知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:シングル

    【曲】『悲しき慕情 by ニール・セダカ』

    悲しきクラウン」 - "King of Clowns" (1962年) ※全米チャート第45位。日本ではヒット。 「悲しき慕情」 - "Breaking Up Is Hard to Do" (1962年) ※全米チャート第1位、グラミー賞ロックンロール部門ノミネート 「かわいいあの娘」
    19キロバイト (2,126 語) - 2021年8月26日 (木) 09:55



    【ニール・セダカ】

    アメリカ合衆国の歌手、作曲家、シンガーソングライター。

    ニューヨーク州ブルックリン出身。

    娘は歌手のデラ・セダカ。

    1960年代前半に歌手兼作曲家として、1970年代にシンガー・ソングライターとしてそれぞれ黄金期を迎えた。

    日本やイギリスでも独自のヒット作を生むほどの人気を得た。

    <アメリカン・ポップスの原型>

    【ニール・セダカ 
          悲しき慕情】

    【あの名曲が蘇る・76『悲しき慕情』】の続きを読む


    日本人の人口減少は男女シングルが増えてきてるせい。

    NO.10052328
    「今後10年で1100万人減の現実」日本人は急速な人口減の深刻さをどうもわかっていない
    「今後10年で1100万人減の現実」日本人は急速な人口減の深刻さをどうもわかっていない
     TBS日曜劇場『日本沈没』を観ているとつくづく政府の重大情報開示には駆け引きがあることが思い出されます。

     今回の記事のテーマはドラマの話ではなく、現実世界の少々違った意味の日本沈没(? )の話です。

    ■「5年前から94万人減」に隠れた178万人減の真実

     11月30日に総務省が2020年国勢調査の確定値を公表しました。NHKの報道のタイトルは『日本の総人口減少続く 5年前より94万人余減少』です。全国紙の報道もすべて「5年で94万人減」で統一されています。

     「思っていたよりも小幅だな」

     というのが経済評論家としての私の直感でした。2008年に日本の人口が減少に転じた後、それにしても5年で94万人とは減少ペースが遅く感じられる。それで総務省の発表を読んでみると実情がわかりました。数字のからくりはこういうことです。

    ①日本人の人口は5年間で実は倍近い178万人も減少している
    ②外国人人口がこの5年間で84万人増えている
    ③その差し引きで日本の総人口が94万人減少と報道されている

     この説明なら私もピンときます。

    【日時】2021年12月12日 11:01
    【ソース】東洋経済オンライン

    【関連掲示板】

    【「今後10年で1100万人減の現実」は結婚しない男女が増えてるから?】の続きを読む


    【曲】『ケアレス・ウィスパーbyワム』

    ケアレスウィスパー」 (Careless Whisper) は、ワム!のシングル曲。 作詞・作曲がジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーの共作であることや、ワム!の2枚目のアルバム『メイク・イット・ビッグ』やベスト・アルバム『ザ・ファイナル』に収録されているため、ワム
    5キロバイト (386 語) - 2021年7月5日 (月) 16:28


    この時期必ずかかる曲
    クリスマスソングではないが街中から🎶

    『ケアレス・ウィスパー WHAM』

    【あの名曲が蘇る・47『ケアレス・ウィスパー』】の続きを読む


    【曲】『君の瞳に恋してるエンゲルベルト・フンパーディンク』

    ♦カバーバージョンも数多く出ているがこのエンゲルベルトフンパーディンクが原盤だと思います。

    【あの名曲が蘇る・34『君の瞳に恋してる』】の続きを読む


    【曲】『うつろな愛byカーリーサイモン』

    カーリー・エリザベス・サイモン(英語: Carly Elisabeth Simon、1945年6月25日 - )は、アメリカ合衆国出身の女性シンガーソングライター、ミュージシャン。フォーク畑出身で、1970年代からソロに転向し早々に開花。1980年代には『アカデミー賞』を受賞するなど、米国の代表的アーティストとして知られる。
    10キロバイト (766 語) - 2021年6月24日 (木) 10:10

    カーリー・サイモンの夫はジェームス・テイラー。

    1970年代には、シンガーソングライターのブームに乗り、キャロル・キングやジョニー・ミッチェルと並ぶ人気を誇った。


    【あの名曲が蘇る・29『うつろな愛』】の続きを読む

    このページのトップヘ