バイオハザード RE4


      ©CAPCOM CO., LTD. 2005, 2023 ALL RIGHTS RESERVED.

      2005年に発売された『バイオハザード4』のリメイク作品。消息を絶ったアメリカ大統領令嬢=アシュリー・グラハムを救出すべく、ヨーロッパの閑村に向かったレオンに狂気に満ちた村人たちが襲いかかる。本作は原作の“核”を大切にしつつも現代的に再構築。恐ろしいシーンはより恐ろしく、爽快なシークエンスがより爽快に描かれ、登場人物たちのドラマでは深く心情が描かれるといったように原作の“意図”がさらに掘り下げられている。「ビハインドビュー」での戦闘も健在。“狙って撃つ”、強力な“体術”に加えて、パリィを始めとしたナイフアクションステルス要素が追加され、より幅広い攻略が楽しめる。




      バイオハザード RE4
      バイオハザード RE4
      楽天市場で見る Amazon.co.jpで見る

      5月発売予定

      ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム


      ©Nintendo

      2017年ゲーム・オブ・ザ・イヤーにも選ばれたNintendo Switchの名作「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編。その存在が明かされて以来、リンクが登場することやハイラルが舞台になることを除き、いまだ多くが謎に包まれている。


      2022年9月に配信された情報番組「Nintendo Direct 2022.9.13」では、新たな物語を予感させる壁画のほか、空中に浮かんだ島々を冒険するリンクの姿が公開。2023年5月12日に発売されることも判明した。


      6月発売予定

      ディアブロⅣ


      ©2022 Blizzard Entertainment, Inc.

      全世界で数千万のファンがいる「ディアブロシリーズの最新作。変幻自在の「ドルイド」、俊敏な「ローグ」、魔法を操る「ソーサレス」、屈強な戦士「バーバリアン」、狡猾な「ネクロマンサー」という5つのクラスからひとつを選び、プレイヤーは「サンクチュアリ」と呼ばれる世界に足を踏み入れる。本作はシリーズ初のオープンワールドを採用しており、雪をいただく山や風の吹き荒れる高原など、さまざまなフィールドが待ち構えているのも特徴だ。


      ファイナルファンタジーXVI


      © SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. SQUARE ENIX and their respective logos are trademarks or registered trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd.

      国民的RPGファイナルファンタジーシリーズの最新作。舞台となるのは、ヴァリスゼアと呼ばれる大地。世界の人々はクリスタルから供給されるエーテルによって魔法を作り出し、日々の暮らしを成り立たせていたが、限りあるその加護を巡って国家間の争いが勃発。ロザリア公国の第一王子であり主人公クライヴ・ロズフィールドもその戦いに巻き込まれるが、やがて世界の真実を知り、マザークリスタルを破壊していくことになる。


      The Game Awards 2022では本作の新しいトレイラーが公開されるとともに、テンポの速いアクションバトル召喚獣の力を使った大迫力の攻防戦が確認できたほか、発売日が2023年6月22日になることも発表された。


      2023年

      ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON


      (c)Bandai Namco Entertainment Inc. / (c)1997-2023 FromSoftware,Inc. All rights reserved.

      2013年に発売された「アーマード・コア ヴァーディクトデイ」以来、約10年ぶりとなる「アーマード・コアシリーズ最新作。惑星ルビコンで見つかった謎の新物質が大災害を引き起こした世界を舞台に、プレイヤーは過酷な戦いに身を投じる。The Game Awards 2022で公開された本作のトレイラーでは、人型兵器「アーマード・コア」と思しき機体が複数登場し、世界情勢や戦いの雰囲気などを知ることができた。



      >> 今年のゲームは大豊作! アキバ総研編集部が2023年に期待する新作ゲーム9選! の元記事はこちら
      今年のゲームは大豊作! アキバ総研編集部が2023年に期待する新作ゲーム9選!


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【今年のゲームは大豊作!アキバ総研編集部が2023年に期待する新作ゲーム9選! 】の続きを読む


      魔女(ヤーガ)のアクションゲーム

       販売元のFocus Entertainment12月5日(月)、BLACKTAILの最新映像を公開した。

       本作はスラヴ民話に登場する魔女「バーバ・ヤーガ」モチーフにしたアクションゲームプレイヤーは魔女として告発され、追放されてしまった女性「ヤーガ」として不気味な森で生き残ることを目指す。鮮やかなおとぎ話のような世界を舞台に、激しい戦闘やダークストーリーを体験できるそうだ。

       『BLACKTAIL』の特徴は「倫理システムMorality system)にあり、プレイヤーの決断や行動次第でヤーガは森を守る善の魔女にも、悪夢のような邪悪な魔女にもなり得るモチーフ元の「バーバ・ヤーガ」も民話によって善悪どちらの存在としても描かれており、その背景をゲームに取り入れた形と言えるかもしれない。

