知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:ネコ

      👉固体から液体に変わり、檻からの脱出に成功した金属ロボット

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       体が固体にも液体にもなるといったらすぐに猫が思い浮かぶが、これは金属製の人型ロボットなので、ターミネーターの「T-1000」に近い存在なのかもしれない。

       この液体金属製のロボットは、固体から液体、液体から固体へと高速で変化することができる。実験では檻に閉じ込められたロボットが液状化し、脱出することに成功している。

       このロボットは、磁力に反応し、電気を通すことができる。病気の治療や電子回路の組み立てなど、人間の手の届かないような場所で活躍してくれると期待されている。

       その不思議な液体金属ロボットの性能実験は、学術誌『Matter』(2023年1月25日付)に掲載されている。

      【画像】 固いロボットとソフトロボットのいいとこ取り

       一般的なロボットイメージといえば、硬く頑丈なボディだろう。だがそれとは反対に、生物のように柔軟でしなやかに動く、「ソフトロボット」というタイプロボットもある。

       ソフトロボットには、硬いロボットにはないさまざまな長所があるが、柔軟性と引き換えに、頑丈ではないし、動作の制御が難しいという問題がある。

       どうにか両者のいいとこ取りはできないのか?

       カーネギーメロン大学の潘程楓(パン・チェンフォン)氏は、「ロボットに液体から固体へと変身する力を与えれば、より多くの機能を発揮させることができます」と考えた。

      [もっと知りたい!→]ターミネーターのT-1000からインスピレーションを受けた液体金属ロボットが開発中(中国)

      1

      Image Credit: Wang and Pan et al/Matter CC-By-SA

      磁気に反応して金属が過熱され個体から液体へと変化

       そこで彼らは海に生息する「ナマコ」に着目した。ナマコは体の組織を柔軟に変化させることで、怪我を回避することができる。

       この特性をロボットで再現する為、「磁気活性固体・液体相転移物質」と名付けられた相変化材料を開発した。

       相変化材料は、温度により液相(液体)と固相(固体)に変化する性質を持った材料のことである。

       今回開発された素材は、融点が29.8度と非常に低いガリウム金属に磁性粒子を埋め込んだものだ。

       この磁性粒子には2つの役割がある。

       1つは、磁気(交番磁場)に反応して、HIヒーターのように金属を加熱すること。これによって、金属を固体から液体へと相変化させる。そしてもう1つは、磁気でロボットコントロールして動かすことだ。

      ・合わせて読みたい→ターミネーターかな。ゴム製外骨格と組み合わせることで形状を記憶できる液体金属構造が考案される(米研究)

       これまでの相変化材料はヒートガンや電流といった外部の熱源を利用して固体から液体へと変化したが、新しい相変化材料は内部から発熱するというアプローチが採用されている。

       また粘性が低く、滑らかな流動性を実現できたところも新しいという。

      gr1

      Image Credit: Wang and Pan et al/Matter CC-By-SA

      ロボットを檻から脱出させることに成功

       研究チームは、新しい相変化材料で作ったロボットの性能を試すため、さまざまな実験を行なっている。

       動画では、人型のロボットが固体から液化し、檻から脱獄するなど、猫とか、T-1000を彷彿とさせる芸当を披露した。

      Watch this person-shaped robot liquify and escape jail, all with the power of magnets

       他にも、堀をジャンプで越えたり、壁を登ることもできる。真っ二つに分裂しては、協力しながら物体を動かし、再び合体するなんてこともできる。

      no title

      Image Credit: Wang and Pan et al/Matter CC-By-SA

      医療や製造への応用

       こうした能力を活かせば、実用的な分野でも活躍できると期待されている。

       「現在、この材料システムを実用的に使って、医療や工学の問題を解決しようとしています」と潘氏は語る。

       例えば、研究チームが試してみたように、このロボットで胃から異物を取り除いたり、薬を投与したりといった使い方があるだろう。

       ほかにも手が届かないところにしみ込み、はんだと導体の二役をこなしながら電子回路を組み立てる”スマートはんだ”や、ねじ穴の中で固まることでドライバーなしで固定する”万能ねじ”として活躍できる。

       ただし今回の研究は、あくまで概念実証のためのデモでしかない。人体内での安全性を検証するなど、実用化までにはまだまだ研究が必要であるとのことだ。

      References:Watch this person-shaped robot liquify and es | EurekAlert! / written by hiroching / edited by / parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      猫かと思ったらロボットだった。固体から液体に変わり、檻からの脱出に成功した金属ロボット


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【まさか!猫かと思ったらロボットだった!】の続きを読む


      😺 ネコ乗っちゃった!

