知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:スマートフォン


      つい忘れがちなスマホの充電だが、そんな時のためにも、できるだけ早く充電ができる方がよいと思う人も多いだろう。

      そんな人は短いケーブルを選ぶとよい。

      スマホの充電は電流と電圧の関係で決まる。電圧は一定のため、ケーブルが長くなればなるほど抵抗は増える。ケーブルが長くなるほど電流が低下し、充電時間が長くかかる。そのため、短いケーブルの方が充電は早く完了する。

      毎日放送のテレビ番組『林先生が驚く初耳学!』(2018/9/9)では、お店で売られている様々な種類の充電ケーブルから、スマホの充電ケーブルでベストな長さを決定している。

      ベストな充電ケーブルの定義を決めるために街の人の声を聞いてみると、ベストなケーブルの条件の1位は充電が早く終わる事、2位は充電しながら操作ができるように長さに余裕がある事だった。

      つまり、ベストな充電ケーブルは、充電が早く終わって、少しでも長い物という事になる。

      以下の6種類のケーブル、30cm・50cm・1m・2m・3m・70cm(リールタイプ)を用意し、最も早く充電が完了するケーブルを検証した。

      リールタイプとは、巻き取り式のケーブルで、携帯性に優れたケーブルである。検証の結果、30cmと50cmが最も早く充電が完了し、そのかかった時間は2時間10分だった。

      30cmと50cmのケーブルがベストなケーブルの候補とし、充電しながら操作してみると、30cmだと短すぎて充電しながらの通話が困難だと分かる。

      50cmの長さがあると充電しながら通話もできる。この結果から早く充電ができてギリギリ操作ができる50cmがベストな充電ケーブルと決定した。

      ちなみに、他のケーブルの充電完了までにかかった時間は、1mが2時間22分、2mが2時間38分、3mが3時間3分、70cm(リールタイプ)が4時間21分だった。

      リールタイプは30cm・50cmのケーブルより2時間以上も長くかかった。電流はケーブルの太さにも関係があり、リールタイプはケーブルが細い分、電流が低下し、充電時間が長くかかるのである。

      【スマホの充電ケーブルは短い方が充電が早い】の続きを読む


      👉被災者が備えてなくて後悔した防災グッズランキング

      第1位:モバイルバッテリー(スマホ用充電器)


      ●仕事に役立つ調査データ

      【その他の画像】

      消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

       NTTドコモモバイル社会研究所は防災に関する調査を実施し、「災害時における家族との連絡方法」についての分析結果を発表した。災害時に家族と連絡方法を決めている人は3人に1人で、10代と70代で高い傾向が見られた。

      災害時に家族と連絡手段を決めている?

       災害時の連絡手段を家族で決めている人は33.5%で、2017年の調査に比べて0.4ポイント減少している。年代別にみると70代(41.4%)、10代(38.9%)が高くなっている。

      災害時に家族と決めている連絡手段

       災害時に家族と決めている連絡手段の1位は「スマホケータイの通話」(76.5%)、2位は「スマホケータイメール」(57.9%)だった。

       17年の調査と比較すると「スマホケータイの通話」「スマホケータイメール」「ソーシャルメディアの音声通話(LINESkypeなど)」「ソーシャルメディアメッセージ通信(LINETwitterなど)」が上昇しており、シニア層にもスマホケータイが普及し、家族間での連絡手段に変化をもたらしたことが推察される。

      災害時に家族と決めている連絡手段 年代別

       どの年代も「スマホケータイの通話」が最も多く、次いで「スマホケータイでのメール」と続く。若年層はソーシャルメディアが続き、中年層は災害用伝言板が続いている。70代は固定電話での通話が約3割となった。

       調査を行ったモバイル社会研究所は「3人に2人が災害時の連絡方法を決めていない状況。発災時には使えない連絡方法も生じる可能性がある。この大型連休に是非家族と話し合ってみてほしい」とコメントしている。

       調査は全国の15~79歳の男女を対象に、21年10月Webで実施し、その中から、災害時における家族との連絡方法について分析した。有効回答数は9072

      災害時に家族と決めている連絡手段について調査分析


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【災害時の家族との連絡方法の1位は?】の続きを読む


      ⬛総務省は25日、マイナンバーカードの機能のスマートフォン搭載などを議題とした「マイナンバーカードの機能のスマートフォン搭載等に関する検討会」の第1次取りまとめを発表した。
      令和4年度(2022年度)内のにAndroid端末への搭載を目指し、必要な制度整備のため、次期通常国会に公的個人認証法改正案を提出する。
      iPhoneについても早期実現を目指す。



      【マイナンバーカードをスマホに搭載!】の続きを読む


      👉“動くフィギュア”登場へ ロボット技術と融合!
      外装、外観が自由に、変更出来る!
      日本が世界に誇るロボット産業・空飛ぶクルマと共に実用化に期待したい!

       

      【ロボットアイドル「高坂ここな」同様『動くフィギュア』登場!】の続きを読む


      ■スマートフォンを学習に利用したことのある高校生は87.9%。
      使う理由は「調べ物をするときにインターネットは手軽にできるから(49.0%)」が最も多く、次いで「場所を選ばずに勉強できるから(42.9%)」「隙間時間で勉強できるから(40.8%)」となり、このほか「遊びの合間に勉強できるから(16.3%)」という回答もあった。
      ♦オンライン学習で使用しているツールは「Zoom」が6割超。
      続いて「YouTube」4割超、「LINE」3割超。



      【やっぱスマホ!『10代女子はスマホで勉強』】の続きを読む

      このページのトップヘ