知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:パソコン


    Yahoo!メール (ヤフーメールからのリダイレクト)
    ヤフーは2013年に中国での電子メールのサービス提供を終了させた。その際、ヤフーは提携している阿里巴巴集団(アリババグループ)の電子メールサービス「阿里雲郵(アリメール)」への移行を勧めている。なお、2015年にヤフー中国での事業から完全に撤退した。 Google
    11キロバイト (1,435 語) - 2021年3月5日 (金) 19:00


    ヤフー中国から撤退!
    賢明な選択だ。

    金融破たん、ヤミ政治、自然災害、ウィルス拡張…etc
    あらゆる問題に謝罪なく、自己主張の強さは今後も続くのだろうか?

    【大国が孤立国へ!『ヤフー中国から撤退』】の続きを読む


    ネコってパソコンが何でそんなに好きなん?
    起動していないパソコンには興味を示さないのに、電源を入れキーボードをたたき出した瞬間!
    わぁ~~また来たぁ!!
    邪魔をしにくる😸
    見てる!見てる!
    カーソルやスクリーンセーバの動きを!
    カーソルの動きって、まるで虫が飛んでるみたいなので野生本能が刺激されるのでしょう!
    続いてキーボードを打つ私の指にじゃれて来る😼
    ネコのテレビ好きは有名ですが、同様、起動中のパソコンは暖かいということもあり、パソコンの熱がキーボードにも伝わりぽかぽかして気持ちがいいのでしょう。
    昼寝するのに居心地のいい場所なのかもしれません。 
    そして、そして、大事なのは飼い主さんの気を惹きたいということです。  
    猫がキーボード の上に乗れば飼い主さんは当然、猫を抱き上げ、ひざの上に移動したり、床におろしてあげます。
    猫にとって、そんな飼い主さんの行為は自分をかまってくれて、また同じ事をして欲しいからキーボードに乗っかってくるとネコが言いたそうにしていました😽

    【ネコの本音はカーソルとキーボードで!】の続きを読む


    🖥マイクロソフトは、推奨するハードウェア要件を満たさない、古いCPUのPCにもWindows 11はインストール可能だと述べています。
    🧑‍💻OSのインストール制限はWindows Updateを通じたアップグレードでは適用されるものの、ISOファイルをダウンロードして、手動でインストールする場合はこの制限を受けないとThe Vergeは伝えています。
    🤖6月にマイクロソフトが明らかにしたWindows 11の最小ハードウェア要件では、インテルの場合は第8世代Core以降のCPUが正式にサポート対象に含まれるとされました。 
    💻しかしマイクロソフトは、この要件は主に企業がWindows 11のインストールを評価する際のドライバーの対応やシステム全体の動作信頼性を担保するためのもので、個人が自己責任でアップグレードを試すのを妨げるものではないと説明しています。
    🙅もちろん、マイクロソフトは妨げないと言っているだけで、推奨しているわけではありません。Windows 11を要件から外れるPCにインストールしたとしても、動作が不安定であったり、ブルースクリーンになるなどの不具合が発生する可能性が高くなることは理解しておく必要があるでしょう。

    【【危険】『Windows11のインストール』】の続きを読む


    パソコン起動早くする方法
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    「起動までの時間がかかる」「パソコンの動きが遅すぎる」こんな不満はありませんか?
    実はそれ、買ったときの設定が原因かも?初期設定のままではPCが重くなりがちで、結果、操作が遅くなってしまいます。
    ちょっと設定を変えるだけで動作が劇的にアップするので、いまからでも見直しましょう!
    ※ここで紹介する内容は、Windows環境での機能です。
    ♦視覚効果をシンプルに!
    パソコンの初期設定では、ウィンドウやタスクバーのデザインなどに視覚効果がふんだんに設定されています。メモリを圧迫して動作を遅くする原因になるので、設定を見直して、Windows全体のデザインをシンプルにしましょう。
    <やり方>
    ①「スタート」の検索ボックスに「システム」と入力し、「システムの詳細設定の表示」を選択します。
    ②「システムのプロパティ」の「詳細設定」タブから、「パフォーマンス」の設定を選択します。
    ③「パフォーマンスオプション」の「視覚効果」タブから、「パフォーマンスを優先」をチェックしてから「カスタム」をチェック。以下の2つは残しておいたほうが便利なので、チェックを入れてOKを押します。
    ♦アイコンの代わりに縮小版を表示する
    アイコンの状態でフォルダの中身や画像がサムネイルで表示されるので、開かなくても中身を確認できます。
    ♦スクリーンフォントの縁を滑らかにする
    無効にすると文字が荒くて見えにくいので、有効にしておきます。
    ♦透明効果をオフにする
    Windowsでは、スタートメニューやタスクバーなどの至るところが薄く半透明化されたデザインになっています。見た目はキレイなのですが、オフにすることで装飾効果が減り、さらにパフォーマンス向上につながります。
    <やり方>
    デスクトップで右クリックして「個人用設定」を選択。「色」のメニューから「透明効果」をオフにします。
    ♦不要なスタートアップアプリを無効化
    買ったばかりのPCには、人によっては使用しないソフトもたくさん入っています。デスクトップ上では見えないのですが、PCを立ち上げるたびに勝手に使わないソフトが起動するなどして、全体の起動や動作を遅くする原因になっています。
    <やり方>
    ①「スタート」の検索ボックスに「タスクマネージャー」と入力(またはショートカットキー[Ctrl] + [Shift] + [Esc])でタスクマネージャーを起動して、「スタートアップ」タブを選択。
    ②「状態」の列で「有効」になっているものから不要なアプリを選び、右クリックで「無効化」にします。
    ♦起動・終了時のサウンドをオフにする
    パソコンの起動やシャットダウンのときに出るあの音も、実は起動を遅くする原因のひとつです。仕事のオンオフの切り替えにあの音が必要!といったこだわりがなければオフしておくといいでしょう。
    <やり方>
    ①「スタート」の検索ボックスから「コントロールパネル」を入力して起動して、「サウンド」を選択。
    ②「サウンド」タブの「サウンド設定」から「サウンドなし」を選択する。さらに「Windowsスタートアップのサウンドを再生する」のチェックを外してOKを押します。
    ♦旧OSスタイルへの変更でスタートメニューを簡素化
    インストールが必要にはなりますが、こんな裏ワザもあります。
    Windows 8以降、スタートメニューのデザインはガラリと変わりましたが、旧WindowsOSのシンプルなスタイルのほうが余計なメモリを使わないので、より動作が速くなります。スタートメニューのデザインも設定で変更することが出来ます。
    デザイン変更には、「Open Shell」という無料ツールをインストールします。
    https://freesoft-100.com/review/classic-start.html
    <やり方>
    ツールのインストールが終わったら左下の「スタート」を押します。そうすると、ウィンドウが開くので、この中から自分の使い慣れているスタイルを選べば反映されます。
    ■□■□■□■□■□■□
    これらの設定をしておけば、PCが軽快に動くことを実感できはずです。画面の見た目が変わるので最初は違和感があるかもしれませんが、慣れれば余計な視覚効果がないぶん仕事にも集中しやすくなります。すべて簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

    【【立ち上がりが早くなった!】『パソコンの起動』】の続きを読む

    このページのトップヘ