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       3匹の子猫たちは暖かくてふわふわのリアル羊毛100%のお布団を手に入れた。お布団という名の羊の上に乗り、気持ちよさそうに眠る猫。

       そのうちの1匹は、布団(羊)をもみもみしている。もしかしたら、お布団に使わせてくれてありがとうマッサージしていたのかもしれない。

      【画像】 羊の上で気持ちよさそうに眠る子猫たち

      Smurgling Cats Adorably Sit Atop Sheep

       3匹の子猫たちが気持ちよさそうに眠っているそのお布団は羊毛100%リアル羊だ。暖かいしふわふわだし、寝心地も抜群だろう。

       羊も口をむにゃむにゃさせながらも、気持ちよさそうに横たわっており、子猫たちを乗せていることを嫌がっている様子はない。

      1

        先頭にいる子猫は熱心に羊の背中をもみほぐしている。羊布団はこのマッサージが気持ちよかったのかもしれないね。

      4

       猫は柔らかい毛布や布団、飼い主の体などを前脚でもみもみすることがあるが、これはもともと子猫時代、母親のお腹をマッサージすることで母乳の分泌を促進させるためのものだという。

       その習性が大人になっても抜けない子も多いのだが、その愛情のこもったマッサージ技術はなかなかのものだし、何よりその仕草がかわいいよね。

      written by parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      羊毛100%の布団を見つけた子猫たち。お礼にもみもみマッサージ


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【羊毛100%の布団を見つけた子猫たち。お礼にもみもみマッサージ 】の続きを読む



      😸ネコ・大好きだワン🐶

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       犬のセオドアは、一緒に暮らしている猫のチッピーが大好きだ。好きすぎて独り占めしたくてたまらない。家族にすら触らせたくないほどに。

       チッピーはたまにいなくなることがある。最初は飼い主は家の中を探し回っていたそうだが、その居場所はいつも同じだったことが判明。

       「チッピーはどこに消えたの?」と犬に聞けばいいのだ。するとセオドアは、観念して、体の中に隠していたチッピーをちらっと見せてくれる。

      【画像】 猫が好きすぎる犬、猫を懐に隠す

      Where in the World is the Cat?

       アメリカデラウェア州セルビーヴィルで暮らす、バーニーズ・マウンテン・ドッグのセオドアは家族の一員である猫のチッピーが大好きだ。独り占めしたいほど大好きで、自分の懐の中に入れて隠している。

       飼い主のメラニー・シールズさんは、家の中にいるはずなのに見つからないチッピーを心配して、探し回っていたそうだが、その謎はすぐに明らかとなった。

       ベッドに横たわり、尻尾を振りながら無邪気にメラニーさんを見つめているセオドアに近づき「チッピーはどこ?」とたずねる。

       セオドアは体をあげると、その下にはチッピー!

      ・合わせて読みたい→「親近感マックスだニャ/ワン!」犬と猫のそっくりさんが仲良し過ぎてプライスレス

       セオドアは自分の体の中にチッピーを隠していたのだ。

      1

       そして愛おしそうにチッピーの体を舐め、熱心に毛づくろいしつつ、「好き好きちゅ~」っとギュッと顔を押し付ける。

      4

       チッピーの方はというと、冷めた態度で「これなんとかしてくれよ」って感じで飼い主に訴えかけているようだ。

      2

       ツンデレなのか、ほんとマジ勘弁してほしいのか、チッピーの気持ちはわからないが、セオドアの重い愛情は痛いほど伝わって来る。

       常にそばに寄り添い、その体を舐めまわすセオドア。そのおかげでチッピーの体はいつも清潔に保たれ、世界で一番綺麗な猫になっているのかもしれない。

       セオドアはチッピーを手放すつもりは一切ないようだ。愛され過ぎるのも考え物だとチッピーは思っているかもしれないが。

      [もっと知りたい!→]あーそーぼ!大好きな犬の家に毎日遊びに来る黒猫。犬も猫が来るのを楽しみに待っている

      Bernese Mountain Dog Cuddles Grey Tabby Cat at Christmas Time

       そんなセオドアとチッピーの日常はTikTokアカウントmelmckshields』で見ることができる。

       チッピーはいつも無抵抗じゃなく反撃にでることもあるようだよ。

      TikTokで動画を見る

      written by parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      猫が好きすぎる犬。誰にも見つからないように隠蔽する


