知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:ヒット曲



      歌:竹内まりや

      作詞:竹内まりや

      作曲:竹内まりや


      見覚えのある レインコート
      黄昏の駅で 胸が震えた
      はやい足どり まぎれもなく
      昔愛してた あの人なのね
      懐かしさの一歩手前で
      こみあげる 苦い思い出に
      言葉がとても 見つからないわ
      あなたがいなくても こうして
      元気で暮らしていることを
      さり気なく 告げたかったのに…

      二年の時が 変えたものは
      彼のまなざしと 私のこの髪
      それぞれに待つ人のもとへ
      戻ってゆくのね 気づきもせずに
      ひとつ隣の車輌に乗り
      うつむく横顔 見ていたら
      思わず涙 あふれてきそう
      今になって あなたの気持ち
      初めてわかるの 痛いほど
      私だけ 愛してたことも

      ラッシュの人波にのまれて
      消えてゆく 後ろ姿が
      やけに哀しく 心に残る
      改札口を出る頃には
      雨もやみかけた この街に
      ありふれた夜が やって来る


      【あの名曲が蘇る・141『駅 竹内まりや』】の続きを読む



      あの素晴しい愛をもう一度」(あのすばらしいあいをもういちど)とは、北山修が作詞、加藤和彦が作曲し2人の連名で発表した歌曲。1971年4月5日にレコード発売。1994年3月30日にはCDシングルも発売されている。「あの素晴らしい愛をもう一度」と誤って表記されることが多い。2002年のザ・フォーク・
      16キロバイト (1,619 語) - 2022年2月25日 (金) 07:57


      ◆昭和の名曲♪

      命かけてと 誓った日から
      すてきな想い出 残してきたのに
      あの時 同じ花を見て
      美しいと言った二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度

      赤トンボの唄を 歌った空は
      なんにも変わって いないけれど
      あの時 ずっと夕焼けを
      追いかけていった二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度

      広い荒野に ぽつんといるよで
      涙が知らずに あふれてくるのさ
      あの時 風が流れても
      変わらないと言った二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度


       あの素晴らしい愛をもう一度
               加藤和彦&北山修

      【『上白石萌歌』ちむどんどんで熱唱!あの名曲が蘇る・132『あの素晴しい愛をもう一度』】の続きを読む


      カレン・アン・カーペンター(Karen Anne Carpenter、1950年3月2 - 1983年2月4)は、カーペンターズのヴォーカリスト、ドラマー。声種はアルトで、3オクター声域を持っていた。彼女美しさについては、ビートルズのジョン・レノンやポール・マッカートニーをはじめとした一流アーティストたちも絶賛している。
      14キロバイト (1,933 語) - 2022年4月20日 (水) 10:08


      「カーペンターズ」が所属する日本のレコード会社・ユニバーサルミュージック合同会社が制定。

      「遥かなる影」「雨の日と月曜日は」「スーパースター」「イエスタディ・ワンス・モア」「トップ・オブ・ザ・ワールド」「プリーズ・ミスター・ポストマン」など数々のヒット曲を持ち、世界的な人気を誇るポップス・グループの「カーペンターズ」。

      日付は「カーペンターズ」がメジャー契約を交わし、正式に「カーペンターズ」のグループ名で活動を開始した1969年(昭和44年)4月22日から。

      2009年(平成21年)で40周年を迎えた。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

      【今日4月22日は『カーペンターズの日』】の続きを読む

      1998年12月9日発売。
      宇多田ヒカルのデビューシングル。
      第41回日本レコード大賞「優秀作品賞」受賞。
      第14回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。
      2000 年「JASRAC賞」金賞受賞。 
      👉当時、中腰で歌う宇多田ヒカルの姿が話題に。 ----- Utada Hikaru...

      Automatic/time will tell (カテゴリ 宇多田ヒカルの楽曲)
      宇多田ヒカル > 宇多田ヒカルの作品 > Automatic/time will tell 「Automatic/time will tell」(オートマチック/タイム・ウィル・テル)は、1998年(平成10年)12月9日に発売された宇多田ヒカルのデビューシングルである。 「time will tell」は幼少時に通ったN
      12キロバイト (1,019 語) - 2021年10月5日 (火) 01:33



      【あの名曲が蘇る・the 2nd time『宇多田ヒカル オートマチック』】の続きを読む

      【曲】『エジソンライトハウス
                涙のハプニング』

      エジソン・ライトハウスはイギリスのバンド?で1970年にリリースした「恋のほのお」がヒットして一躍有名になりました。



      実はこのバンドイギリスではなく、もともと実態があったわけではなく、いいメロディや歌詞を書く職業作家と個性ある歌手や演奏家という人たちから作られたグループです。

      リリースして当たったから、グループを組まざるを得なくなった、という順番なのです。当時このような手法はそれほど珍しいことではなく、結構あったようです。当時、音楽の媒体として主流はラジオでした。ひとまず演奏者たちは表舞台に出ることなく、レコードが先行していったということなのでしょう。

      少し形は違いますが、アメリカのモンキーズなども公募で集めたミュージシャンの中からチョイスして作られたバンドとして有名です。その辺りは若い頃から友達同士だったビートルズやローリングストーンズなどの生い立ちとは全く違います。

      彼らの代表曲としては、そのほかに「恋に恋して」などがあります。
         
          What's Happening

              EDISON LIGHTHOUSE

      【あの名曲が蘇る・119『涙のハプニング』】の続きを読む

      このページのトップヘ