       倫理システムによる変化は大地や住民たちの運命を変えるだけでなく、自らのスキルにも影響をおよぼす。プレイスタイルにも関わる要素となるようなので、慎重に決断を下す必要があるだろう。

      『BLACKTAIL』最新映像が公開1
      (画像はSteam『BLACKTAIL』販売ページより)

       戦闘アクションは弓矢や魔法を駆使するもので、一人称視点で進行する。今回公開された映像でも不気味な姿のエネミーたちを多数確認することができ、30秒程度のトレーラーながら本作のユニークな雰囲気を大いに感じられる。

       森の中では狩りに出かけて資源を集めたり、隠された財宝を見つけ出したり、失われたレシピを探したりとさまざまなアクティビティが楽しめるという。矢を作り、ポーションを調合し、アビリティを成長させて強力なボスとの決戦に備えよう。

      『BLACKTAIL』最新映像が公開2
      (画像はSteam『BLACKTAIL』販売ページより)

       『BLACKTAIL』はPS5Xbox Series X|S、PC(Steam)向けに12月15日(木)の発売を予定している。Steamではすでに予約を受け付けており、20%オフ2784円で購入可能だ。興味を持たれた方は、セール価格で購入できる予約期間中に入手しておこう。

      PlayStation Store『BLACKTAIL』販売ページはこちらMicrosoft Store『BLACKTAIL』販売ページはこちらSteam『BLACKTAIL』販売ページはこちら


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【おとぎ話風の不気味な世界で「魔女」として生きるゲーム『BLACKTAIL』独特な雰囲気の敵たちが現れる最新映像が公開。】の続きを読む


         <アトムの童>
      俳優の山崎賢人が主演を務める、TBS系日曜劇場『アトムの童(こ)』(毎週日曜 後9:00)の第5話が、昨日13日に放送され、人気ゲーム実況者・キヨが「本人役」としてドラマデビューを飾った。



      【(笑)『アトムの童』ゲーム実況者『キヨ』出演!】の続きを読む


      😹ニャー次郎 >>>> 発売開始!

       02GAMES11月8日コンビニアルバイトしながらネコに貢ぐ生活シミュレーションゲーム『ニャー次郎』(原題:Meowjiro)の発売を開始した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、価格は税込520円。

       また同デベロッパーの過去作である、柴犬が女子高生パンツを集める強制スクロールアクションゲームMontaro』、『Montaro RE』との「3 in 1 バンドル」も発売し、こちらの価格は11月22日までの期間限定で『ニャー次郎』単品よりも安い税込491円となっている。

      コンビニで働いてネコに貢ぐ生活シミュレーションゲーム『ニャー次郎』が発売開始_001
      画像はSteam『ニャー次郎』より)

       『ニャー次郎』は、コンビニアルバイトとして働きながら、稼いだ給料を愛猫のニャー次郎のエサや環境作りにつぎ込んで行くという生活シミュレーションゲームだ。

       日中はコンビニ店員の女の子として、レジでの精算や商品の補充、店内の清掃、お弁当の温め、アイスクリーム作りといった雑務をこなし、出勤が終わったらその日に稼いだ給料を使って『ニャー次郎』にエサを与えよう。

      コンビニで働いてネコに貢ぐ生活シミュレーションゲーム『ニャー次郎』が発売開始_002
      画像はSteam『ニャー次郎』より)
      コンビニで働いてネコに貢ぐ生活シミュレーションゲーム『ニャー次郎』が発売開始_003
      画像はSteam『ニャー次郎』より)

       エサを与えた際、特定の条件を満たしているとニャー次郎が進化し、デブネコや液体化したネコといった、新たな姿のニャー次郎が現れるようになっている。

       また家具を注文することも可能で、キャットタワー冷蔵庫といったアイテムを導入し部屋を豪華にしていくこともできる。とにかくネコに貢ぐか、先に生活環境を整えるかは、プレイヤー次第だ。

      コンビニで働いてネコに貢ぐ生活シミュレーションゲーム『ニャー次郎』が発売開始_004
      画像はSteam『ニャー次郎』より)

       『ニャー次郎』は現在、PC(Steam)向けに発売中。価格は税込520円。また過去作『Montaro』、『Montaro RE』との「3 in 1 バンドル」も発売中で、こちらは11月22日までの期間限定で『ニャー次郎』単品よりも安い税込491円で販売している。

      Steam『ニャー次郎』はこちら


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【コンビニで働いてネコに貢ぐ生活シミュレーションゲーム『ニャー次郎』】の続きを読む

      このページのトップヘ