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【猫が好きすぎる犬。誰にも見つからないように隠蔽する 】の続きを読む


                     😽ネコまっしぐら ❣

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       実は3000年ほど前から家畜化されていたとされるイタチ科のフェレットは、現代でもペットとして人気の高い動物の一種だ。

       好奇心旺盛で、人懐っこく、他のペットたちとも仲良く暮らしていける個体も多い。

       こちらの家では3匹のフェレットを飼っているのだが、子猫が彼らに興味津々で、ケージを開けるや否や、「遊ぼ!遊ぼ!」と猛ダッシュで近づいてきた。

      【画像】 子猫はフェレットと遊びたい

      Kitten Loves Playing with Ferrets

       アメリカニュージャーシー州フランクリンビルで暮らすご家庭では、動画を見る限り、少なくとも3匹のフェレット、1匹の犬、そして子猫を飼っている。

       子猫はフェレットたちと遊びたくてたまらない。飼い主がケージを開けて、フェレットを外にだすやいなや、待ってましたとばかりに近づいてきた。

      1

       サイズ的にも同じくらいで毛色もちょっと似ている為、一緒に混ざると完璧な仲間感を醸し出している。

      ・合わせて読みたい→猫にかまってもらいたいフェレット。とんでもないところを攻撃しだす

      2

       フェレットにギュッとしがみつくと猫キックでじゃれつく猫。フェレットのほうも、なんだかんだで付き合ってあげているように見えなくもない。

       なんだかんだで異種交流を楽しんでいるようだ。

      3

       昔はヨーロッパの猟師たちが、狩りのお供としてフェレットを飼育していたそうだ。フェレットは、ウサギなどのげっ歯類を巣穴から追い出す役目を担っており、それを猟師が捕まえていたんだそうだ。

       他にも、フェレットの細長い穴の中に入る習性を利用して、狭い管(くだ)のお掃除に用いられたという。

       電気が普及する時代になると、フェレットに電線やケーブルに繋いだ紐を繋ぎ、狭いところの配線を手伝ってもらっていたそうだ。

       フェレットは賢く、無駄鳴きもしないし、人にも懐くので、今ではペットとして飼育されているのが一般的なんだそうだ。

      written by parumo

      [もっと知りたい!→]フェレットを多頭飼いしている飼い主が路上でさまよっている子猫を招き入れた。フェレットと猫のミルフィーユが出来上がった。

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      フェレットと遊びたい子猫、ケージを開けたら猫まっしぐら!


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【フェレットと遊びたい子猫、ケージを開けたら猫まっしぐら! 】の続きを読む


      子ネコに大人気!暖かサモエド犬

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       寒冷地出身の為、真っ白で大きくてふわっふわでもふもふの「サモエド」犬は、やさしくて甘えん坊な性格も魅力のひとつだ。

       そんなサモエド犬の魅力にメロメロなのは人間だけではない。子猫たちにも大人気なのだという。サモエド犬とがしみたいなサモエド犬と遊びたい子猫は、スリスリ、ズリズリとその体をサモエドに引っ付けていく。

      【画像】 もふもふ白いサモエド犬が大好きな子猫

       オランダで、ブリティッシュショートヘアーという品種の猫たちの飼育を行っているミッシェルさんの家には、たくさんの猫たちがいるが、サモエド犬のミーコもいる。

       ミーコは子猫たちに大人気、憧れの的でもある。子猫のネルソンは、もふもふでふわふわで真っ白ミーコと触れ合いたくて近づいてきた。

       ミーコはまだ眠かったようで、一緒に遊ぶことはせずただ横たわっていただけだが、ネルソンにとてはそれでも大満足。

      1

       思う存分ミーコにスリスリしてその感触を確かめていた。

       ネルソンは大きくなったらミーコみたいになりたいという夢があるのかな?

      2

       他にもミーコのことが大好きな猫がいる。モアナという猫は昨年12月に生まれたそうだが、その1か月後にミーコがこの家の家族となった。

       ほぼ一緒に育ったそうで、モアナはミーコをきょうだいのように慕っているのだそうだ。ミーコもモアナのことが大好きなんだって。

      written by parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      白くて大きくてもふもふなサモエド犬が子猫に大人気


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【ネコ大好き!ふわふわサモエド犬】の続きを読む

      このページのトップヘ