知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:コロナ



      声で新型コロナの感染が判定できるアプリ登場!
      この新しいアプリは、コンサートやスポーツイベントなど、大きなイベントの前に感染者を判定することができる。
      さらに、PCR検査が高額で購入しにくく、流通が難しい貧しい国々でも導入することができる。
      新型コロナを判定するアプリ開発に必要な音声サンプルを収集するため、ケンブリッジ大学が音声収集のアプリをローンチ。
      収集したサンプルには、4352人の参加者からの893の音声サンプルが含まれており、そのうち308人が陽性と判定された。
      研究の参加者はこのアプリを携帯電話にダウンロードし、そこに自身の基礎データや病歴、喫煙状況などを入力。
      その後、咳を3回、深い口呼吸を3〜5回、画面上の短い文章を3回読むなどの呼吸音を録音した。
      オランダの研究者たちは、そのデータをアプリ開発に利用した。

      【遂に、声で新型コロナの感染が判定できるアプリが登場!】の続きを読む


      上白石萌歌コロナ感染した頃の過し方

      女優・上白石萌歌(22歳)が、8月15日に放送されたラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)に出演。新型コロナウイルスに感染・療養していた時の過ごし方について語った。

      上白石は8月4日新型コロナの感染を事務所が発表しており、この日のラジオで、番組の関係者やリスナーに対して「ご心配おかけしてすみません。上白石萌歌(adieu)です。私、コロナにかかってしまいまして、 一時療養させてもらっていたんですが、何とかこの授業には間に合いました。今はね、もう、体調はばっちりです」と挨拶した。

      上白石によると、幸い軽症で、熱が続くこともなかったそうだが、隔離期間はずっと家にいたため「ずっと走ってきたものが、急にブレーキを掛けて、ピッて止まったような気持ちになって、1日中天井を見つめる日があったりとか、溜まってた本を読んだりとか、何か立ち止まって考える時間になったなって思います」と療養期間を振り返る。

      さらに上白石は「『あつまれ どうぶつの森』をね、1年半ぶりぐらいにして、島に帰りまして。島の住民達に会って、『あんたのこと忘れてたよ』とか、『あ、まだいたんだ!』みたいなことを言われたりして、 すごい落ち込んだんですけど。変わらず私を温かく迎えてくれて、すごく嬉しかったです。釣りをとにかくして、(私は)病気で横たわってるのにサメとか釣ったりして、あつ森って水族館があって、そこに魚をたくさん寄贈できるんだけど、すごい貢献して、立派な水族館ができました!それがすごく楽しかったです」と久々に「どうぶつの森」をやったと話し、「日本の文化にとても支えられましたし、みなさんのあったかさがとても染みた10日間でした」と感謝の言葉を伝えた。

      上白石は以前から水族館好きを公言しており、「私、このお仕事をしていなかったら、(地元の)鹿児島の、生き物を学ぶ大学に入ろうとしていた」と語っていた。


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【『上白石萌歌』新型コロナ療養中にしていたこと 】の続きを読む


      👉コロナ終息後
      ▶アジア居住者による回答(複数回答、上位5ヶ国の抜粋)
      1位:日本(67%)
      2位:韓国(43%) 
      3位:台湾(28%)
      4位:オーストラリア(27%) 
      5位:タイ(26%)

      ▶欧米豪居住者による回答(複数回答、上位5ヶ国の抜粋)
      1位:日本(37%)
      2位:アメリカ(33%)
      3位:オーストラリア(28%) 
      4位:カナダ(28%) 
      5位:イタリア(25%)
      5位:イギリス(25%)

      ◆日本に旅行に行きたい理由は?
      1位:以前も旅行したことがあり、気に入ったから(88%) 
      2位:行きたい観光地や観光施設があるから(84%) 
      3位:清潔だから(83%)
      3位:食事が美味しいから(83%) 
      5位:治安が良いから(79%) 
      5位:体験したいツアーやアクティビティがあるから(79%) 




      【コロナ後に行きたい国は日本が1位!】の続きを読む


      塩野義製薬、コロナ飲み薬遂に国産化なるか!?
      3度目のワクチン接種を迷ってる人も少なくないはず。
      安倍元首相は10日、塩野義製薬が開発中の新型コロナ飲み薬の早期承認に期待感を示したうえで、新型コロナについて感染症法上の分類を2類相当から季節性インフルエンザ並みの「5類への見直しも加速できるのではないか」との見方を示した。
      後は厚労省の利権、ややこしい、既得権がらみの邪魔が入らない様、お祈り申し上げます🙇



      【コロナ飲み薬・国産第一号!『塩野義製薬、承認申請』】の続きを読む


      政治家は高齢者よりの答弁が多く感じられる。

      基礎疾患のあるお年寄りはコロナ以外のインフルエンザとかでも、お亡くなりになる。

      コロナオミクロン株の100万人あたりの死者数0.9人。

      デンマークでのオミクロンの100万人当たりの死者数は2.9人。

      日本のインフルエンザの100万人当たりの死者数29人。

      何故、インフルエンザと比べるのどろう?やはり、この事実を高齢者が認めたく無いからではなかろうか?

      一人も無くならないために110兆円ものコロナ対策費を使い、多くの貧困者を生み出して、若い人達の大切な経験を得る時間を奪っている。

      それをさせないのは、高齢者の命を守れ!死者を出すな!と言う高齢者自身の非現実的な我がままとしか言いようがない。

      【やっぱり!『北欧、コロナ規制ほぼ解除へ』】の続きを読む

      このページのトップヘ