知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:ベルサイユのばら


    『ベルサイユのばら』について動画をまとめてみた


    ♥やっぱり一番【ベルサイユのばら】

    【【動画編】『ベルサイユのばらpart3』】の続きを読む


    『外伝ベルサイユのばら』(がいでんベルサイユのばら)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。 池田理代子が原作・外伝原案を担当し、植田紳爾が脚本・演出を担当した。主要な脇役にスポットを当てつつ、原作物語終了後(フランス革命以後)世界も描く。従来舞台には無い新場面・従来漫画設定を無視した部分も多数あり、ほぼ新しい内容である。
    26キロバイト (1,845 語) - 2020年3月23日 (月) 11:07




    (出典 prtimes.jp)


    ♦ベルサイユのばら♦
    1770年春 アントワネットはパリ・オペラ座の仮面舞踏会でスウェーデンの貴公子フェルゼン伯爵と知り合う。
    そして、恋に落ちる。

    2 愛蔵版名無しさん (ワッチョイ 7d7b-9KOF [202.148.247.99]) :2019/07/23(火) 10:04:39.14

    前スレオル窓で盛り上がっていたけれどどうして人からの愛され方がオスカルとユリウスでは
    あそこまでその濃さが違うんだろうね?我儘と言う意味ではオスカルの方が遥かに我儘だな
    アンドレ限定だが。


    【【革命】『ベルサイユのばらPart2』】の続きを読む


    ベルサイユのばら』は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。原作は池田理代子同名漫画『ベルサイユのばら
    1974年初演以来再演を繰り返し、2006年1月9日には通算上演回数1500回を突破、2014年6月27日には通算観客動員数500万人を記録した、宝塚歌劇団史上最大ヒット作である。
    また、1972年(昭和47年)から1973年(昭和48年)まで週刊『マーガレット』(集英社)にて連載された漫画で、フランス革命前から革命前期を舞台に、男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描く、史実を基にしたフィクション作品である。

    ♦1974年(昭和49年)8月29日、宝塚歌劇で『ベルサイユのばら』(通称:ベルばら)が初演された。

    ❀ 原作の劇画を脚色したもので、「昭和ベルばら」は1976年(昭和51年)の上演打ち切りまでに延べ140万人の観客動員を記録した。

    ♧ その後、「平成ベルばら」が宝塚歌劇75周年・フランス革命200年を記念して1989年(平成元年)に再演した。

    ♤ 2006年(平成18年)1月9日には通算上演回数1,500回を突破、2014年(平成26年)6月27日には通算観客動員数500万人を記録した。宝塚歌劇団史上最大のヒット作である。

    【今日は『ベルサイユのばらの日』】の続きを読む

    このページのトップヘ